サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

11/1~ <honto限定!電子おまけ>3社合同・小田原みづえキャンペーン(~11/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

世に棲む日日 新装版 4(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 120件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/324p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-766309-0
文庫

紙の本

世に棲む日日 新装版 4 (文春文庫)

著者 司馬 遼太郎 (著)

世に棲む日日 新装版 4 (文春文庫)

605(税込)

世に棲む日日(四)

600 (税込)

世に棲む日日(四)

ポイント :5pt / 紙の本より5おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.1MB 無制限
Android EPUB 6.1MB 無制限
Win EPUB 6.1MB 無制限
Mac EPUB 6.1MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー120件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

維新の曙を認めながら、高杉は死んでいきます!司馬ワールドの最終巻です!

2016/09/02 09:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

動けば雷電の如く、発すれば風雨の如し、と、わずか80人で兵をあげた高杉晋作のクーデターは、きわどく成功します。幕府は、慶応二年、この長州藩を圧して潰そうと、天下の兵を糾合し、藩の四境から侵攻しますが、時運はすでに移り変っているのでした。維新の曙光を認めながら、高杉は死の床についていきます。司馬ワールドのハラハラドキドキのストーリーの余韻をもたせた閉幕です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

天才とは

2015/08/23 11:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブルドック - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ最終章。高杉晋作の最後。

天才の熱くかっこいい生き様。

誰かがやらなければ時代は変わらない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読了しました

2015/09/17 23:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なか - この投稿者のレビュー一覧を見る

現在、大河ドラマ「花燃ゆ」と同じ登場人物であるので4巻すべて購入しました。
ドラマの進捗にあわせて相違などを確認しながらよみすすめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

松陰vs晋作

2015/06/19 18:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジミーぺージ - この投稿者のレビュー一覧を見る

第1巻と第2巻が吉田松陰の伝記で、第3巻、第4巻が高杉晋作の伝記です。
吉田松陰は熱い言葉と思いやりで人を引き付けますが、高杉晋作は行動力で人を引きつけます。吉田松陰はガリ勉タイプ、高杉晋作は、いつ勉強しているのか分からに内に東大現役合格という感じの天才です。
長州藩の志士たちが、明治政府誕生まで生きていたら、すごい日本になったいただろうなと感じさせる小説です。
ふたりの生き方を対比して読み込むと面白いですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/17 18:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/28 23:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/06 00:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/23 23:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/19 10:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/17 01:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/10 17:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/30 06:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/08 00:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/14 17:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/27 21:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る