サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 散歩のとき何か食べたくなって 改版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

散歩のとき何か食べたくなって 改版(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 52件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/240p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-115610-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

散歩のとき何か食べたくなって 改版 (新潮文庫)

著者 池波 正太郎 (著)

散歩のとき何か食べたくなって 改版 (新潮文庫)

637(税込)

散歩のとき何か食べたくなって

562 (税込)

散歩のとき何か食べたくなって

ポイント :5pt / 紙の本より75おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー52件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

ぶらぶらぶらぶら

2003/06/18 14:55

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アベイズミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

東京に暮らして、わたしははじめて散歩というモノを知った。

フルサトには散歩というモノがなかった。歩くということは、いつも目的があった。畑に行く。田んぼに行く。誰かの家まで訪ねて行く。ぶらぶら歩いていれば、あの小さな村では、かなり人目を引いただろうし、だいたい大人も子供も年寄りもそんな人は見かけない。どんなに腰が曲がった年寄りだって、畑に行く。田んぼに行く。誰かの家まで訪ねて行く。そうやって目的地に向かって移動していった。それが常だった。だから景色だって、言うほど眺めちゃいなかった。

わたしが立ち止まって顔を上げて、すべてをぐるりと見渡したのは、それからずっと後の話。見渡して、そしていろんな事に気付いたのは、それからまた少し後の話。なくしてはじめて人はいろんな事に気付くというのは、いつものことで、これはまた別の話。またいつか話そう。

だから今でも、少し散歩は苦手かもしれない。ついつい買い物やら本屋やら目的地を作ってしまう。帰り道には、なにがしの戦利品を抱えたくなる。行く先も決めず、当てもなく、ただ、ぶらぶら。ぶらぶら、ぶらぶら。そんな風に、知ってる街も知らない街みたいに歩いてみたいと、思ってはいる。そして散歩の途中でお腹が減って、ふらっとなじみの店やらなじまない店やらにはいれたら。わたしは本当の散歩上手になれるのにと、いつも思う。

だから、散歩のとき何か食べたくなったら、わたしならコロッケ。肉屋のコロッケ。でも肉なんて探すかんじの、いものコロッケ。揚げたてより、むしろ少し冷めたくらいの。もしくは団子。みたらしのあまじょっぱいたれがたっぷしかかってるヤツ。甘い黒ゴマのたれがどろっと団子に絡んでるヤツ。さもなくば甘栗。天津甘栗。千円の袋。じっと見つめるとおじちゃんが一つ二つおまけしてくれるような店で。そしてやっぱり袋を受け取って、それがほんのりでも温かくなくっちゃあ。歩きながら、ぷちんぷちんと爪を入れる。隣で話す人の話もそこそこに、ぷちんぷちんと爪を入れる。おさえに総菜パン。コッペパンに挟まれているのは、コロッケ良し、卵良し、焼きそば良し、ジャムバター良し。もうね、それを幾つになっても歩きながら食べる。「歩きながら食べるのなんか犬だってやりませんよ」と言っていたのは東海林さだおさんだったように思うけど。犬以下で結構。買うなり食べる。人気のない小道で食べる。できれば二人で食べる。

全く、それはそれで楽しいのだけど、わたしはちっとも散歩上手にはなれそうにない。何てったって、格好が良くない。

「散歩のとき何か食べたくなって」

粋なタイトル。粋な本。散歩上手とはこの人をおいて他にない。何てったって格好が良い。銀座から始まって、京都や信州、フランスまでぶらぶらぶらぶら。そして、小腹が空いたらふらっと店を訪ねて、土地土地の美味い物を気取らず食べる。この本にはそんな池波さんが訪ねた店の名が惜しげもなく載っている。今も残っている店は、住所や電話番号までと、さながらグルメマップのようでもある。

それでも、決してそうではない。そういう本にはなり得ない。池波正太郎が食べ物について語るとき、懐かしさや愛おしさや寂しさや憧れやすべてが詰まっているから。その上でさらっと、あの店のあの味がいいよと、こともなげに飾りもせずに言うから。だからわたしは眺めるしかない。その完成された風景を、池波さんごと。だから、この本を何度読み返そうと、あの店にどんなに憧れようと、わたしは店を訪れることはないと思う。おそらくきっと。

それは池波さんがいまなお住む、すべて懐かしい情景だから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

玉だれ杏

2016/05/24 20:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:めも - この投稿者のレビュー一覧を見る

美味しかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

食べ物にも色気。

2003/06/18 14:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:当麻由美 - この投稿者のレビュー一覧を見る

文章に色気のある作家、それが池波正太郎であろう。色気といっても人の色恋から食まで、彼の文章は私を引きつけてならない。
この本を手にとった時、私はとうとう・・と思った。
彼は、他の著書でもあさりご飯や蕎麦など、多くの食べ物を時期に合わせて書いている、それが実につやっぽく私の喉をごくりとさせるのである。その彼がふらっと立ち寄る店、和食から洋食〜軽食まで、この本を片手に私も散歩したのだが実に飽きない。
又、この散歩の最中に是非気づいて欲しいのが店自体や店員、周りの景色など、おもしろい所が多い。散歩を風情がある歩き方がしたいならこの一冊はお薦めである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

食べることを語る幸せ

2004/11/13 04:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:RinMusic - この投稿者のレビュー一覧を見る

永井荷風も谷崎潤一郎も食べ物を語るのが好きだった。だが池波正太郎のこのエッセイは、ひと味違う。この筆者にとっては食べることが人生の歩みであり、<たらふく飲んで食べて、さて勘定をはらう>美学を信じている。生きている甲斐でもあるのだろう—<ここの料理を食べるたびに、私は、自分の小説へ一つのちからが加わったようなおもいがする>(p.127)。また食の思い出は彼の少年時代とよく結びついている。希望に満ちていた頃の食への感動を綴ることで、<つまらぬものを見る見るうちに高く高くと値上げしてゆく>今日、ひいては現代日本に対する失望感を払拭しようとする彼らしい手口なのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ぜんぶ平らげたい!

2003/06/18 14:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミオメロディ - この投稿者のレビュー一覧を見る

見開きに食べ物の写真がいっぱいあって、池波作品に馴染んだ身としては、ちょっとびっくりさせられますが、エッセイを読んだ後、この写真を見直すと、よだれが出そうになります。お店の紹介を兼ねたエッセイとはいえ、いつもの池波エッセイらしい、しっとりした文章で、おいしそうな食べ物が出てくる本を読んだというよりは、いい読み物を読んだ気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/02 19:42

投稿元:ブクログ

池波さんが食べ物について語るとき、懐かしさや愛おしさや寂しさや憧れやすべてが詰まっているから。その上でさらっと、あの店のあの味がいいよと、こともなげに飾りもせずに言うから。だからわたしは眺めるしかない。その完成された風景を、池波さんごと。だから、この本を何度読み返そうと、あの店にどんなに憧れようと、わたしはその店を訪れることはないと思う。おそらくきっと。これからも。

2005/06/22 13:44

投稿元:ブクログ

池波正太郎の文章の魅力は、そのスピード感にあると感じるのです。よく見ると、ヤケに改行が多く、ひとつひとつの文章が短い。もちろんそこには非常に厳選された言葉選び、言葉運びというものが存在し、そここそが池波正太郎の凄さなのだと思います。この本のような食にまつわるエッセイであってもそれは健在。見た事も行った事もない土地、時代、店にも関わらず、いつかここで同じものを食べてみたいと自然に思わせる筆力。素晴らしい。

2011/09/22 19:01

投稿元:ブクログ

東京、名古屋、大阪、長野、パリで行って気に入ったお店の話だけどグルメ本じゃない。街の風情というかそういったものを感じさせてくれる本。ただ、ワシが産まれた頃に書かれた本である。店はまだ残ってるのかなー。
東京オリムピックから日本の風情はあかんくなった、と池波さんは申しておられる。

2007/09/10 03:28

投稿元:ブクログ

うーん。
こういう本を書ける粋な男っていいよね。
浅草の図書館に池波正太郎の書斎や直筆の絵や原稿があるのですが、
やっぱり粋でかっこいいです。

勉強になる本。

2006/06/16 17:01

投稿元:ブクログ

実は、池波正太郎の本は、食べ物エッセーしか読んだことがありません。悪い読者ですね。
でも、名文です。美味しいものが食べたくなります。危険な本でもあります。

2011/03/21 13:58

投稿元:ブクログ

東京、横浜、京都、近江、パリまで! 思わず行ってみたくなるお店もたくさんあるし、読んでるだけで楽しい。
「東京オリンピック」で東京の東京らしさが失われたのだとこの本で知った。京都もその影響を受けているのだそう。

2007/04/26 16:07

投稿元:ブクログ

池波先生の小説を読んでいても
「食べるのが好き」って感じが伝わってきますもん。
その池波先生が書かれた「食べ物エッセイ」ですから、読むと同じものを食べたくなります。
いつまで東京にいられるかわからないけど、
この本の紹介に沿って、食べ歩いてみたいです。

2007/10/25 23:16

投稿元:ブクログ

2007/07/29 名古屋栄にて購入

メンノンでFPMが推してた。
しかし、読破せず・・・

2007/10/31 15:52

投稿元:ブクログ

図書館でこれを何となく借りたら、面白かったのよね。池波さんは他にもいっぱい食についてのエッセー本を出していて、楽しませてもらいました♪

2013/07/04 18:17

投稿元:ブクログ

男なら池波正太郎を粋に読んで、粋に生きたい。厳選3冊。 - Rocketboy Digital http://rocketboy-miya.hatenablog.com/entry/2013/07/04/105204