サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

三日月ジョリー
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: 岩崎書店
  • サイズ:22cm/157p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-265-06053-6
  • 国内送料無料

紙の本

三日月ジョリー (わくわく読み物コレクション ドルフィン・エクスプレス)

著者 竹下 文子 (作),鈴木 まもる (絵)

ねこのテールは海の特急貨物便ドルフィン・エクスプレスの配達員。配達中に知り合ったルキの盗んだ財布の持ち主をさぐるうち、黒丸商会をめぐるトラブルに巻き込まれていく。「ドルフ...

もっと見る

三日月ジョリー (わくわく読み物コレクション ドルフィン・エクスプレス)

1,296(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

ドルフィン・エクスプレス 5巻セット

  • 税込価格:6,48060pt
  • 発送可能日:購入できません

わくわく読み物コレクション 16巻セット

  • 税込価格:20,844193pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ねこのテールは海の特急貨物便ドルフィン・エクスプレスの配達員。配達中に知り合ったルキの盗んだ財布の持ち主をさぐるうち、黒丸商会をめぐるトラブルに巻き込まれていく。「ドルフィン・エクスプレス」シリーズ第2作。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

竹下 文子

略歴
〈竹下〉福岡県生まれ。東京学芸大学卒業。「黒ねこサンゴロウ」シリーズで路傍の石幼少年文学賞受賞。他の作品に「わたしおてつだいねこ」「こぎつねキックのおはなし」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

走り続けながらも、周りの仲間達の思いをのせて成長していくテール

2010/04/29 15:44

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

  「アサギ岬、ミヤケ・ハナさん。チョクハイです」

つい最近はじめたばかりの直行配達。

荷物を受け取って、事務所に持って帰らず、
そのまま相手に届けるサービスで、
早く届くが、その分、配達料金も高いというシステム。

テールの無線に、知らせが入る。

送り先は、ついさっき行って来たばかりのさかずき島。

忙しい配達の毎日だが、今回も順調に事件だらけだ。

チョクハイで荷物を撮りに行った先では、ドアを開くとなかから煙が!

ミヤケ・ハナさんは、小柄なおばあさんねこで、
やけにのんびりしているのだけど、台所は火事。

さかずき島の息子に大好きなクッキーを贈りたいと
チョコレート・クッキーを準備したところで、手紙を書こうと思い立ち・・・。

オーブンから火が出たのだった。

結局、チョコレートクッキーがなくなってしまったので、
チョクハイはしないことになるのだけど。

このテールとミヤケ・ハナさんのやりとりはこのあと大きな意味を持つことになる。

ひとり暮らしをしているけれど、ちょっと心配なおばあちゃん。

テールは、ハナおばあさんのことが気になっている。

あまりにもどこかにいそうで身につまされる。

この世界もどこかの世界と似ている。

有能な配船部長・ヒナコさんにこきつかわれつつも
テールは、自分なりの配達哲学を持って働いている。

それは、お客様に喜ばれるのは良いけれど、
特定のお客様と個人的に親しくなりすぎるのはよくない、
仕事とプライベートは区別するべきと
ヒナコさんに注意されても揺らがない思い。

  おれは、いつだって、おれだよ。

  配達だろうと、プライベートだろうと、
  おおぜいだろうと、ひとりだろうと、
  おれがおれじゃなくなることは、ぜったいに、ないよ。

1週間後、ハナさんから「このあいだ火事を消してくれた配達のひと」とご指名が入る。

送り先のハナさんの息子のいる場所は、黒丸商会。

ドルフィン・エクスプレスのお得意先のひとつだが、
なにやら黒い評判も聞こえてくるところだ。

その頃、ヨットレーサーだった時代の仲間・ホープの
乗った貨物船が海賊に襲われて、
ホープが命を落としたという記事を新聞で見かけていた。

そして、チンピラの赤とらに追いかけられていた
スリの小さな子供を助けたら、懐かれたりもして・・・。

その子がもって逃げていたのは高級そうな革のさいふ。

テールの住むおんぼろアパートの隣の部屋にはギャンブラーが住んでいる。

ギャンブラーが帰ってくる足跡を聞きながら、テールは自分の生い立ちのこと、
レーサー時代のこと、今の自分、これからの自分に思いを馳せる。

一見バラバラの出来事がパズルのように組み合わさっていく。

自分のおやじ、ホープ、ギャンブラー、そして、自分自身の思いが重なり合っていく。

お互いにきっと何かを探していたのだ。

  それは、他人がみつけて、ひろってとどけてくれるような種類のものじゃない。

  上をむいて、じぶんの手をのばして、せいいっぱいのばしてつかむんだ。

  たとえば、あの月みたいに。遠いさかさまの三日月みたいに。

  つかめなかったら、そのときは、それでいいんだ。

  さがして、さがしながら、みつかっても、みつからなくても、おれは、どんどんいくよ。

  いきあたりばったりや、その場のおもいつきや、くだらない失敗をくりかえして。

走り続けながらも、周りの仲間達の思いをのせて成長していくテールは、応援したくなる主人公である。

この巻ではサンゴロウは登場しないが、
それは、このシリーズがサンゴロウのいた世界を踏襲しながらも、
サンゴロウのいないところでも十二分に
魅力を持った世界であることのささやかな証明でもあったのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/06/24 22:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/06 12:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/25 14:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/19 16:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/28 22:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の作品 ランキング

日本の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む