サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】honto withダウンロードキャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

生誕祭 上
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.6
  • 出版社: 文芸春秋
  • サイズ:20cm/487p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-321850-2
  • 国内送料無料

紙の本

生誕祭 上

著者 馳 星周 (著)

バブル絶頂期の東京。元ディスコ黒服の堤彰洋は地上げ仕事に従事、人を騙し、陥れていた。大金を動かす快感に酔いしれる彰洋は、次第に深みにはまってゆく…。欲望の極限を描いた渾身...

もっと見る

生誕祭 上

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

バブル絶頂期の東京。元ディスコ黒服の堤彰洋は地上げ仕事に従事、人を騙し、陥れていた。大金を動かす快感に酔いしれる彰洋は、次第に深みにはまってゆく…。欲望の極限を描いた渾身の長篇小説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

馳 星周

略歴
〈馳星周〉1965年北海道生まれ。横浜市立大学卒業。デビュー作「不夜城」で吉川英治文学新人賞、「漂流街」で大藪春彦賞、「鎮魂歌」で日本推理作家協会賞を受賞。他の著書に「夜光虫」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

バブル末期を舞台に「ゴージャスな悪夢」を描く傑作!

2003/06/11 12:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タカザワケンジ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『不夜城』をはじめとするアジアン・ノワールを得意とし、アンダーグラウンド社会に生きる人間たちを描いて定評ある馳星周だが、『生誕祭』はこれまでの作品とはひと味違う。

 体言止めを多用するスピーディーで切れ味の良い文体、二転三転する起伏に富んだストーリーテリングはこれまでの馳作品と同様だが、暴力描写には抑制が効き、人も死なない。バブル後期を舞台に、金銭欲に中毒した男と女が、目も眩むような大金をめぐって権謀術数の限りを尽くす、上下巻に渡るエンターテインメント大作である。

 堤彰洋は21歳。大学受験に失敗し、予備校からもドロップアウトし、六本木のディスコ「マハラジャ」で黒服をやっていた。そこで、幼なじみで初恋の相手、麻美に再会する。貧しい母子家庭で育った麻美は変貌を遂げていた。美貌に磨きがかかっただけでなく、全身を高価なブランド品で固めていた。麻美は「地上げの神様」と呼ばれる波潟の愛人になっていたのだ。
 黒服の仕事に飽き飽きしていた彰洋は、麻美に紹介された齋藤美千隆に夢中になる。美千隆は30代半ばで数十億単位の取引をする不動産会者社長だった。美千隆は彰洋を気に入り、「二人で王国を作ろう」と囁く。
 彰洋は美千隆の教えを忠実に守り、土地を持つ老人を騙し土地をせしめ、高く転売する。地上げの障害になっていた頑固オヤジを陥落させるために、その息子をワナにはめる。そのたび、彰洋の体温は上がり、快感を覚える。麻美はそんな彰洋の眼を「金に中毒した眼」だと感じ、その変貌に喜びを感じた。

 「王国」づくりのために先行者である波潟をハメようとする美千隆。美千隆を愛しながらも、それ以上に金を求めてやまない麻美は、波潟にいつか棄てられるという不安を抱きながら、美千隆のプランに乗る。彰洋は麻美のお膳立てで波潟の娘、早紀と恋仲になり、秘密の恋に溺れるが、麻美に弱みを握られ窮地に陥る。彰洋は底のない金銭欲の世界に足を取られ、無様に落ちていく……。
 この3人を中心に、波潟ほか金に群がる食えない面々が策を弄し、物語は錯綜する。ページを繰る手を休める間がないほど、物語に引き込まれる。

 人間の果てなき欲望は、離れて見れば、醜く滑稽なシロモノだ。現在の視点でバブルを振り返れば、踊った連中がみな阿呆に見える。しかし本当にそうだろうか? 欲しいものを存分に手に入れ、札びらを切ることで味わえる快感は何ものにも代え難い格別のものではないか。『生誕祭』を読んでいると、気分はバブルまっただ中。いつか壊滅するとわかりきっているマネーゲームに、ひりひりする思いを感じる反面、登場人物たちの豪快な金遣いに、奇妙な快感を味わえることもまた確かなのだ。

 石崎健太郎が手がけた装幀もこの作品にふさわしい。光沢のある黒いカバーを外すと、オビにあしらわれているヒエロニスム・ボス(ボッシュ)の「快楽の園」があらわれる。奇々怪々な化け物の姿は人間の欲望を連想させる。まさに、『生誕祭』の世界だ。
 馳星周が、その世界をさらに深める第一歩となりそうな一作が誕生した。(タカザワケンジ/bk1エディター)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

希望という名の熱狂

2004/01/20 00:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:川内イオ - この投稿者のレビュー一覧を見る

16歳の夏、友人が単身フランスに渡った。

彼は、中学時代同じサッカー部で汗を流した仲間だった。
中学3年の冬、彼は高校を選ぶにあたり、全国でも有数の
サッカー強豪校をサッカー推薦で受験する道を選んだ。
彼は言った。
「推薦試験に落ちたら、夏に選抜の遠征で行ったフランスに留学する」。
彼は試験に落ち、まだ時間も余裕もあった一般受験を一切受けず、卒業。
そして、ひとり飛び立つ。

当時の私は、あいつには負けられない、などと熱く思うはずもなく、
15歳にして自分の可能性に賭けた友人の生き様が、ただただ眩しかった。


『生誕祭』は、1980年代後半から90年代前半、
日本列島がバブルにフワフワ浮かれ一気に弾けたその現場で、
命を削るマネーゲームに溺死した男たちと、その男たちの
もたらすマネーに溺れた女たちの物語である。

金の持つ絶対的な力に魅せられ、のぼせあがる元ディスコの黒服。
金の持つ魔力をコントロールしようとして、飲み込まれる新進の不動産屋。
抱えきれないほどの金を手にして、その圧力に押し潰される成り上がり。
ウィルスのように金とその亡者を媒介するヤクザ。
餌を与えれば永遠に食べ続ける金魚のように、金を欲する女たち。

登場人物ひとりひとりが結われ、一本の縒りとなるように
出口のない結末を迎える過程は、ヒリヒリするほどの緊迫感を呼ぶ。
打つ手もないのに必死にもがき、可能性のないものに希望を見出そうとする、
その人間のどうしようもない姿が、現実味を帯びる。

ヒトはこれを「ノワール」と評するかもしれない。
しかし、私は「ノワール」としての『生誕祭』を満喫しながらも、
それ以上に主人公の元黒服が味わう「血が沸騰するような興奮」を
羨ましく思いながら読了した。

なぜなら、この興奮は決して金の力によるものだけではないからだ。
彼は、金を手にすることで「未来の可能性」を見出した。
それまでの、うだつのあがらない無為な人生にはなかった、
「生きている実感」が、彼の血を熱く滾らせたのだ。


あなたはこれまで、目も眩むような興奮、昏倒しそうなほどの
生の実感を味わったことがあるだろうか?
私は、まだない。残念ながら、ない。

だからこそ、思う。
結果など考える余地もなく、ただ目の前の黄金色に輝く希望に
全てを託して生き、熱狂を手にしたい。
例えその希望が、金メッキに覆われていたとしても。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

馳星周の新たな方向性!?

2003/08/18 17:18

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミヤノフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

上下巻合わせて900項を超える大作——体を火照らせながら一気読みすることができた。独特の文体、巧妙に織り込まれたプロット——馳星周の力量の為せる技だろう。

馳星周がこれまで紡ぎ出してきた物語——救いなき者の救いなきストーリー。そして本書は…。

馳星周自身、本書は青春小説であり、誰も人は殺さないとは公言していた。
彰洋、美知隆、そして麻美——彼らの最後は、ある意味ではハッピーエンドではないのか!? 彼らには救いがあったのではないか!?

この「生誕祭」は、確かにこれまでの馳星周の作品とはその趣を異にする。今後、いったい彼はどういった小説を書いていくのか——「不夜城3」が心から待ち遠しい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/01/30 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/22 00:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/10 19:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る