サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 勉強法 AtoZ -効率的な学習方法から食事まで- ポイント5倍キャンペーン  ~4/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.6
  • 出版社: 文芸春秋
  • サイズ:20cm/432p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-321890-8

紙の本

生誕祭 下

著者 馳 星周 (著)

「盗んではいかん」 祖父と交わした約束は無残に打ち捨てられた…。若き「持たざるもの」の一瞬の光芒を残酷なまでに描き切った長篇小説。『オール読物』連載を単行本化。【「TRC...

もっと見る

生誕祭 下

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「盗んではいかん」 祖父と交わした約束は無残に打ち捨てられた…。若き「持たざるもの」の一瞬の光芒を残酷なまでに描き切った長篇小説。『オール読物』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

馳 星周

略歴
〈馳星周〉1965年北海道生まれ。横浜市立大学卒業。デビュー作「不夜城」で吉川英治文学新人賞、「漂流街」で大藪春彦賞、「鎮魂歌」で日本推理作家協会賞を受賞。他の著書に「夜光虫」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

最後が知りたくてページを捲る手が止まらない。寝不足覚悟で読むべし

2004/07/01 15:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エルフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

冒頭から読者の心をグっと掴みそのままラストまで一気に読ませるそのスピード感と吸引力に思わず参りましたと頭を下げたくなる作品。

帝王・波潟を陥れようとする三千隆は言う。
「この異常な好景気も遠くない将来必ず終わりを迎える。それまでにどれだけ稼ぎ、終わりが来る寸前にゲームから足を洗えるかどうかが勝負だ」と。
バブル崩壊直前、金の亡者達の騙し合い、抜き合い、そして誰が最後のババを掴まされるのかが最後まで見えてこない面白さがあります。
読んでいて彰洋と一緒に体温が上がりまた下がる感じがしました。
しかし彰洋の周りは金の為なら人の心など容赦なく捨てれる、また陥れれる何とも「ロクデナシ」ばかり。
しかも波潟の愛人・麻美がこれまた同性ながら何とも愚かで浅ましい、基本的にこういうキャラは好きなのだが自分のことを「マミ」と呼ぶのがどうしても腹が立ってダメでしたね。
ゴージャスで美人で賢いはずなのに全くその姿が想像できなかったんですよね〜。残念ながら。
誰も彼もが騙されたことに激怒し更なる罠をかけようとする様子が似たもの同士過ぎて面白かったですね。
実際にこの物語の世界がどこかにあったんではないか?と想像できましたし。

私の場合はバブルが崩壊した後で社会に出たのですが(お陰で就職難、氷河期の時代を経験されられましたけど…)あのバブル時代を経験した人なら主人公達の高揚感をもっと味わえるのではないでしょうか。

最後が知りたくてページを捲る手が止まらない。
久々に私を寝不足にした本です。オススメ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

バブルの時代に舞い狂った若き男女の野望の行方

2003/07/18 01:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シュン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 馳星周がデビュー前に良く言っていた言葉が、ぼくには思い出される。「へなちょこ野郎」という言葉だ。彼は良く大好きな『ブルー・ベル』あたりを持ち出して「バークは本質的には、とんでもないへなちょこ野郎なんだよ。へなちょこ野郎だからこそ好きなんだ」馳の作品で踊り躍らされる主人公たちはやっぱりへなちょこ野郎であり続ける。

 へなちょこ野郎なのに身の丈に合わぬ夢を見る。傍らから見ると、それはまるで幻視だ。コークがもたらす強烈なキックがもたらす幻覚だ。体温が上がってゆく、と感じる。上がってゆき、昂進されてゆくものが、へなちょこ野郎の中に育って膨らんでゆく幻視感なのである。

 身の丈に合わぬ夢を現実の世界に這わせようとすれば、大きな逆襲に合う。無理が祟って、恨みを買い、吐き気を催し、震えおののく立場に追い込まれる。出口のない袋小路に追い込まれ、狂気が近づく。馳星周の筆は一貫してここを書く。この緊張感の集積を書きつつ、主人公も読者も常に感じるのが空しさと薄幸と矛盾。大いなる空虚のなかにしか夢は存在しないかのように。

 いつもは組織の暗闘の中で破滅してゆくタイプの物語、馳の得意なストーリー・ラインがものの見事にバブルの夢とシンクロした。これまで不明だった部分……夢・空虚・動機・痛み……が、わりと明快になった印象のある小説。長大な割に登場人物が少なくシンプルだということもあるのかもしれない。

 確かにいつもと同じタイプのストーリー。馳星周は脱け出せない。あるいは脱け出さない。リフレインを駆使した巧妙な煽り文体。シンプルで独特の語り口による疾走感。馳の長所も短所もすべて詰め込んだごった煮のような真夜中世界がここにある。都会。金。セックス。暴力。いつもの馳の材料。

 それでもいつもと少し違う。そこがこの作品の味噌である。それを明かすわけにはゆかない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/03/01 13:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/13 14:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/07 21:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/30 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/11 15:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。