サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

GE式ワークアウト
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:21cm/365p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8222-4337-0
  • 国内送料無料

紙の本

GE式ワークアウト

著者 デーブ・ウルリヒ (著),スティーブ・カー (著),ロン・アシュケナス (著),高橋 透 (訳),伊藤 武志 (訳)

GEの前CEO、ジャック・ウェルチが採り入れて以来、他の有力企業にも広まったワークアウトの理論と実践を第一人者らが解説。あらゆる壁を打ち破り、組織に革命を起こす組織作りの...

もっと見る

GE式ワークアウト

3,456(税込)

ポイント :32pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

GEの前CEO、ジャック・ウェルチが採り入れて以来、他の有力企業にも広まったワークアウトの理論と実践を第一人者らが解説。あらゆる壁を打ち破り、組織に革命を起こす組織作りの奥義を凝縮した実践テキスト。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

デーブ・ウルリヒ

略歴
〈ウルリヒ〉米ミシガン大学ビジネススクール教授。著書に「HRスコアカード」など。
〈カー〉米ゴールドマン・サックス取締役最高教育責任者(CLO)。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

不確実性に対応するスピーディな意思決定への解のひとつがここに。しかして、そのまま移植しても間違いなく機能しないだろう。

2003/12/25 00:02

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:平野雅史 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 様々な面で企業経営のお手本とされるGE。ジャック・ウェルチのCEO就任をきっかけとして、クロトンビル、市場トップかNO2の事業以外は保有しない、6シグマ、最大級の社内監査部門とその陣容などなど。
 ワークアウトは、そんな超巨大企業が、市場の変化に即応し迅速・スピーディでシンプルな意思決定を目指して、試行錯誤のうえで形成されたひとつのシステムであり、情報のフローであり、なにより継続的な組織変革と組織学習のシステムと言える。

 本書では、それこそ仔細にワークアウトの内容が記述されている。GEやウェルチが導入を決定するに至った背景や狙い、導入から定着までの長い、実際のワークアウトの場面、導入のプロセス、フォーマットなど、それこそ多岐にわたって具体例が示されている。逆に言えば、(特にGEのような巨大企業では)組織変革のプロセスでは詳細な検討が欠かせないという実態を浮かび上がらせる。
 また、マネジメント・コントロールとしてのワークアウトとは、診断型(管理会計的)ではなく対話型(探索的)なもので、市場即応的な組織行動を引き出すために、従業員にどんな思考が求められるのかという示唆は有力。本書では、ひたすらストレッチする、システムシンキングを育てる、水平思考を促す、本当の権限委譲と説明責任を果たす、短サイクルでの変革とすばやい意思決定を掌中にする、という言葉でその要諦を表している。加えて、従業員の提案に対する遂行支援責任の創出を狙うという点も、見逃せない。従業員、管理者にはこうした職務環境に耐えられるだけの強靭な思考力が求められるものと推定される。

 決められない人々を多数抱える企業にあって不満を抱える向きには、非常に魅力的な手本となろう。ただし、ワークアウトが実際にワークするためには、「自己の責任において決める」というスタイルが文化・価値観・行動規範として根付き、加えてワークしていることを確認できる強力な業務監査の仕組みがない限り、決められない場面が累々屍になる懸念を秘め、結局、トップダウン型に舞い戻らざるを得ない可能性がある。ワークアウトがフィードバック・ループとして循環するためには、その連鎖を断ち切らない文化の土台の醸成が、ともに求められるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

出版社コメント

2003/04/24 11:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経BP社* - この投稿者のレビュー一覧を見る

硬直した官僚主義を打破する企業改革手法としてGE前CEOジャック・ウエルチが採り入れて以来、他の有力企業にも広まった「ワークアウト」。
ウェルチ改革の原動力となった究極の風土変革メソッドについて、理論の開発と普及を担ったメンバーが、勝ち残る組織作りの奥義を実践テキストに凝縮。日産カルロス・ゴーンのクロス・ファンクション・チームもワークアウトのツール。政府・自治体、NGOでも使える万能のメソッドを紹介します。

■目次
第1部 ワークアウトとは何か
第1章 ワークアウト、GE、そして史上最大の企業変革
第2章 なぜワークアウトは有効か その根本原理
第3章 あなたの組織はワークアウトの準備ができているか

第2部 ワークアウトをまき起こす ワークアウトの完全導入
第5章 ワークアウトの地図
第6章 ワークアウトをデザインする
第7章 ワークアウトの実施
第8章 ワークアウトにおける提案の遂行
第9章 ワークアウトをカスタマイズする
第10章 ワークアウト・アット・ワーク

第3部 ワークアウトの長期的な成果
第11章 GEスタイルのリーダーをワークアウトで育てる
第12章 ワークアウトを組織に組み込む
第13章 ワークアウトによる企業文化の変革
第14章 有意義なワークアウトにするために

付録A ワークアウト推進リーダーのためのツールキット
付録B シミュレーション・エクササイズ ザ・ユナイテッド・バンク・オブ・ロンド
付録C ワークアウト—文化の革命の基礎として(デーブ・ウルリヒによるGE社幹部向けスピーチ 1990年1月)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/07/13 13:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/21 14:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/10 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む