サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 男性向けコミック
  4. 青年コミック
  5. 最後の食卓 (マンサンコミックス)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

最後の食卓 (マンサンコミックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発行年月:2003.5
  • 出版社: 実業之日本社
  • ISBN:4-408-16743-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

最後の食卓 (マンサンコミックス)

著者 鈴木 あつむ

最後の食卓 (マンサンコミックス)

637(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

最期の食卓

486 (税込)

最期の食卓

ポイント :4pt / 紙の本より151おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

あなたの思い出の味は何ですか?

2006/03/21 10:42

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カルバドス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 きっと誰もが、限りある生をまっとうしたいと思っていることだろう。よく「意味のない人生などない」と言うが、誰もがこの言葉を自分の胸に刻み込んでいれば、最後の最後まで生きようという意欲が湧いてくるはずだ。
 だがその一方で、無理に頑張らず、穏やかな気持ちで死にたいと願う心もあるだろう。一般の看護病棟とは違った施設、それが主に末期癌患者が利用するホスピス。自らの死を穏やかに迎え入れるための施設である。
 本書の舞台はこのホスピス。ホスピス棟の責任者にして腕利きの料理人である永嶋茂雄医師が主人公。
 舞台である山裾病院のホスピス棟病室には、一冊のノートが置かれている。しっかりと封をされたそのノートは、患者がこの世への未練を断ち切るためのノート。生き抜いてきたご褒美として、自分自身への最後のご褒美として、一番食べたいメニューを書き込むのだ。それは「伊勢海老のしんじょう汁」だったり「ニシン漬け」だったり、人それぞれ思い入れの深いメニュー。永嶋医師によって見事に料理された品々を口に含み、患者達は気持ち良くあの世へと旅立つのだ。
 本書を読んでいて思い出したのが、かつて『ニュースステーション』という番組内にあったコーナー。俳優やスポーツ選手といった著名人を招き、人生の最期に何を食べたいか問うのだ。登場した方々は、皆さんとてもいい顔をして語っていた。
 以前、普段元気のないお年寄りに出身地の郷土料理を食べさせたところ、見違えるように元気になったという話があった。味覚の記憶のなんと確かなことか!
 単純な美味しさとは別の次元の“思い出の味”。今はカレーライスが大好物の私だが、さて、最期に食べたくなるのは一体どんなメニューなのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む