サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大人の自由研究 ポイント5倍キャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

セブンスタワー 第七の塔 1 光と影
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 発行年月:2003.5
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:22cm/253p
  • 利用対象:小学生 中学生
  • ISBN:4-09-290351-0
  • 国内送料無料

紙の本

セブンスタワー 第七の塔 1 光と影

著者 ガース・ニクス (作),西本 かおる (訳)

黒いベイルに覆われた闇の世界にそびえる七つの塔。タルは行方不明になった父さんと重い病気の母さんを救うため塔を登り始める。不思議な力を持つサンストーンを手に入れるために…。...

もっと見る

セブンスタワー 第七の塔 1 光と影

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

黒いベイルに覆われた闇の世界にそびえる七つの塔。タルは行方不明になった父さんと重い病気の母さんを救うため塔を登り始める。不思議な力を持つサンストーンを手に入れるために…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ガース・ニクス

略歴
〈ニクス〉1963年オーストラリア生まれ。キャンベラ大学卒業後、編集者、出版エージェントを経てファンタジー作家となる。著書に「サブリエル」ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

鮮やかな世界でのひたむきな思い

2012/02/03 17:52

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ト―チ - この投稿者のレビュー一覧を見る

――闇におおわれ、氷に閉ざされた世界。太陽も月も、その光を遮られ氷を溶かすことは無い。
その中で「サン・ストーン」におおわれ、輝く巨大な城。そこが、主人公、タルの暮らすところだ。

城の中は階級制度によって仕切られており、タルの階級は「オレンジ」。城に住む選民たちの中ではどちらかと言えば下の方だ。
選民の間では階級の差別意識が強く、身分の高い人々にはバカにされる日々。母は病気を患って寝込んでおり、尊敬する父は突然帰ってこなくなってしまった。父にかわって幼い弟妹たちをささえ、母を喜ばせようとタルは必死になる。
だが意地悪な役人や身分といった障害に邪魔され、一生懸命頑張ってもことごとく失敗してしまった。最後の手段を決意して城壁を登るも、「影」によって邪魔され、城壁から落ちてしまう。
落ちた先に待っていたのは、今まで見たことも無かった城の外、氷原。そこに住む部族の人々と、戦士を目指す少女、ミラだった――


虹の七色の光を放ち、その光によって様々な魔法を使うことが出来る石、サン・ストーン。城の外に広がる広大な氷原と、世界を包み込む闇。選民の使役する「影」達。そんな色鮮やかな世界を、家族を助けたい一心でタルは駆け抜ける。
生まれてからずっと城の中で暮らし、城の考え方が染みついたタルは、最初、氷原の掟や部族の人々の考えといったものに戸惑い、時に反発する。決して愚かではない、むしろ頭のいい少年のタルだが、それは彼にとっての「普通」をくつがえすものだったのだ。
魔法の城の住人、タルと氷原の戦士、ミラの織りなすいわゆる王道のファンタジーだが、氷原と城のあり方の差、見え隠れする人間の本性、権力による策謀など、断片を刻むストーリーも相まってとても読み応えのある作品である。

一家を背負ってしまっているとはいえ、タルもまだ少年。時に迷い、時におびえ、時に焦りながらそれでもも前へ、前へと進む。その姿勢に共感し、励ましながら読んでいく。そんな本だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

光と闇の世界と7色の塔、魔法の石という道具立て。少年タルのきらめく冒険ファンタジー。

2003/07/22 18:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エーミール - この投稿者のレビュー一覧を見る

 色や光が闇の中にきらめくファンタジーだ。映像にしたらどんなふうだろうか。全米で売り上げが55万部を突破し、ジョージ・ルーカスフィルム社が版権取得と帯にある。
 この作家は、オーストラリア・シドニー在住、『サブリエル』で数々の賞を受けた。『サブリエル』を読んだ時にも感じたことだが、ライラの冒険シリーズ(フィリップ・プルマン著)の影響をかなり受けているようだ。例えば「スピリシャドウ」。「ダイモン」とかなり近い。かの『指輪物語』もその影響は大で、数々のファンタジー作品を生み出す原動力となった。たぶんこの作家は、フィリップ・プルマンに心酔しているのだろう。
 ストーリーは冒険ファンタジーならではの道具立てが揃っていて不思議な世界だ。本書は6巻まで続くというシリーズの1巻で、主人公タルの探求の旅へのはじまりの書となっている。どうして主人公タルはかくも苦しい旅を続けなくてはならないのか。作り上げられた世界そのものが、苦しみを生み出すためにあるような感じではある。別の見方をすれば、設定そのものが、PCゲームのような感じということになる。ストーリーを自分に引き寄せて読むもよし、架空のゲームの世界として突き放して読むもよしということか。
 とにかく、どう展開して行くのか、続きが楽しみだ。

(エーミール/図書館の学校・児童書選書委員会)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/12 18:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/18 07:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/16 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/06 11:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/27 14:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/17 16:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/21 15:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/22 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/12 11:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/11 15:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/30 15:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/06 11:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/20 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

YA(ヤングアダルト)文学 ランキング

YA(ヤングアダルト)文学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む