サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

8/1【HB】honto withアプリカード利用でポイント2倍キャンペーン (~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「捨てる!」技術(宝島社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.5
  • 出版社: 宝島社
  • レーベル: 宝島社文庫
  • サイズ:16cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7966-3271-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

「捨てる!」技術 (宝島社文庫)

著者 辰巳 渚 (著)

「捨てる!」技術 (宝島社文庫)

596(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
文庫 全品
ポイント2倍キャンペーン
こちらは「本の通販ストア 文庫 全品ポイント2倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年8月1日(水)~2018年8月31日(金)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

技術を超えて、生き方です

2004/11/12 22:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:知りたい人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

過激な本です。
実は私はこの本を読んで職場と自宅の色んなものを捨てました。
思い切り良く捨てたのですが、今のところ困った事は起きてません。
著者が巻頭で“モノの持ち方を暮らしの技術として定着させる。それが、本書のいいたい唯一のことである。”と気持ちよく言い切ってますが正に捨てる事は気持ちがいいことです。

捨てる事に関してさまざまな切り口でノウハウを公開しています。
この本を読むときに頭の中を白紙にして読んでいく事が「捨てる達人」になる秘訣ですかね。
整理法や収納法を色々試してみたけどどうしてもすっきりしない時におすすめの一冊です。
ただ、この本を捨てるかどうかはまだ結論が出ていません

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

捨てる、ということは生きていくうえで不可欠なこと。じつは、これは技術というか経営工学の世界では基本中の基本だ、と夫が言う。でもね、世の中、文科系の人間の方が多いんだよね

2005/02/02 20:53

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

《物で溢れかえる日本人の生活を根本的に見直し、真の豊かな生活を始める第一歩として、捨てることをすすめる本》

夫は、洋服ダンスの私の服を見るたびに捨てろと言う。自分は、本どころか、展覧会のパンフレットやDM一つ捨てようともしないのに。ただし、憎らしいことに整理整頓だけは上手い。つまらないものには、大鉈を振るう勇気は、癪だけれど私よりはある。むっとする私を見て、娘たちまでが笑う。その夫が差し出したのがこの本だった。なにが、母の日だ。わたしゃあんたの母じゃない。妻なんだ。

5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)を家庭でいかに実践するか、それは一言、勇気。無論、辰巳はそんな、情緒的なことは言ってはいない。先ずは捨てにくいものを調べ、理由を明らかにすることを薦める。うーむ、その論理性があれば、私は困っていない。便箋を見ては、買ったお店や、手紙を出そうと思った相手のことが頭を過ぎる。

この本は、私が苦しい時に読んだ、このカセットは辛い時に聴いた。この写真は私の幼い頃の、これは夫の髪がまだまだあった頃の、そしてこれは長女が歩いた時の、次女が祖父に抱かれた時の。思い出を前に座り込んでは時の経つのも忘れてしまう。そんな私に、辰巳は賢い収納術ではなく、捨てる技術(実は捨てる勇気)を説く。 

情報はお金、といわれる現在、辰巳は一度入手できた情報は、必ず再入手が可能だという。本当だろうか。消えたサイトは山ほどある。でも、物を大切にするということは、本当に必要なものが何かを知ることである、というのは、よく分かる。それに、捨てる技術にはほど遠いコレクターの存在を認めて、許してくれるのは、男の人にはありがたいかもしれない。

ともかく優柔不断、問題先送り、責任転嫁、これをやめる。最近の小説に頻繁に現れるような主人公を切って捨てる。それを物だけでなく組織や人間にだって当てはめてみる。ついでに既得権にしがみつく政治家と官僚もだ。勿論、捨てることだけを勧めるのではない。有効利用したい人には、それに相応しい機関を紹介してくれる、これは親切。

でも、やっぱり出来ない。今日も、昔の整理されていない写真の山から、幼い娘を慣れない手付きで入浴させる夫の若い頃の写真を見つけて、固まってしまった。そうか、誰にでもできるなら、こんな題名の本が売れる訳がないか。

余りに売れすぎた所為で、立花隆がこの本の売れ行きに嫉妬して、タイトルは忘れたけれど自分の読書の本で、ケチをつけることになる。こわいのは、捨てられた男の嫉妬ではある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/04/12 11:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/22 11:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

宝島社文庫 ランキング

宝島社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む