サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【店舗】初めての“店舗お受け取り”ご利用で50ポイントプレゼントキャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

お遍路入門 人生ころもがえの旅(ちくま新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま新書
  • サイズ:18cm/232,6p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-06107-X
新書

紙の本

お遍路入門 人生ころもがえの旅 (ちくま新書)

著者 加賀山 耕一 (著)

お遍路入門 人生ころもがえの旅 (ちくま新書)

778(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

ほしい本に追加

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

犯人を捕らえてみればお遍路さん。そんなお遍路さんはNHKのテレビに出てはいけない。

2003/08/08 21:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 昇 - この投稿者のレビュー一覧を見る

お遍路や四国八十八ヶ所のガイドブック、体験記は多数あるが、過去二回のお遍路体験をおもしろおかしく、そして真面目に紹介してある内容は読みやすかった。かつ、現代のお遍路の問題点を指摘しており、お遍路にでかける人の心構えや迎える四国の実情が具体的に出ていた。
 また、巻末にお遍路に関する参考文献が紹介してあり、その中に大学時代の後輩である田崎笙子さんの「娘遍路」が出ていて懐かしく思い、読んでみようかという気になった。

 お遍路には様々な事情があって巡礼の旅に出るのだろうが、本書でも紹介してあるようにバスによる団体さん、タクシーや自家用車で廻るお遍路さん、変わったところでは自転車などがある。けれども、お遍路はやはり「歩き」が基本なのではないだろうか。歩きながら自分の過去や行く末を考えるところに遍路の良さがあるのではないだろうか。
 現代人の不幸は「考える時間が無いこと」と言われている。
 さすれば、歩きの遍路は現代人にとって大義名分を抱えた幸せな時間なのかもしれない。
 ただ、本書にも紹介してあるが、巡礼の回数を誇ったり、商売まがいの行為だけはやって欲しくない。更には、それらに拘りたくない。
 NHKの取材に応じていた有名なお遍路さんが傷害容疑で逃げていた犯人とは、厚かましいというか、世も末というか、天罰なのか。
 せいぜい、四国の人々から「へんど」という蔑称で呼ばれないように気をつけなければならないと思う。

 子供の頃、祖母がお遍路として二度四国に渡ったが、いいかげんに年齢を重ねてくると、祖母のようにお遍路として四国を巡りたいと思うようになってきた。近頃は連れ合いまでが四国を巡ってみたいと言い出すようになった。まさにこれが「同行二人」なのかと感じ入っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/08/31 06:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む