サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/8/1~8/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 社会・時事の通販
  5. 竹書房の通販
  6. マザー The incredible truth aboutの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

マザー The incredible truth about
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.5
  • 出版社: 竹書房
  • サイズ:19cm/115p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8124-1186-6
  • 国内送料無料

紙の本

マザー The incredible truth about (ブルーデイブックシリーズ)

著者 ブラッドリー・トレバー・グリーヴ (著),石田 享 (訳)

ユーモラスな動物写真と、感動的でときどき笑える言葉でつづる「ブルーデイブック」シリーズの第5集。誕生から思春期、やがて一人前になるまでこどもたちに寄り添う、全世界の母親に...

もっと見る

マザー The incredible truth about (ブルーデイブックシリーズ)

1,058(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ユーモラスな動物写真と、感動的でときどき笑える言葉でつづる「ブルーデイブック」シリーズの第5集。誕生から思春期、やがて一人前になるまでこどもたちに寄り添う、全世界の母親に捧げる本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ブラッドリー・トレバー・グリーヴ

略歴
〈グリーヴ〉1970年オーストラリア生まれ。画家、漫画家、家具・玩具デザイナーなど多彩な活動を展開。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

私の頭の中の温度が上昇したときに、ちょうど良い温度にさせてくれる本である。

2004/12/13 00:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:めだかの兄弟 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本には、優しい文章(英語と日本語)にあわせて、106カットの動物のおもしろい表情などが見られ、かなり癒された。自分が日記を書いたかのような文章が沢山で、読みながら、「みんな一緒なんだなあ」と、心のコリがほぐれていくのを感じた。
 P45に「かくして、わが子を危険から守るために母親は一日何回も緊急出動を余儀なくされる。(まさに沿岸警備隊も顔負け)」とあるが、< まさしく、その通り!! > である。長男がまだ幼稚園児の時だ。建設中の家で遊んで、はしごがかかっていたので、昇った。すると、枠組みの柱の上を歩き、足を踏み外して、二階の高さから落ちたのだ。「おちた〜! 早く来て来て〜」と呼ばれて行ってみると、幸い網がかかっていて、怪我はなくホッとした。まるで、クモの巣にかかっている状態に、笑えるどころか、血の気がひいて、体がマヒして…自分も、クモの巣にかかっている状態だった。
 読んでいくと、< そうそう! こんなこともあった! > とか、< わかるわかる、つらいのよね〜 > とか、共感し、子育ての大変さとか、楽しさを思い起こされた。P113に「でも、母親の本音をいうと、こどもたちが幸せかどうかそれさえわかれば満足なのだ。」と書かれている。二人の子を生み育てているが、まだまだ新米ママである。こどもに教えられる事も沢山ある。
 < 自分もこどもたちも、幸せなら良し!> こんな当たり前のこと、ついついどこかに置き去りにしちゃうんだけど、この本を読んで、ちょっと聞いてみた、< 幸せ?> って。すると、< お母さんは? > って聞き返されたので、<「ゴミはゴミ箱へ!」の約束だけは守って欲しいなあ。あと、「出したらしまう!」もね。私の幸せは、小さな約束を守ってくれれば、それだけで幸せ。> と答えたら、無常にも < あ、そっ > と返ってきた。
 最後に、この文章だが、母親なら、誰もが思うのでは? 「信じられないかもしれないけれど、これは本当の話。惜しみない愛情と犠牲の見返りに母親が求めるのはこどもの幸福だけなのだ」(P114)

 …ともあれ、良くも悪くも母親次第である。「大好きだよ! お母さん!」とこの本の最後にある素敵な言葉で、締めくくれるように、母業がんばろっと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

家族関係 ランキング

家族関係のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む