サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫
  4. 一般
  5. 角川書店
  6. 角川文庫
  7. 単独発言 私はブッシュの敵である

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

単独発言 私はブッシュの敵である(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/282p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-341708-X
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

単独発言 私はブッシュの敵である (角川文庫)

著者 辺見 庸 (著)

単独発言 私はブッシュの敵である (角川文庫)

555(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

【崩壊感覚】から【抗暴】へ

2003/05/19 14:54

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栗山光司 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 われわれが見るべきは惨憺たる死体である。メディアが見せるべきは無残な死体である。空母でない。(中略)/抗暴の時はすでに訪れている。もはや退けない。失われた言葉を取り戻し、それらに真に人間的な意味をこめるために、絶対暴力とその支持者らに永く抗う意思が要る。

 辺見庸は無骨に熱く語る。同年のプチ爺なのに微かに残っている埋火を掻立ててくれる。久し振りに実業の世界で生きている友にあったら、九十九%のクソリアリズムで生きているもんねと、言われた。引退して後進に席を譲ったらと問えば、その前に借金を綺麗に片づけてくれと言われた。わしを追い出してくれないのだ。
 ある中小企業の社長夫婦は責任回避で逃げ出されるのを怖れて、自殺防止の監禁同然のアパート暮らしを余儀なくされ、従業員達の監視下に置かれている。
 恐らく、五十%以下のクソリアリズムで生きている極楽蜻蛉の僕は簡単に辺見の言葉にカタルシスを覚えるのだろう。だが、それが、行動に繋がるかと言えば疑問だ。ズボラな日常が当たり前になっているのだ。むしろ、辺見は九十九%のクソリアリズムで生活している真っ当な人々に向けて、残り一%の埋火を紙葉で燃え立たせ引火の抗暴へと駆り立たせたいのであろう。

 本書は『単独発言 99年の反動からアフガン報復戦争まで』に最新原稿六編を加え、副題を「私はブッシュの敵である」と変えて文庫化したものである。
 彼の言説は、文学者特有の屈折というか、崩壊感覚(彼は本書の六章で野間宏『崩壊感覚』をキーワードに実時間における作家の時間認識について考察している)の度合いが深い『永遠の不服従のために』(毎日新聞社)よりは、彼自身、臨界点に達したのか、ブッシュ、小泉の暴力装置に対して言葉で闘いを挑む。日本版ノーム・チョムスキーを彷彿する。
 
 ー崩壊感覚でむしろ歴史というものを眺めていく。私はそこに派手な歴史的な判断というのはなしえなくとも、とんでもない翼賛はそこに生じえないだろうと思うのです。左翼的にも失格、あるいは右翼的にも非国民、こういう人間にやっぱり物書きというのはなるべくなっていたほうがいいのではないかと私は考えるわけです。ー

 そのような晴れがましくない表現者としての立ち位置から、彼は一歩、踏み出そうとしているのか。最新刊『いま、抗暴のときに』を読んで検証しようと思う。

 武田徹が日本テレビでメディアは戦場を報道したけれど、戦争を報道出来たかと、問題提議をしたが、戦争は語るべきものであろう。テレビ媒体の限界とも言える。それぞれのメディアの役割と限界を認識した上で、例えば、文学が言葉を錬磨して出来ることは、戦争を、死を語ることであろう。
 もし、文学が隠蔽された死の上に成り立つ広告代理店的言説を供給すれば、言葉の死を意味する。不良債権としての矜持がない文学は死滅するといった緊張感の中で言葉を産み出せば、その逆説、屈折、崩壊観の手触りによって難産するものであるなら、大塚英志だって【不良債権文学】を認めるに違いない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

辺見=裏ブッシュ

2005/02/16 17:36

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:消印所沢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 残念.ブッシュ批判のはずなのに,やってることがブッシュと同じ.

 例えば,中東における様々な事例を引き合いに出して,「アメリカはこんなに悪いことしてる」なんてのは,アメリカが「イラクはこんなに悪いことしてる」キャンペーンをやっていたことと何ら変わりなし.
 その一方,辺見はアル・カーイダについては何の「酷い行い」に言及しないことから,よけいにアンフェアさが引き立つ.
 「飼料にイナゴ」のくだりなど,よもやアフガーニスタンをアフリカの国と間違えているのでは?
 「正義」についても連呼しているが,何が正義かなんて,人の価値観の数と同じ数だけある.にも関わらず,辺見自身の「正義」概念をふりかざし,それと一致しない価値観をさげすむってのは……あれ? ブッシュの「悪の枢軸」演説とどこが違うの?

 絶対反戦平和はそりゃ実現できるなら尊いが,「じゃあ,アフガーンのアルカーイダ兵やテロ訓練キャンプは放置したままでいいのか?」に対する回答なし.
 「途方もない予防検束の暴力戦線を形成しようとしている」は,印象論であって根拠なし.
 徴兵制復活論は軍事音痴の妄想.
 有事法制アレルギーも同じ.
 「平和憲法こそ最大の武器」? では,平和憲法使ってテポドン撃墜してみせてくれよ.
 反戦平和真理教の教義に酔っているだけに思えてならない.

 他にも論拠がろくになく,「と思う」だの「ではないか」だのといった印象論多過ぎ.「と思う」だの「ではないか」だのといった印象論で強引にイラク攻撃を主張したブッシュと,まるで変わらん.
 イラクで亡くなったジャーナリスト橋田信介は,国際情勢理解には「むごいほどのリアリズム」が必要としたが,本書にあるのは情緒主義.いくらメディアが死体を映したって,何の理解の助けにもなんないよ.
 今後も辺見が国際情勢トークをしたいのなら,やり方を再検討するように.
【関心率0%:全ページ中,手元に残したいページがどれだけあるかの割合.当方の価値観基準】

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/24 00:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/14 10:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/26 15:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/22 14:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る