サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

社長失格の幸福論
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.7 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.5
  • 出版社: 英治出版
  • サイズ:20cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-901234-29-3
  • 国内送料無料

紙の本

社長失格の幸福論

著者 板倉 雄一郎 (著)

37億円の自己破産から5年。静かな、そして慌ただしい日々の中から、著者はその経験をいかに思索していったか。停滞感が忍び寄る時代に、自分らしい生き方、幸福とは何かを問う自伝...

もっと見る

社長失格の幸福論

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

37億円の自己破産から5年。静かな、そして慌ただしい日々の中から、著者はその経験をいかに思索していったか。停滞感が忍び寄る時代に、自分らしい生き方、幸福とは何かを問う自伝的幸福論。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

板倉 雄一郎

略歴
〈板倉雄一郎〉1963年千葉県生まれ。ベンチャーマトリックス株式会社代表取締役会長。著書に「社長失格」「ベンチャー、われ倒産す」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価2.7

評価内訳

紙の本

素直であることは才能だ

2003/05/10 12:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナガタ - この投稿者のレビュー一覧を見る

倒産という人生をボロボロにされるような大きな失敗から、人は、いかに立ち直ることが出来るのか。メディアによくある「失敗からの再起」物語で語られるほど、現実は直線的に進まない。いきつ、戻りつしながら、ちょっとずつ、再び起きあがる契機をつかんでいく様子が、本書ではつまびらかにされている。

著者・板倉氏がかつて起こしたベンチャー企業は、ネットベンチャーとして日経の1面を飾るニュースを輩出、板倉氏は、社長として金も名声も望むものはなんでも手に入るという輝かしい時期を体験した。

借金は棒引きになり、板倉氏は起業と倒産の体験を「社長失格」という本に現し、その本はとてもよく売れた。取材が、テレビ出演の話が押し寄せた。再び、ちょっとした時代の寵児になってしまった。

「過去の遺産」で食うことを本職にする人は少なくない。けれど板倉氏はそうではなかった。同じ事の繰り返しなんてノーサンキュー、人生にはライブ感が不可欠だ−−と氏がいったわけじゃないけれど、本書からかいま見えるのは、より濃く生きることに対して、きわめてどん欲である著者の生き様だ。

<僕がしたいことは、したいことをする人生だ>。
80年代の糸井重里氏のコピー「ほしいものが、ほしいわ」を想起させる。でも対象が「もの」と「人生」では重さが違う。

無類のパーティー好き、そして女性好きであることが、氏の人生における変化の糸口を与えてきたという。パーティーはなんとなく分かるけれど(たとえば、パーティーで知り合った電通マンが、「社長失格」のテレビ番組化をもちかけてきて、その企画はテレビ東京で放映されたとか)女性との付き合いで、とは。

「広く浅く人と接する」、つまりどっぷり深入りしない対人交流に徹していた氏は、講演などで「リスクテイクなきところに、リターンはない」と訴えてきたのに、ふと気が付くと、なんだ自分は何にもどっぷりはまってない、何のリスクもとってないじゃないか、と愕然とする。そして、ある女性と結婚する。

こうして生き様をさらしてみせる、氏の素直さが、この本の最大の魅力だ。
素直であることは武器である。きっとこの人は、これからもいろんな人を惹きつけ、巻き込んでいくんだろうな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

出版社コメント

2003/04/14 18:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:英治出版 - この投稿者のレビュー一覧を見る

37億円の自己破産から5年!ベストセラー『社長失格』の板倉雄一郎が低迷する時代に新たな生き方を提案!こんな僕でも、幸せです。

著者の板倉雄一郎氏は、元ハイパーネット社長として自らの体験を記した『社長失格』が約10万部のベストセラーになりました。また『失敗から学べ!』、『ベンチャーわれ倒産す』など多くの著書を出されています。

本書は、『社長失格』の「その後」を追った告白ノンフィクションです。
37億円の負債を抱え自己破産した著者が、自らの人生を深く、静かに内省し、新たな価値観を見つけ新しい一歩を踏み出すに至った5年間の「道筋」がリアルに描かれています。
隠居生活のような日々、倒産後の特許問題、女性関係、テレビ出演、結婚、再出発など、著者の溢れるエネルギーが伝わり、元気になれる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/02/16 08:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/04 13:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/09 19:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/14 09:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/28 07:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る