サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学
  4. 日本の小説・文学
  5. 晶文社
  6. 世界はもっと豊かだし、人はもっと優しい

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

世界はもっと豊かだし、人はもっと優しい
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: 晶文社
  • サイズ:20cm/283p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7949-6567-2
  • 国内送料無料

紙の本

世界はもっと豊かだし、人はもっと優しい

著者 森 達也 (著)

オウム信者も、アルカイダもタリバンも、日々の生活を営む生活人。だが、そうした他者への想像力を失うとき、悪夢のような憎悪の連鎖が生まれる。多様な価値観をもつ人々が共存できる...

もっと見る

世界はもっと豊かだし、人はもっと優しい

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

オウム信者も、アルカイダもタリバンも、日々の生活を営む生活人。だが、そうした他者への想像力を失うとき、悪夢のような憎悪の連鎖が生まれる。多様な価値観をもつ人々が共存できる社会に向けて、今できることは何か?【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

森 達也

略歴
〈森達也〉1956年生まれ。テレビディレクターとして報道系・ドキュメンタリー系の作品を演出。著書に「A」「A2」「職業欄はエスパー」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

他者に対する想像力を失ってはいけない。

2003/11/14 19:40

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポカ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の森氏は、オウムのドキュメンタリー映画『A』『A2』をつくった人だ。
オウムの事件、9・11、そしてイラク爆撃…
この世の中は、どこか雲行きが怪しい。
よくわからないけれど、なにか危険な方向に動いているような感じは肌に感じられるような気がする。
台風の前の空の様子やいつもと違う空気の肌触りのように。
大きな事柄だけでなく、日々の事件や世の中の動きを見ても、どうも、おかしな方向に進んでいるのではないか、とふと思うことがある。

他者に対する想像力。

わたしたちは、その力が不足している。
不足というよりも、失われつつあるといっていいのではないか。
凶悪事件が増えていくのも、日々の生活のなかで社会のルールが守られなくなってきたのも、最近の殺伐としている世の中の空気も、他者に対する想像力が著しく低下していることに起因するのではないか。

そして、人々は、自分の力で考えることやめてしまったのだ。
良いも悪いも、目の前で流される情報を情報の全てだと信じ、その情報から与えられた「悪」に対し、憎悪するだけで事を済まそうとしている。

しかし、世の中は、善悪のどちらか、それだけで決めることができないものばかりだ。
しかし、悪者を明確に決めることができないとなると、人々は不安定になる。どうしていいのかわからなくなる。苦しくなる。
だから、人は悪者を立てたがる。
悪者をなにかに決めてしまうことによって、憎む相手を明確にするのだ。
そして、人は憎むことによって、どこか安心してしまう。
でも、真実は、悪を決めただけでは見えてこない。
悪者を憎悪するだけでは、なにも解決しない。
真実は、もっと複雑で、完全に正しいものもなければ、完全なる悪もない。
考え出すときりがない。
頭の中もごちゃごちゃになり、答えなんて出てこないかもしれない。
それでも、考えていくうちにおぼろげに見えてくるもの、それが大事なのではなかろうか。

考える苦しみなくして、真実を見ることなんてできない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

私達はもっと人間を信じなくてはならない

2003/10/12 05:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えとろん - この投稿者のレビュー一覧を見る

現在どこかで真っ当な意見をいえなくなっている風潮があることに気付いている方は覆いかと思います。事実様々な出来事を真摯に捕らえるとどうしても悲観的なニヒリズムに捕らえがちになってしまいます。
このほんでとりあげられていることがらはタイトルから連想するような楽観的な事象はほとんど取り上げられていません。
「しかし」と著者はあえて言います。だからこそ人の知性や本来持っているはずの豊かさをあえて述べるのだと。
わたしは徹夜をして一気によみました。そして打ちのめされながらも、著者のギリギリの人間に対する希望を信じるしか、この荒み始めた世の中をなんとか生きて行くすべはないのだろうと結論付けました。
必読です。
また小熊英二『<癒し>のナショナリズム』を併読することをお勧めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/11/03 01:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/03/09 11:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/04 02:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/18 17:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/11 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/24 14:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/23 00:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/01 12:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/23 01:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/30 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/10 07:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/24 09:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/23 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る