サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 心理
  5. 新曜社
  6. もっと笑うためのユーモア学入門

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

もっと笑うためのユーモア学入門
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: 新曜社
  • サイズ:19cm/209p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7885-0844-3
  • 国内送料無料

紙の本

もっと笑うためのユーモア学入門

著者 森下 伸也 (著)

モナリザから新生児まで、爆笑・哄笑から苦笑・失笑まで、笑いは人間の存在証明。笑いとユーモアをおかしく説いた真面目な本。アリストテレスからニーチェ、フロイトまで多くの哲学者...

もっと見る

もっと笑うためのユーモア学入門

1,620(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

モナリザから新生児まで、爆笑・哄笑から苦笑・失笑まで、笑いは人間の存在証明。笑いとユーモアをおかしく説いた真面目な本。アリストテレスからニーチェ、フロイトまで多くの哲学者や心理学者が探求したユーモア学を語る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

森下 伸也

略歴
〈森下伸也〉1952年鳥取県生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。現在、金城学院大学人間科学部教授。著書に「ユーモアの社会学」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

笑ってゼニになる森下先生がうらやましい

2003/04/17 23:44

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pipi姫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 奥付の著者紹介には「専攻:社会学、ユーモア学」と書いてある。ユーモア学? そんな学問があるんかい?
 あるんです、それが。
 この本の内容を一言でいえば、

「笑う門には福来たる」。

 たったこれだけのことを言うために、ギリシア哲学から大脳生理学、宗教学、心理学、美学、歴史学、文化人類学などなどをフル動員するんだから、大したもんです。要するに「ユーモア学」というのは、10数年ほど前に興った新しい学問で、しかも人文・社会・自然科学すべてをクロスオーバーする学際的なものらしい。

 本書は、後半へ進むほどにおもしろみが増し、著者のボルテージがあがり、最後は、あらゆる宗教を超える「超宗教」としての<笑い教>の開闢が高らかに告げられる(一部嘘)。
 
 いや、実際、笑いをその質と量で分類していく、おきまりの「笑いとは何か」という定義から始まり、その歴史を語り、社会の中で果たす役割を解説する第3章までは普通の概説書・啓蒙書だったのだが、4章あたりから俄然、著者の面目躍如。ユーモアの達人をめざして具体的なジョークの例示が始まると、これがもうおかしくって! 「これはおもしろいな」「これは使える」「このジョークはどこがおもしろいんや?」と一人ぶつぶつ言いながら読み進めていた。

 最終章に至ると、もうほとんどアジテーションだ。偉大なる哲学者ニーチェをたびたび引用し、著者はユーモアの敵となる宗教をこき下ろし、「いかなる運命の不条理、いかなる神義論も笑いとばせ」と活を入れる。「[権力亡者、金銭亡者、自己中心主義者、狂信的宗教信者たちへの]反撃、いわばユーモリストの聖戦を開始しなければならないのだ」とな。

 おもしろいんだけれど、ユーモアで社会変革をめざすっていうのは斜に構えていいかもしれないけど、それはちょっとかなりだいぶ無理があると思う。まあ、著者もそんなこと、笑いながら書いているに違いないけど。

 やっぱり最後はこの言葉で決めてほしかったなぁ。

 「万国の労働者よ、笑え!」  ……ここで笑ってほしいんですけど……

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/24 08:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/22 15:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

心理学 ランキング

心理学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む