サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ぐれる!(新潮新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮新書
  • サイズ:18cm/187p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-610009-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

ぐれる! (新潮新書)

著者 中島 義道 (著)

ぐれる! (新潮新書)

756(税込)

ぐれる!(新潮新書)

648 (税込)

ぐれる!(新潮新書)

ポイント :6pt / 紙の本より108おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

途方にくれる

2003/06/11 15:51

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:H2SO4 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ほぼ,全編にわたり「ぐれる」ことの奨励と正しいぐれ方の評釈(それにしても引用が多すぎない?)が書き連ねてあるのだけれども,「それがどうしたんですか」という感じ.

 たしかに,人はそれぞれ外見,生育環境,社会的地位などなどさまざまな違いをもって生き,そして何らかの形で必ず死ぬ.予定されている死までの間,いろいろな価値観の中で劣位に自分があると自覚している人はぐれて生きてはどうですか,と著者は呼びかけるが,ぐれる人は(それが著者の審美眼に適ったものかは別として)とっくにぐれているだろうし,ぐれない人はこの本を読んでも,あるいはこの本を手にすることなく,世間と折り合いをつけて生きているはず.

 世間の押し付けがましい倫理とか美徳,風潮に沿った生き方に憧れつつ反発し,世間を撃つことで俗な人々の立ち位置を動揺させることの快感を味わう.でも,そういう生き方は,ものを書くことで生計を立てうる作家だとか,まさに著者のような職業でなければできないことなのでは? しかも,著者のぐれることへの目覚めが,それまで「いい子」で通したのに東大で法学部から哲学に転向したことを「人生の転落」と受け止めて,ていうのも何だか権威主義に満ちていて,あまり共感しない.

 容姿はもともとパッとしない上,日々髪の毛が薄くなり,腹の肉がベルトに乗るようになってますます醜くなっていく.三流大学出で,ドいなかに住み,周りの有形無形の同調圧力を感じながら,勤め人としてメシを食っていかざるを得ない人(私のことなのだが)は「ぐれましょう」なんて言われなくたってもうすでにぐれています(世に訴えないだけ).ていうか,ぐれてばっかりじゃ生きていけない環境にあることが苦しいわけで,そこに「人生の理不尽を味わい尽くしなさい」みたいなこと言われても「もう飽きてます」としか思えません.

 たぶん,中島さんがくだらないことと斬り捨てるであろう「ぐれることの効用」を示さなかったことで,読者は「一体,何が言いたいわけ?」と,俗世への同調と反発の往還を繰り返し,煩悶することでしょう.もしかして,それが狙い?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/11/17 20:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/26 02:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/19 19:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/15 15:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/01 12:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/26 18:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/14 20:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/27 20:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/13 14:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/17 22:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/22 19:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/28 23:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/27 18:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/12 19:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む