サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

鴉よ闇へ翔べ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.5
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:20cm/512p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-09-356233-4
  • 国内送料無料

紙の本

鴉よ闇へ翔べ (Shogakukan mystery)

著者 ケン・フォレット (著),戸田 裕之 (訳)

Dデイを間近に控え、ドイツ軍電話交換施設破壊のために選ばれた女性だけの秘密工作部隊、コードネーム「ジャックドウズ」がドーバー海峡を越えた−。戦争スパイアクション。【「TR...

もっと見る

鴉よ闇へ翔べ (Shogakukan mystery)

2,052(税込)

ポイント :19pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

Dデイを間近に控え、ドイツ軍電話交換施設破壊のために選ばれた女性だけの秘密工作部隊、コードネーム「ジャックドウズ」がドーバー海峡を越えた−。戦争スパイアクション。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ケン・フォレット

略歴
〈フォレット〉1949年イギリス生まれ。78年「針の眼」でデビュー。エドガー賞受賞。著書に「レベッカへの鍵」「鷲の翼に乗って」「獅子とともに横たわれ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

フラウ・フランクがいちばん恐いと思うんですが、いかが?

2003/06/25 23:09

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:成瀬 洋一郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 実現不可能とも思えるミッション達成のために、一癖も二癖もある、いろんな経歴のメンバーが集まってくるという展開は、いつだってワクワクさせてくれるものだ。スパイアクションの代表であるマクリーンの『ナバロンの要塞』もそうだし、日本映画の『七人の侍』だって、まず仲間集めが第一の山場だ。この作品も同じ。
 今回の任務は電話交換施設の破壊だが、施設は地下にあるため爆撃では歯が立たず、レジスタンスによる攻撃は撃退されてしまう。しかしDデイを間近に控え、なんとしても破壊したい連合軍は苦肉の策として女性ばかりのチームを送り込むことにする。それならまだ可能性が残されていたからだ。
 フェリシティ(フリック)・クレアは失敗した攻撃に生き残った工作員だ。呼び戻されたロンドンで彼女は新たなチームを編成する必要に迫られるが期限はわずか1週間。その間にメンバーを見つけ、訓練し、送り込み、破壊しなくてはならない。かくしてフリックたちは、1日で銃が撃て、爆薬などの技能を持ち、しかもフランス語を話せる女性を集めなくてはいけなくなったのだ。
 その一方で、ドイツ側とてのんびりしてはいない。警察官出身のディーター・フランク少佐はロンメル直属の情報将校であり、連合軍の反攻に備えレジスタンス狩りを開始する。彼がもう1人の主人公だ。フリックが死刑囚や道楽貴族などの間からなんとかメンバーを見つけ、訓練しようとしている間にも、フランクはわずかな糸口から少しずつ、しかし着実にレジスタンスを狩り出し続けていく。
 わずか1週間。どちらにも時間がない。フリックの作戦が成功するのが先か、それともディーターの罠が閉じるのが先か。

 なかなか面白かったけれど、フリックとディーター以外の登場人物にもうちょっと魅力があればもっと面白くなったかも。もちろん秘密工作部隊の面々はすごく個性的なのだが、本当にもう一さじ欲しい!というところだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/16 08:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2003/09/06 08:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む