サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 異形の惑星 系外惑星形成理論から

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

異形の惑星 系外惑星形成理論から(NHKブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: 日本放送出版協会
  • レーベル: NHKブックス
  • サイズ:19cm/262p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-14-001966-2
  • 国内送料無料

紙の本

異形の惑星 系外惑星形成理論から (NHKブックス)

著者 井田 茂 (著)

1995年以来、地球とは程遠い姿の太陽系外の惑星が相次いで発見された。その「異形の星」の起源に挑み、そこから地球型惑星の存在確率に切り込む知的興奮に満ちた一書。【「TRC...

もっと見る

異形の惑星 系外惑星形成理論から (NHKブックス)

1,156(税込)

ポイント :10pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1995年以来、地球とは程遠い姿の太陽系外の惑星が相次いで発見された。その「異形の星」の起源に挑み、そこから地球型惑星の存在確率に切り込む知的興奮に満ちた一書。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

井田 茂

略歴
〈井田茂〉1960年東京生まれ。東京大学大学院地球物理学専攻修了。現在、東京工業大学地球惑星科学科助教授。専門は惑星物理学。著書に「惑星学が解いた宇宙」ほか。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ユニークな科学者達の狂喜と興奮のるつぼ … その背景には、世界観の対立が潜む?

2007/08/30 10:51

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SeaMount - この投稿者のレビュー一覧を見る

太陽系以外にも惑星はあるのか。あるのならそこに生命は存在するのか。これは、天文学者や生物学者に限らない、「人間の抱く疑問 best10」に入る問いだと思う。もしそれが存在するとしたら、日本人は、けっこう単純に興味をそそられるのだと思うが、最後に述べるように、キリスト教徒には重大な問題であるようだ。

この本では、あきらめかける所までいった太陽系外の惑星が、いったん「異形」なものとして発見されると、次々と見つかり始め、惑星のことなど考えたこともない観測家までが続々と参入し、理論家にとっては何でもありの狂喜と興奮のるつぼとなったことが描かれる。それまでは無意識のうちに、太陽系の惑星と似たものを探していたのが、いったんその枠がはずれると、どんどん見つかったのである。その「栄光」と「歓喜」の物語に続き、とりあえずの惑星理論の収まりどころ、さらに現時点における地球外生命の可能性、そして今後の展望が語られる。

全体として、おもしろくて読みがいのある本だったのだが、一部、スラスラとは読めないところがあった。この分野の理論的研究はコンピュータ・シミュレーションが主要な手段である。その結果だけを提示される部分があり、それは、著者も述べていることだが、「見てきたような話」になるのである。「ああそうですか」とはなるが、「わかった」という気にはなりにくい。そして、定説が定まっていないので、いくつもの説が並列で提示され、落ち着かない気がした。しかし、これは現段階ではやむを得ないのであろう。

その代わり(?)、このような、ビビッドな分野に取り組む研究者たちの雰囲気が伝えられる。その対象が「異形」なら、それに取り組む人たちもユニークで、ある人は、日本に来て、パチンコや渋谷の若者の風俗に興味を持つと、それらのフィールド・ワークに行ってしまったという。あるいは、人を笑わせながらしゃべりまくる中で、議論もして構想を練る研究者。この人は論文を読む時間がもったいないと、必要なら国際電話でもかけまくって本人にとことん聞くのだという。このような人達と競いつつ、「共同知」を創り上げることの喜びが伝わってくる。

NHKブックスの地学分野の本を何冊か読んだが、それらは、その時に一番進展している分野を、何がわかっていないのかというところも含め、やや高いレベルまで踏み込んで伝えようとしている気がする。そこには、その時点での到達点を知らせ、そこに若者が参入してくることへの期待も込められていると思う。この本を、ワクワクして読み切ってしまった若者は危ないかもしれない。NHKブックスを読んで、人生の進路を変えた人を知っている。って、オレか!?

冒頭に書いた、太陽系以外の惑星や生命の存在についての問いは、われわれの世界観にも関わるものである。それは、月食の陰などから、我々の大地が球であることを知った古代ギリシャの時代から論争されていることで、地球が奇跡的で特殊なものなのか、あるいは、一般的なもので、宇宙には普遍的にあるようなものなのかという見方の対立にかかわるのである。この問いは、特に、すべてを神が創ったと考えるキリスト教では重要である。系外生命の発見があたえるインパクトについては、カール・セーガンの『コンタクト』でも描かれていた。

私は、ジョディ・フォスター主演の映画で見たのだが、大変いい映画なので、この本に興味をもった方にはお勧めする。この本で描かれた方法とは異なり、電波望遠鏡で直接地球外知的生命を発見しようとする、SETIプロジェクトのことも生き生きと描かれている(《ウィキペディアの解説》、《映画評》)。そこでは、政府の宗教顧問(キリスト教)とカルト宗教家が大きな影響をあたえるのである。

著者は、この本のいくつかの書評から、改めてこのことを意識したようだ。井田氏は自分のホームページのなかで、「キリストは唯一絶対で,そのキリストが生まれた地球は 特別なのだ」という考え方と「神は全能なのだから地球だけでなく,他の星にも平等に生命を 授けるに違いない」という考え方の対立は、過去の思想家だけでなく、現代の欧米の科学者のなかでも変わっていないという。中間はなく、どちらかの考えを持っているというのである(「『異形の惑星』への書評に対する感想」)。

われわれから見ると、このような対立は不思議なことにも思えるが、そもそも「全知全能の神が創ったこの世界は、合理的に創られているに違いないといういう[キリスト教的偏見]がなければ」自然科学は生まれなかったというのだから、無理もないことなのかもしれない。

井田氏は、ある書評から、「異界を求めながらも、天文学者たちを突き動かす地球への想いとは何なのか?」という根源的な問を、宿題として突きつけられたとしている。それをしたのは、新聞に載ったプロの書評ではなく、某ネット書店の、読者評だったということである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/11 16:59

投稿元:ブクログ

太陽系以外の惑星系についての本です。
最初はそういった系外惑星を探す話ですが、基本的にはそういった系外惑星、及び太陽系がどうやってできたのかということを解説したものです。
この書籍は2003年に出ているものなので、すでにいろいろ覆ったり証明されたりしているかもしれませんが、その時点での系外惑星の発生のメカニズムで出ているものを解説し、著者の考えを記述したものになります。
現在、確か地球型の系外惑星は見つかっている(もしくは、可能性がある)はずですが、この本の時点では、大型のガス惑星が見つかっている程度です。
それも、ホットジュピターと呼ばれる恒星に非常に近いところを高速で回る(公転周期3,4日等)惑星、エキセントリック・プラネットと呼ばれる楕円軌道を走る惑星が見つかっている程度です。
成形される時間単位が万年億年なので、実験や観察で証明するのが非常に難しい世界です。
基本的には計算やコンピュータ・シミュレーションでこうだったのではないかという理論を立てていくようです。
この本を読んでて、へぇ~と特に思ったのは、火星と木星の間にあるアステロイドベルトが元々アステロイドベルトだったという話ですね。
昔から、あれはそこにあった惑星が崩壊したものというイメージだったので、これはかなり目からウロコでした。
ガスとチリから、微小の塊になって、さらに微惑星、原始惑星になり、地球型惑星、木星型惑星、氷惑星となるということで、微惑星が結局固まれなかったのがアステロイドベルトという感じでしょうか。
いろいろ知らない理論や話があり、楽しめました。
が、なんだかんだと難しいので、理解するのは大変です。
実践で確認するのが難しい世界ですが、観測や理論の構築によって世界が広がることを期待したいです。

2010/03/15 12:16

投稿元:ブクログ

少し古い本になりますが初めて見つかった系外惑星の説明を分かりやすく説明した1冊。SFマニアも読んでおいて損は無いと思う。

2011/06/12 07:21

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
1995年以来、太陽系外に続々と惑星が発見された。
木星質量で中心星の直近を高速周回するホット・ジュピター。
灼熱と酷寒の世界を繰り返すエキセントリック・プラネット。
想像を絶するその姿に、太陽系の惑星形成理論は根底からくつがえされた。
今、この異形の惑星たちの形成メカニズムを解き明かそうと、世界第一線の天文学者たちが熱い闘いを繰り広げている。
そして崩れ去ったにかみえる惑星の形成理論をもう一度構築し、そこから生命誕生の条件を備えた地球型惑星の存在確率にも追っていく―宇宙惑星学最前線の論争を存分に味わえる、知的興奮に満ちた一書。

[ 目次 ]
序章 豊饒の宇宙
第1章 未知なる異形世界の幕開け
第2章 プラネット・ハンターたちの苦闘と栄光
第3章 再構築を迫られた太陽系形成理論
第4章 異形の惑星たちの起源に挑む
第5章 統一的な惑星系形成理論の構築へ
第6章 この銀河系に地球型惑星はいくつあるのか
終章 さらなる惑星フロンティアの開拓

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2012/08/17 11:32

投稿元:ブクログ

「一億個の地球」から4年後の著作。この銀河には地球型惑星が数百万から数億個あるという推論はすこぶる興味深い。今回は月の存在をより抽象的に自転軸が安定している(月が存在する場合と自転が逆行の場合の二つある)、という確率に変えていた。独立と思われたいた事象に従属性を考慮して、より説得力のある議論にしている。

2013/09/07 15:08

投稿元:ブクログ

https://www.nhk-book.co.jp/shop/main.jsp?trxID=C5010101&webCode=00019662003