サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大切な人に贈る本 ポイント5倍キャンペーン(~1/9)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. 筑摩書房の通販
  6. ちくま文庫の通販
  7. 桂米朝コレクション 上方落語 5 怪異霊験の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

桂米朝コレクション 上方落語 5 怪異霊験(ちくま文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま文庫
  • サイズ:15cm/302p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-03823-X
文庫

紙の本

桂米朝コレクション 上方落語 5 怪異霊験 (ちくま文庫)

著者 桂 米朝 (著)

桂米朝コレクション 上方落語 5 怪異霊験 (ちくま文庫)

950(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

猫の忠信 7-38
仔猫 39-62
狸の化寺 63-86

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

人間国宝の高座の速記録

2015/09/30 18:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

人間国宝である桂米朝師匠が演じる上方落語の世界。第五巻は、こわいこわい、そして不思議な落語を集める。「猫の忠信」「仔猫」「狸の化寺」「狸の賽」「怪談市川堤」「五光」「景清」「紀州飛脚」「夏の医者」「べかこ」「ぬの字鼠」「天狗さし」「稲荷俥」「足上がり」を収録。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「籠釣瓶」エピソード1

2006/05/05 18:51

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松井高志 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 芝居で知られる「籠釣瓶」(佐野次郎左衛門の「吉原百人斬り」)は、現在、もっぱら元の話の一部だけが舞台で演じられている。醜い顔だが実直な野州のお大尽・次郎左衛門が、江戸の花魁に一目で惚れて財産をつぎ込み、さんざんうちこんだあげく、人前で愛想づかしをされてとうとうキレ、花魁を妖刀・村正(の名が「籠釣瓶」である。「水も溜まらぬ」という洒落である)で殺害し、更に吉原で多くの人を殺傷するというものだが、芝居では、そこまでのいきさつが分からない。次郎左衛門がなぜそのような醜い容貌に生まれついたのか、なぜ村正などを所持しているのか、謎のまま観客は無理心中劇のようなものを観ることになる。
 花魁道中と、胡弓を伴奏にした愛想づかしがこの芝居の見せ場ではあるが、それではどうも物足りない、という欲張りな私のような客は、一体この話の前半はどうなっているんだ、と、台本や原作を探して古本屋をさまようはめになる。河竹新七による全編の台本は「日本戯曲全集」にあり、また、ベースになった実録は「近世実録全書」の6巻目に収められている。これで概ねこの事件のあらましは分かる。だが一方、講談ではこの話がもっと複雑なプロットで読まれており、これはなかなか活字で読むことが難しい。
 講談版のこの話の前半のハイライトシーンとされるのが、「お紺殺し」と呼ばれる場面で、これは時々抜き読みされている。これを地噺として落語の怪談に持ち込み、舞台を上方に移し替えたのが「怪談市川堤」であり、それならばこの米朝師の文庫本で手軽に堪能できる。
 根が放蕩無頼な若者・次郎吉の博打と女遍歴、その末に殺した女の幽霊に祟られて死ぬのだが、彼の悪事がやがて子に報いるであろうことがなんとなく暗示されて終わる。その子次郎作が、「籠釣瓶」でいうと次郎左衛門なのである。筋だけを追って淡々と読んではなんにもならない。米朝師の声を創造しながらゆっくり、じっくり味わうべき一編であろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/06 13:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/19 14:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ちくま文庫 ランキング

ちくま文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。