サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大切な人に贈る本 ポイント5倍キャンペーン(~1/9)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

外国映画ぼくの500本(文春新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春新書
  • サイズ:18cm/396p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-660313-2
新書

紙の本

外国映画ぼくの500本 (文春新書)

著者 双葉 十三郎 (著)

外国映画ぼくの500本 (文春新書)

1,026(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

星はなんでも知っている

2003/06/22 18:32

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 最近でこそ映画館に足を運んで映画を観るのは年に四、五回程度だが、若い頃は週に一度は映画を観ていた。もう二十年近い昔の話だ。名画座が華やかなりし頃だ。ビデオやDVDなんてなかったから、昔の名画を観るのは名画座に行くしかなかった。それにロードショーに行くお金もなかった。だから「スクリーン」や「ロードショー」といった映画雑誌を開いては、ため息をついてばかりいた。当時の私にとって、これらの雑誌は夢の入り口みたいなものだった。

 この新書のもとになった、双葉十三郎さんの「ぼくの採点表」は映画雑誌「スクリーン」に掲載されていた。毎月何本かの新作が☆印の採点付きで評価されていて、その採点を見るのも楽しみだった。この新書版では採点の高い作品五〇〇本が収められているが、雑誌掲載時は☆☆★★(篤志家だけどうぞ、という評価)の作品の方が面白かったりした。この☆の数で観る映画の基準にしていた人は多かったのではないだろうか。その後、こういった☆を使った評価方法はよく使われているが(この書評でもそうだが)、簡潔でわかりやすいこの方法は双葉さんの発明なのかもしれない。

 この本は辞書みたいに読むのもいいし、最初から順に読むのもいい。でも、双葉さんの軽快な語り口を愉しみたい人は、どこから読んでも構わないがぜひ五〇〇本全部読むことをお勧めする。映画評や書評の書き方の見本の五〇〇本でもある。例えば「ある愛の詩」(1970年のアメリカ映画で、日本でも大ヒットした悲恋映画)の短評の、「風が吹けば桶屋が儲かり、ヒロインが死ねば映画屋が儲かる」(23頁)なんていう最後の一節はなかなか書けないだろう。この文章に☆☆☆☆(ダンゼン優秀)をあげたい。

 最後にこの本には紹介されていない、「私の一本」をお勧めしよう。ロバート・マリガン監督「おもいでの夏」(1972年・アメリカ映画)である。主演のジェニファー・オニールの悲しい表情が切なく胸を打つ、青春映画の佳作である。ミッシェル・ルグランの音楽もいい。私にとっての☆☆☆☆★★の最高点の作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/10/10 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/16 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/05 01:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/04 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。