サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

竜の王女シマー
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:20cm/230p
  • 利用対象:小学生 中学生
  • ISBN:4-15-250008-5
  • 国内送料無料

紙の本

竜の王女シマー (ハリネズミの本箱)

著者 ローレンス・イェップ (著),三辺 律子 (訳)

強く、美しく、気位が高い竜の王女シマー。一方、人間の孤児ソーンは力は弱いが勇気とやさしさは人一倍。そんなふたりが魔女を追って一緒に旅をすることになった。竜と少年が大空を駆...

もっと見る

竜の王女シマー (ハリネズミの本箱)

1,620(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

強く、美しく、気位が高い竜の王女シマー。一方、人間の孤児ソーンは力は弱いが勇気とやさしさは人一倍。そんなふたりが魔女を追って一緒に旅をすることになった。竜と少年が大空を駆ける友情と冒険のファンタジィ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ローレンス・イェップ

略歴
〈イェップ〉1948年サンフランシスコ生まれ。中国系アメリカ人。英文学の博士号を持ち、大学で教えたこともある。「ぼくは黄金の国へ渡った」がニューベリー賞候補作になる。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

誇り高く頑固な竜と、心優しく勇気ある少年の物語

2003/09/26 00:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山村まひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「ハリネズミの本箱」の1冊。

 竜の一族は「嘆きの山」に住む魔女のシベットに「海」をまるごと盗まれ、海は青い小石に封じこめられてしまった。住みかである海を失った一族は故郷を捨て放浪の民となる。

 そんな竜の一族の王女・シマーが老婆の姿に変身し放浪中、子ども達に石を投げられているところを、宿屋の下働きをする孤児の少年・ソーンに助けられる。
 そして、ソーンもまた、シベットに目をつけられ殺されそうになったところを、シマーに命を救われる。
 少年・ソーンは、シベットを捕らえ、海を取り戻すための旅に同行することに…。

 兄の裏切りで一族から誤解を受けたまま放浪する竜のシマーは、母親から授けられた「呪文に力を与える夢真珠」を持ち、シベットとの戦いに挑むが…。
 邪悪な老魔法使いである「猛獣使い」の森を抜け、シベットのもとにたどり着くことができるのか?

 命より名誉や評判を重んじ、誇り高く頑固なシマーは「やさしさはおろかもののいいぐさ」と言い切り、非力な少年・ソーンを疎ましく思っていたが、旅を続けるうちに気持ちを変えてゆく。
 シマーが「わたし」という一人称で綴る章と、ソーンが「ぼく」という一人称で綴る章が交互に描かれているところが、お互いの内面というか、心の変化をうまく描けていて、面白い。

 やがて、悪の権化のように思っていたシベットの悲しい過去も描かれ、彼女には彼女の事情があったこともわかってくる。
 老魔法使いの「猛獣使い」や、伝説の仙人、孫悟空を思わせる石のたまごから生まれたサルなど、中国系アメリカ人のローレンス・イェップならではの不思議な味わいのファンタジー。


『ハリネズミの本箱』

初出 『うたたね日記』

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

内容紹介

2003/04/21 11:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bk1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 昔の中国を思わせる異世界を舞台に、竜の王女と人間の孤児の少年が旅をする冒険ファンタジイ。反発しあうふたりが、苦しい旅を通してお互いを理解し、やがてかけがえのない仲間となっていく。中国系アメリカ人の著者は、ニューベリー賞候補となった『ドラゴン複葉機よ、飛べ』『ぼくは黄金の国へ渡った』をはじめ、数々の作品で高い評価を受けている。

 魔法でみすぼらしい老女に身をやつした、「わたし」ことシマー。「友好の村」と呼ばれる寒村にやってきた彼女は、そこである噂を耳にする。村の宿屋に泊まっている、謎めいた「後家」についての噂だ。この後家こそ、わたしが長年追ってきた魔女、シベットにちがいない──シマーは苦々しい思いで、これまでのつらい日々を振り返る。
 シマーの真の姿は、竜の王女。「失われた海」という一族の王の娘だ。だが、母が遺した魔法の品、夢真珠をめぐって兄と対立した結果、泥棒呼ばわりされたうえ、国から追放されてしまった。失意のうちに放浪する彼女は、さらに恐ろしい知らせを受ける。祖国の海が奪われてしまったというのだ。魔法で海水を一滴残らず小石に封じこめ、奪い去ったのは、悪名高い魔女シベット。この魔女から愛する海を取り戻そうと、シマーは追跡を始めた。無事に海を取り返せば、一族も自分をふたたび迎え入れてくれるだろう。
 数千年にもおよぶ捜索の末、ここ友好の村で、シマーはとうとうシベットを追い詰めた。だがそこへ、宿屋で下働きをする孤児の少年、ソーンが現われる。シベットに気取られて襲撃されたとき、この少年は年齢と体格に似合わぬ勇敢さを見せ、シマーを窮地から救ってくれた。一瞬の隙をついて逃げだしたシベットをさらに追おうとするシマーに、ソーンは協力を申し出る。このまま黙って見すごすわけにはいかない、という少年の心意気に、シマーは思わず承諾してしまう。
 一緒に旅を始めたものの、ふたりは対立してばかり。気位が高く、短気で、過去に受けた裏切りゆえにだれも信用しようとしないシマー。一方、力も知識もなく、家族のいない寂しさから常にだれかとつながっていたがるソーン。だが、ソーンのなかに並外れた勇気と忠誠心を見たシマーは、文句を言いながらもひそかに感嘆する。またソーンも、身も心も強くて皮肉屋のシマーが、実はつらい体験で傷ついていることを知り、いたわらずにはいられない。
 やはりシベットに恨みを持つ「猛獣使い」との壮絶な空中戦、乾いた不毛の海底を渡る旅、ずるがしこいサルとのだましあいなど、数々の危機を乗りこえるたびに、ふたりの絆は強まっていく。そしてついに、「嘆きの山」のなかに身を隠したシベットとの対決となるが……

 正反対の性格でありながら、いつしかお互いを尊敬するようになり、友情をはぐくんでいくふたりの様子が印象的。一方でアクションの場面は迫力があり、メリハリのきいた作品に仕上がっている。優雅な姿の竜のほかにも、紙の兵士、孫悟空を思わせるサル、世にも醜い川の神など、東洋風の味付けの魅力的なキャラクターが数多く登場する。本国アメリカではシリーズとなって人気を博し、現在4冊目まで出版されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/10/28 17:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/16 18:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

YA(ヤングアダルト)文学 ランキング

YA(ヤングアダルト)文学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む