サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 凶獣リヴァイアサン 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

凶獣リヴァイアサン 上(創元SF文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元SF文庫
  • サイズ:15cm/334p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-71601-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

凶獣リヴァイアサン 上 (創元SF文庫)

著者 ジェイムズ・バイロン・ハギンズ (著),中村 融 (訳)

凶獣リヴァイアサン 上 (創元SF文庫)

864(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

読むべし!怪獣版ターミネーター

2003/05/07 11:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キムチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 バイロン・ハギンズ節がたっぷり利いた洋もの版ゴジラ小説って感じか。結構宗教懸かった説教くさい部分が臆面もなく前面に出てくる作家ですので、そこんとこ押さえておいてヒロイックモンスター・パニック娯楽SF小説として純粋に楽しめればそれで良いのです。このご時世で、北欧の巨人がなんでドラゴンと戦わなきゃいけないんだぁ〜なんて考えてたら、頁を繰る手が止まっちゃうでしょ(^_^;)。しっかし、コモドドラゴンを遺伝子改造しただけで火を吐く大怪獣にしちゃいますか。この辺のトンデモ加減がゴジラなんだよな〜。昔は水爆の影響とか利用してましたが、今や遺伝子操作。時代は変わっても『善』に対する『悪』の物語的効能は一緒ってことか。

 怪獣版ターミネーター。何度倒されても生き返ってくる体長10.5メートルの口から火を吐く大怪獣。戦斧抱えた北欧の大巨人との一騎打ちだってぇ。戦車すら吹っ飛ばす怪獣が相手なんだぜぇ。そんなのどうやって倒すんだぁぁぁ(^_^;)。迷宮と化した地下研究所で繰り広げられる地獄絵巻がこれでもか攻撃でスケール倍増ど迫力!! 『殺戮者カイン』やら『極北のハンター』で冒険小説界の雄として日本で名乗りを上げたバイロン・ハギンズの本国でのブレイク作品。いわば彼の原点たる作品である。原点故にストレートに押しまくる暴走特急ぶりはいっそ痛快である。読まないヤツはリヴァイアサンに食われて死んじまえ!ってくらいお勧め(^_^;)。

 ここまで育て上げたバイロン・ハギンズ名義の作品群をあっさり放棄して、次回作品はなんと宗教的歴史小説なんだそうだ(^_^;)。逆説的に考えると、それを書きたいがために過去のSF小説群を書き上げたって解釈もあっていいかも。新人作家がいきなり宗教的歴史小説っていってもどこの出版社も取り上げてくれないでしょ、やっぱし。ところで、スタローン主演で映画化されるはずの『極北のハンター』は一体いつ公開されるのでしょうかねえ。洋ものゴジラがコケちゃったから、米国じゃ怪獣小説なんてなかなか映画化権売れないでしょうけど、この並みじゃない凶獣ぶりを映画館のワイドスクリーンで見てみたい気もしますなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

訳者コメント

2003/05/09 19:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村融 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 殺しても死なない殺人鬼といえば、『13日の金曜日』のジェイソンをはじめとして、スプラッタ・ホラーには欠かせない存在だが、ホッケー・マスクの怪人のかわりに、ゴジラが追いかけてきたとしたら? この冗談のようなアイデアを大まじめに長篇小説に仕立てた例がある。本書『凶獣リヴァイアサン』がそれだ。
 本書に登場するのは、直立二足歩行して、口から火を吐く体長十五メートルの怪獣。これがなんべん殺されても、そのたびに生き返ってくるのだから、まさにゴジラのジェイソン状態。しかもその怪獣が、善と悪の覇権をかけて、身長二メートルの北欧戦士と一騎打ちをするのだから、英雄神話風のファンタシーかと思うとさにあらず。問題の怪獣は遺伝子工学の産物で、舞台は現代。したがって、怪獣は銃弾とロケット弾を無数に浴び、何度となく高圧電流でふっとばされる。原書の裏表紙に「『ベーオウルフ』と『ジュラシック・パーク』の伝統の融合」と書いてあり、読む前はなんのこっちゃと思うのだが、まさにそのとおりの内容だ。
 もちろん、テクノロジーの暴走を描いたフランケンシュタイン・テーマの作品として読んでも面白いし、わが国の大石英司氏が手がけているような正攻法のモンスター小説としても高い評価をあたえられる。要するに、本書は世にも珍しいSFホラー・ミリタリー・アクション・ヒロイック・ファンタシー(?)なのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/05/17 21:44

投稿元:ブクログ

ハギンズの三作目。前作に懲りずに読んだら大ヒットでした。
遺伝子実験で(またか)生まれた、火を吐く大型コモドドラゴンVSそれを開発した軍部隊の死闘。
さらに、身長2メートルを超える巨人トールとドラゴンの、大戦斧VS牙と爪というバトルもありまして。めちゃめちゃ燃えます。
コレも含めた三作は全て上下巻なんですが、一番ボリュームがあるのも、一番サクサク読めたのもこの作品でした。
第三作目でハギンズの最高傑作が出たなぁ…と思っていたんですが、
アメリカでの発行順序はリヴァイアサンが三作目で、ハンターが四作目、カインが五作目。
…まぁアレです、作を重ねるごとにダメになっていっているという衝撃の事実。だがしかしコレだけは本気でオススメいたしましょうとも。

創元SF文庫 ランキング

創元SF文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む