サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 日本経済新聞社の通販
  4. MBAコースでは教えない「創刊男」の仕事術の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

MBAコースでは教えない「創刊男」の仕事術
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: 日本経済新聞社
  • サイズ:20cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-532-31049-0

紙の本

MBAコースでは教えない「創刊男」の仕事術

著者 くらた まなぶ (著)

「創刊男」の異名を持ち今日のリクルートを築いた名編集者が、売れるモノを作る究極の仕事術を全面公開。市場ニーズの見つけ方、人の欲望のつかみ方、斬新なアイデアを生む方法など、...

もっと見る

MBAコースでは教えない「創刊男」の仕事術

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

ほしい本に追加

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「創刊男」の異名を持ち今日のリクルートを築いた名編集者が、売れるモノを作る究極の仕事術を全面公開。市場ニーズの見つけ方、人の欲望のつかみ方、斬新なアイデアを生む方法など、ビジネス界に旋風を起こす。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

くらた まなぶ

略歴
〈くらたまなぶ〉1952年生まれ。中央大学法学部卒業。リクルート社新規事業開発室長、編集制作統括室長などを歴任。現在、あそぶとまなぶ事務所代表。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (10件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

目次

2003/04/22 14:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

1章 ちゃんとふつうに生活すること
1 いい商品をつくるためには、商品のことを考えてはダメ
2 ちゃんと生活しながら、喜ぶ。驚く。怒る。不思議がる
3 「論より技術」「きらめく才能より地に足つけた生活」
4 アポは「遠い人」を優先する
5 「生まれて初めて」に挑む
6 1年の計は元旦にあり
7 通勤電車を「遠足」に変える
8 「職場」と「酒場」を逆転させる

2章 「人の気持ち」を聞いて、聞いて、聞きまくる
1 「マーケティング」とは、「人の気持ちを知る」こと
2 ヒアリングのとっかかりは「算数」から
3 とにかく「身近な人」から聞き始める
4 「好きな人」の次は「嫌いな人」。そして「ふつうの人」へ
5 用紙なし・録音なし・謝礼なし・90度の位置・友達感覚・2ショット
6 「したこと」から、「思い」や「感じ」を引き出す
7 「WHY」という鍵が「気持ち」の扉を開く
8 いつでも、どこでも、誰でも、何でも、ヒアリング

3章 「不」のつく日本語を求めて
1 「不満を提供しない」心地よさ
2 「夢」より「グチ」が商売につながる
3 「消費者ニーズ」という言葉はウソっぱち
4 「不」のつく日本語を求めて
5 どれだけ「自分マーケティング」から抜け出せるか
6 「オヤッ?」と思ったら、しつこく追求する
7 「5W1H]で相づちを打つ—究極のヒアリング法
8 「炭坑のカナリア」に出会ったらトコトンつきあう

4章 ひたすらブレストをくり返す
1.「夢」「誰」「何」——ブレストの目的をはっきりさせる
2.「ふだんの会議」と180度違うスタンス
3.「小学4年の放課後」を思い出しながら
4 「いいね」「すごい」「さすが」「なるほど」…
5 「また〜」「そんな」「まさか」「違う」「ウソつけ」…
6 ラブホテルでブレストをしてしまう
7 「尻とらず」——ブレストがうまくなる練習ゲーム
8 無意味な接続詞をうまく使うコツ

5章 不平不満をやさしい言葉でまとめる
1 ひらがなのススメ
2 「属性」で商売できたら誰でも成功社長になれる
3 「集合名詞」は口説き落とせない
4 感情移入してその人物になりきる
5 「カッコいい大風呂敷と 地味な一歩」
6 ヒアリングした人を絵に描いてみる
7 よその商品も「国語」で分析してみる
8 みんなが「恐山のイタコ」になる瞬間がくる

6章 まとめた言葉をカタチにする
1 創刊のために社内資料をむさぼり読む
2 「カタチ」——需要と供給が出あう場所
3 「人のカラダを動かす」メディア・ビジネス
4 理屈をこねずに、ひたすら手を動かす
5 カタチが、国語と算数をつなぐ
6 ユーザーの「目」と「耳」と「頭」で判断する
7 最後までマーケティングを忘れない
8 ネーミングはいつもドラマの連続

7章 プレゼンテーション——市場への第一歩
1 右手にロマン、左手にソロバン、心にジョーダン
2 「全員賛成」では、市場は創造できない
3 江副浩正という男
4 伝説となった「フロム・エー」のプレゼン
5 会場を「市場」の空気で充満させる
6 「なぜやるの?」「いくらもうかるの?」「君がやるの?」
7 決裁する1人ひとりをプロファイリング
8 小さく生んで、大きく育てる

8章 「起業」——夢を見すえて変化に即応する
1 すべては「とらばーゆ」から始まった
2 創業時の成否を決める「人間POS」
3 レボリューションではなくイノベーション
4 夢を見すえながら「今日の現実」に立ち向かう
5 ズレに気づいたらすぐ修正——「朝令暮改」「朝令朝改」
6 現実と闘いながら視線はいつも3年後を
7 閉ざされた市場を自由化していく痛み
8 起業の瞬間からふたたび徹底ヒアリングが始まる

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/01/06 01:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/11 21:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/13 04:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/05 14:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/03 09:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/10 00:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/02 10:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/19 02:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/02 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/29 08:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/31 14:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/09 13:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/24 01:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/15 12:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る