サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ストロボ(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 35件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.5
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/340p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-127023-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ストロボ (新潮文庫)

著者 真保 裕一 (著)

ストロボ (新潮文庫)

555(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー35件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

写真に込められた様々な人生の描写が最高!

2006/09/12 16:54

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:永遠のかけら - この投稿者のレビュー一覧を見る

個人的に真保作品のベスト2!
ある有名写真家の人生を50歳から22歳までを
写真を軸にしたストーリーで遡るかたちで描いた作品
なのだが、とにかくおもしろい!!
紹介されるときに、第五章からはじまり第一章で終わる
構成のおもしろさを取り上げられることが多いが、
それよりも、一枚の写真に込められたそれぞれの想いに
胸が熱くなる。
なかでも、「第5章 遺影」は、読み返すたびに
涙が止まらない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

記憶の時間の矢とともに振り返る

2004/01/06 20:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かいらぎ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 久しぶりに真保氏の作品を読んだ。これまで読んだスピーディな展開とは異なる作風で、28年にわたり人間が成熟していく様を描いている。
 読みはじめてまず気づいたのは、いきなり「第5章」からはじまることである。「乱丁か?」と思い、目次を見ると第5章から始まって第1章で終わる構成となっているので確信犯であることに気づく。「奇をてらった構成になっているなぁ」と思いつつ読み始めた。しかし、読み終わってみると、この構成は必然性があることに深く納得する。
 起承転結あるいは因果応報は物理的な時間の矢、すなわち過去から未来に向かって展開することが当然だと思い込んでいた。しかし、人間がある時点で過去を振り返るときには、近い過去から遠い過去へと思い返す方が、現在との連続性を保ちやすく自然なのだ。そしてこの物語はストロボで切り取られたような過去の自画像を5編の短編として記憶の時間の矢の順に並べたのである。そこには、長い人生を経験して初めて解き明かされるさまざまな謎や疑問、もっと具体的に言えば「若気の至り」や「忘れてしまった夢」、「野心や野望」などがちりばめられている。
 自分自身も全てを振り返るほどの人生経験を積んだ訳ではないが、自らの「若気の至り」を思い起こすとともに、過去を振り返ることも大切なことであることを感じた。長い年月の中で変わってしまった自分と、過去の積み上げである現在の自分と、そして未来の自分を見つめるための好著である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人生のシーンを切り取る写真

2008/08/31 22:47

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栗太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 最終話である第一章に、こんな文章がある。
「いずれ北川自身にも、人生のフィルムを巻き戻す時がやってくる。まだ遠い先かもしれないが(後略)」
 本書は、まさにこの言葉の通り、50歳になったカメラマンの主人公が、人生の転機となったシーンを思い返し、自分の反省を遡っていく構成となっている。
 小説は「第五章 遺影……五十歳」から始まり、以下、42歳、37歳、31歳と続き、そして「第一章 卒業写真……二十二歳」で幕を閉じる。


 時間軸を反対にした小説は時おり見かけるが、大抵の場合は、もどかしさが付きまとう。
 成長した主人公は、とうに乗り越えた山や、解決済みの悩みを、時を遡った若き主人公は真っ只中の問題として抱え込んでいるのだから、読み手としては、「それはさっき解決したじゃん」と言いたくなってしまうのだ。反ビルドゥングスロマンとまではいかないが、読み進めるにつれ、主人公の未熟さが際立ってくる作品って、どうよ?


 本書「ストロボ」には、その種のもどかしさがあまり感じられない。と言うのも、第四章から第一章まで、確かに主人公の思い出を取り上げているのだが、そこに今を生きる50歳のカメラマンの視線があるからだ。自分がかつて写して来た写真と、その頃の自身を見つめ返す。まさに時を切り取るものとして「写真」だ。
 北川の生き方は順風満帆ではもちろんなくて、自分を曲げたことも、躓いたことも、間違えたことも色々ある。奥さんのことも、そうとう泣かせたと思われる。それでも、そんな過去の自分から目をそらさぬ潔さが、対象物を見据えるカメラマンの視線を感じさせ、清々しい。

 
 動画ではなく静止画である「写真」の魅力を再確認できる作品だった。今風に「シャッターを押す」ではなく、「シャッターを切る」という表現が懐かしくも、良いなあと思った。 そして、真保作品はやはり短編の方が面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/12/30 23:38

投稿元:ブクログ

『50歳。写真家としてまずまずの成功を収めている主人公。安定した生活を手に入れた自分を肯定しつつ疑問を抱く。そして不安定だったが尖っていた昔を思い出す。』
って話でしょうか。
だれしも「あの頃の未来に僕らは立っているのかな」と思う時があると思います。ここへ来るまで色々あった。でも今が最良の選択の結果だったはず。それでも振りかえってしまう時があるのでしょう。50歳になって過去を振り返る時どんな感慨を抱くのでしょうか。

2004/11/29 16:09

投稿元:ブクログ

2003/5/6〜読みはじめました。

久々の新刊らしいです。
珍しくワタシが買ってしまいました。(^▽^;)
さて・・・どんなスリルとサスペンスが待っているのであろう・・・o(^-^)o ワクワク

〜2003/5/20読み終わりました。
( ̄− ̄)フーン

今までの真保裕一とは違ったタッチの本。
第5章からはじまります・・・。

でも、最後の最後に作者のあとがきがあって謎解明。

いつものハードボイルドを期待してるとチト違うかなぁ?
でも、まあ・・・それなりに面白かったカモ。

2004/12/05 10:00

投稿元:ブクログ

喜多川という写真家のその歩みを振り返る構成になっている。なかなか考えたなあって思う構成なんですね。

この写真家の仕事に対する気持ちの変化が自分の当てはめてみても面白い。年をとるごとに名声を得て富も得て、それなりの地位を確立しても、昔の若いころの仕事への情熱がどこか消えている自分に気がつく、、そんなテーマが流れている時間軸があるように思う。その時代、その時代で出会う人とを、どのように心のシャッターを押したのだろうって思うと興味深い比較も可能となりそう。しかし、時間が逆に流れるせいか、この喜多川と言う主人公への感情移入は出来なくて、少しはなれたところから見てしまう。それが、また独特の感じを与えてくれる本だった。

この本だけは解説を読まずに先に読んでおきたい(なぜかは内緒(笑))。この本は、時間が逆の流れになっているのだけど、これは単純に逆じゃない計算された構成があると感じた。2003.11.6

2005/10/06 11:38

投稿元:ブクログ

連作小説
小役人シリーズや、ミステリー、ハードボイルドとはまったく異なった作品。構成が面白いし、何回も読める作品。

2007/03/10 03:21

投稿元:ブクログ

各章ごとに時間が遡っていく構成は面白かったです。が、人間関係の描写などは既読感があり、ややつまらないと感じました。

2006/11/19 18:25

投稿元:ブクログ

 カメラマン・喜多川光司の50歳、42歳、37歳、31歳、22歳それぞれの時の短編集。

 写真のことは全くわからないけど、この喜多川の写真にかける情熱や、写真1枚がどれだけ物事を語るかというのがよくわかる文章だった。女にだらしない感じはするけれど、仕事に対する態度には好感がもてる。また、この話がわざと時間を遡って第5章の50歳にはじまり、第1章の22歳に終わる理由。その意味はあとがきで記されているが、なるほど、カメラ話だからこそ成立するなぁと。全てに妻が登場しているというのも、なんか嬉しかったなぁ。とはいえ、第1章はどこに登場しているか全くわからずに読んでいたわけだけど。

2009/02/02 22:23

投稿元:ブクログ

面白かったです。だんだん過去の話になって行きます。1回読み終わった後もう一度読み返すとより堪能できると思います。

2006/04/30 17:14

投稿元:ブクログ

章を追うごとに、主人公の人生の時間をさかのぼっていく書き方が、面白かった。読みすすめるごとに、のめりこんでしまう面白さ。

2006/05/02 22:31

投稿元:ブクログ

060416 想像以上に良かった。真保作品最初が最悪だったからさー(笑)写真に対する思い?考え?みたいのに共感。人の見えなかった所に感動。

2006/05/13 23:11

投稿元:ブクログ

カメラやってるなら絶対読むべき。撮る意欲が急上昇します。
短編集みたいになってるし、真保さんの作品の中でも扱う題材が軽くなってるので読みやすい、ハズ。

2011/01/16 19:11

投稿元:ブクログ

こんな時間に何の記念撮影なのよ。喜美子は不思議そうな顔で見つめ返した。いつも撮るばっかりで、俺の写真、ちっともないじゃないか。それじゃあ、家族写真のアルバムだって作れやしないだろ。

2007/06/04 10:31

投稿元:ブクログ

2007/5/31~2007/6/3。大津への行き帰りに読み切る。カメラマンの主人公を現在から過去に振り返りながら進んでいく作品。現在の主人公が過去のいろいろな出来事によって形成されていたことがよくわかる、面白い試みであった。最近自分がカメラに凝りはじめているので、カメラマンの大事にしている部分などもわかってその点でも興味深かった。

新潮文庫 ランキング

新潮文庫のランキングをご紹介します一覧を見る