サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大切な人に贈る本 ポイント5倍キャンペーン(~1/9)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 金融・通貨の通販
  5. 中央公論新社の通販
  6. 銀行はなぜ変われないのか 日本経済の隘路の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

銀行はなぜ変われないのか 日本経済の隘路
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: 中央公論新社
  • サイズ:20cm/259p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-12-003388-0

紙の本

銀行はなぜ変われないのか 日本経済の隘路

著者 池尾 和人 (著)

不良債権問題は一向に改善されず、不況は一層深刻化している。瀕死の巨大銀行、混迷する金融論議を切り、究極の解決策を提示する。問題の本質と解決への処方箋のつまった一冊。【「T...

もっと見る

銀行はなぜ変われないのか 日本経済の隘路

1,944(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

不良債権問題は一向に改善されず、不況は一層深刻化している。瀕死の巨大銀行、混迷する金融論議を切り、究極の解決策を提示する。問題の本質と解決への処方箋のつまった一冊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

池尾 和人

略歴
〈池尾和人〉1953年京都府生まれ。一橋大学大学院博士課程修了。慶応義塾大学経済学部教授。日本ファイナンス学会会長、日本郵政公社理事。著書に「日本の金融市場と組織」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

池尾氏の「識者」としての駄目さがストレートに反映されている本

2003/09/20 18:47

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:子母原心 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者の池尾和人氏は、銀行研究においては日本有数の研究者である。但し、その研究はあくまで個別の「ミクロ」の次元においてである。そんな人が「日本経済」がどうのこうの、とか「金融政策」あるとか「経済政策」などの「マクロ」の次元について語るならば、当然マクロの何たるかについてもしっかり押さえておかなくてはならないだろう。
 
 本書は著者が専門外のマクロ経済についてそれをやっていないので、逆にそれが池尾氏の「識者」としての駄目さというか「ヘタレ」っぷりがモロに出ている(エコノミストの圧倒的多数がこれなのだが)。

 著者は現在の日本経済の停滞について、「現在の日本の経済システムが、歴史的転換期の過渡期にある」という立場に寄っている、と表明している。ただし「システム転換の過程にあることの蓋然性がいくら高くても、システム転換の途上にあることの同時代的に確認することは本質的に困難」で「明白な証拠を突きつけて納得させると言うわけには行かない」と正直に告白している。

 このような立場に立てば、構造改革を巡る論議はいくらでも「言い逃れ」が出来るだろう。例えば「金融政策の効果が乏しいのは、不良債権問題を抱えた銀行に資金が底流しているからだ」とし「不良債権処理問題を解決する事が第一である」という主張がある。

 こういう人に「では不良債権処理が進めば、金融政策にも効果が出てくるようになるのですね」と問いてみよう。今度は「たとえ不良債権問題が片付いたとしても、現在の産業構造の転換がなされない限り日本経済の復活はありえない」と答えるだろう。著者が本書で展開している議論も、ほぼこれに近い。

 特に、評者が「この人は駄目だな」と感じたのが「はじめに」にあるくだりである。池尾氏は「経済は、いうまでも無く複雑系」だ、と述べる。しかし「現実の経済事象は複雑だ」という事と「経済は複雑系である」という事は全く別次元である。もし「経済は複雑系である」というのならば、最低限、複雑系の知見から日本経済の現状について語ってもらいたい。本書にはそんな意見はない。

 著者の立場に対しては「政策の失敗」(財政・金融の「正しいありかた」を専ら論じる)側から反芻が寄せられている。つまるところ、著者が「複雑系」を持ち出すのは、単に「まともに反論出来ないから」だ! 何しろ「システムの転換点であることを同時代的に認識するのは困難だ」と言っているのだから。

 少々逆接めいたことを言うと、「複雑系」を持ち出す事自体「安易」な姿勢である。そのあたり著者のホンネが出ているのは第七章の金融政策を巡る論議である。金融政策を語る人は「断定的に語る人」らしい。著者の反論というのが、「常々覚える違和感」を持ち出すのみである。「違和感」を「専門的知見」で説明してこそ「識者」ではないのか。その作業を「複雑系」という言葉を用いる事で放棄している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/19 12:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

金融 ランキング

金融のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。