サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

12/3~ <honto限定!電子おまけ>「ぼぎわんが、来る」映画化記念キャンペーン(~1/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

風の陣 大望篇
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.5
  • 出版社: PHP研究所
  • サイズ:20cm/434p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-569-62842-7

紙の本

風の陣 大望篇

著者 高橋 克彦 (著)

橘奈良麻呂の乱が平定されてから3年半。恵美押勝と名を変えた仲麻呂は、新帝を自在に操り、その体制は磐石に見えた。黄金を狙い陸奥を支配下に置こうとする押勝に対し、官人となった...

もっと見る

風の陣 大望篇

1,944(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

橘奈良麻呂の乱が平定されてから3年半。恵美押勝と名を変えた仲麻呂は、新帝を自在に操り、その体制は磐石に見えた。黄金を狙い陸奥を支配下に置こうとする押勝に対し、官人となった蝦夷・牡鹿嶋足、そして物部天鈴は…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

高橋 克彦

略歴
〈高橋克彦〉1947年岩手県生まれ。早稲田大学商学部卒業。83年「写楽殺人事件」で江戸川乱歩賞受賞、作家デビュー。著書に「北斎殺人事件」「総門谷」「浮世絵鑑賞事典」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

『火怨』の主人公であったアテルイが実在の人物であったことを読後に知ってびっくりしたことがあったが、ここでこの牡鹿嶋足には実在したモデルがあることを知ってまたまた驚いた。史実をなぞっておくことの楽しみとは。

2010/11/21 19:10

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

牡鹿嶋足は「橘奈良麻呂の変」鎮圧に大いに功績があったものの、あえて表舞台に立とうとしなかったため、彼を陸奥守に出世させたいともくろむ物部天鈴からみれば大いに不満があったが、それでもこの第2巻の冒頭で、天皇の身辺警備を務める授刀衛(じゅとうえい)として「従7位下」の位階を授かっている。さらに本巻の最終では「従4位下」に昇格する。だが私には獣扱いに蔑視されていたという蝦夷(えみし)が朝廷内で官人として昇進できるのだろうかと割り切れない気持ちがあった。

ところがである。

道嶋嶋足
「奈良後期の武将。陸奥国牡鹿郡の出身者で、中央大官になり、一族あげて陸奥経営に大功があり、古代史上例外をなす人である。はじめ丸子氏、次いで牡鹿連となる。〈体貌雄壮、志気驍武〉といわれ、馳射をよくした。757年(天平宝字1)橘奈良麻呂の変で主謀者のひとりとされた賀茂角足に請われ、高麗福信らとともに額田部の宅に酒を飲むと伝えられる。このころ従七位上授刀将曹に任ぜられていた。764年(天平宝字8)恵美押勝の乱にさいし将監坂上苅田麻呂とともに、詔を奉じて疾く馳せ、恵美訓儒麻呂を射殺した。この功により、従四位下勲二等、姓宿衝を賜り、授刀少将兼相模守となった。翌年(天平神護1)中将に転じ、本姓を改めて道嶋宿衝となる。その後正四位上までのぼり、内遠頭、下総守、播磨守を兼任した。この間、767年(神護景雲1)〈陸奥大国造〉に任じ、その功田20町は、大功田に准じている。『陸奥出身の坂上田村麻呂』というべき人であった。」(平凡社世界大百科事典)

歴史小説や時代小説を読んでいてただ読むだけではなく、こうしたちょっとした史実を知ることによりさらに興味がぐ~んと深まり、物語の迫力が倍増することは間違いない。異例の栄進を遂げた「古代史上例外をなす人物」「陸奥出身の坂上田村麻呂というべき人」であったのだ。なるほどこれであれば蝦夷たちが彼を陸奥守として迎え、陸奥経営を任せたいとする大戦略も納得できるというものだ。

「立志篇」ではこの史実にそった「橘奈良麻呂の変」を小説的面白さで未然に平定した嶋足・天鈴がこの「大望篇」ではさらに奇想天外な機略を弄して「恵美押勝の乱」をプログラミングする。
奈良麻呂を打倒し、醇仁天皇を擁して独裁政権を確立した藤原仲麻呂(恵美押勝)。彼の後ろ盾になっていた藤原一族である光明皇太后の死によりその権勢にかげりがみえる。孝謙上皇との対立。

この権力闘争をあおりたて、蝦夷のために利用しようとする物部天鈴。その秘策は同じ物部氏に連なる弓削道鏡、一介の祈祷師にすぎなかったこの食わせ者を女帝孝謙上皇に接近させることであった。そうか、あの怪物僧・弓削道鏡はここで登場するのか………などとギクリとさせられ、天鈴のはかりごとが順調に進むのか。どっこい、そううまくはいかない。彼の想定外の裏切り行為も連続する。どうなるどうなると………。そして小説家が自在に操る、読者が予想もしないドラマチックな虚構世界に没入させられるのだ。

もちろん「大望篇」の粗筋は史実どおりに孝謙上皇派に反旗を掲げた恵美押勝のクーデターが失敗するプロセスである。そして先に紹介した通説が述べているように、嶋足は坂上苅田麻呂とともにクーデター鎮圧の功で異例の昇進を遂げることになる。

所詮、結末は史実に収斂する。そして第3巻「天命篇」は道鏡打倒であろう。
それがわかっているからこそ面白いという小説作法が歴史小説のひとつの要なのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/11/06 18:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/13 19:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/29 19:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。