サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 霊の柩 上 心霊日本編

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

霊の柩 上 心霊日本編(祥伝社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: 祥伝社
  • レーベル: 祥伝社文庫
  • サイズ:16cm/355p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-396-33097-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

霊の柩 上 心霊日本編 (祥伝社文庫)

著者 高橋 克彦 (著)

霊の柩 上 心霊日本編 (祥伝社文庫)

648(税込)

霊の柩(上)心霊日本編

583(税込)

霊の柩(上)心霊日本編

ポイント :5pt / 紙の本より65おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2006/11/20 15:23

投稿元:ブクログ

「竜の柩」続編。前作のラストで「なんでだー!(泣)」と悶絶した部分が解決されてて、それだけで満足しました。やっぱり鹿角が好き(笑)

2012/12/22 11:31

投稿元:ブクログ

竜の柩に続く作品。現在の日本に戻ったつもりが大正時代だったことから話は始まる。
もうこの上下巻はメインがタイムスリップファンタジーとなっていて、謎や冒険的な要素は薄まってしまっている。
しかし、やはり引き込まれることは変わりなく、一気読みである。
1919~1920の大正時代の日本やイギリスの様子が楽しくて、宮沢賢治や江戸川乱歩やコナンドイルに会うところなどわくわくした。
死後の世界や魂のありようなどは考えさせられる。
このシリーズがこれで完結なのはさみしすぎる。

2013/04/28 18:57

投稿元:ブクログ

相変わらず虹人のうんちく話は尽きない(笑)
乱歩や夢二、谷崎潤一郎などが同じ時代に生きて居たのだと勉強になった。
竜の柩は謎解きの意味合いが強かったが、こちらはいかにして現代に戻るか?が主軸になっている。

2013/10/29 08:19

投稿元:ブクログ

初読
ついに現代に戻ってきた一行。しかし少し様子が違う。時代のズレか、時空のズレなのか、大正時代に戻ってしまう。
作者の代表作の最終章前編。大戦直前の日本で、実際に実在した人物達と出会い現代への道を探る一行。その結果、ロンドンに向かうことになるが、現代日本に戻ることが出来るのか?!いよいよ次巻完結編へ向けて疾走。

祥伝社文庫 ランキング

祥伝社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む