サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~2/29

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 経営・ビジネスの通販
  5. 日経BP社の通販
  6. 事故は語る 1998−2003 巨大化するトラブルの裏側の通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.5
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:21cm/271p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8222-0593-2

紙の本

事故は語る 1998−2003 巨大化するトラブルの裏側

著者 D&M日経メカニカル (編集)

三菱自動車34万台を越すリコール、空中分解したスペースシャトル、日比谷線脱線衝突事故…。大惨事の原因はほんの小さな綻びだった。巨大化するトラブルの裏側を取材する。『日経メ...

もっと見る

事故は語る 1998−2003 巨大化するトラブルの裏側

税込 2,640 24pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

三菱自動車34万台を越すリコール、空中分解したスペースシャトル、日比谷線脱線衝突事故…。大惨事の原因はほんの小さな綻びだった。巨大化するトラブルの裏側を取材する。『日経メカニカル』連載を再編集したもの。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

暗黙知の伝承が大切

2003/10/27 15:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:k-kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

十勝沖地震(03.9.26)で出光興産北海道製油所のナフサタンクが44時間にわたって炎上したのは記憶に新しい。その前には、新日鉄の名古屋でガスタンクの事故があった。なぜタンクの事故が頻発するのか。「失敗学」の畑村洋太郎・工学院大学教授によれば、「暗黙知」——その業界の人間なら誰でも持っている知恵——が企業のなかで伝わらなくなっているのが原因だという (朝日新聞03.10.18)

本書は、「日経メカニカル」1998年11月号〜2003年4月号に連載した「事故は語る」から厳選してまとめたもの。まさに畑中教授のいう「暗黙知」の伝承の問題が溢れている。対象として、自動車、航空機、鉄道、電子・機械、建築・土木、原子力と工学分野の多くをカバーする。合計で32の事故事例だ。専門誌の記事がベースとなっているだけに、記述は詳細で具体的である。また専門用語も注意深く抑えられているようで読みやすい。例えば、三菱自動車のトラックのリコール事故を読んでみる。

この事故は、スタータースイッチに挿し込んだキーが回ったまま戻らずに、スターターが焼損し発煙するというもの。エンジンが始動すると、通常であればキーは、ばねの力で元の位置に戻る構造だが、事故車ではキーがスタータ位置のまま戻らない。このため、始動回路に電流が流れっぱなしになりスターターが加熱し焼損する。

最初のクレームから、リコール対策までに4年もかかったとのこと。三菱自動車は当初、事故車のキーが複製の合鍵だったため、原因はユーザの使い方にあると誤判断していた。しかし、実はスタータースイッチ部に問題があったのだ。回転子のはめあい部分の仕上げが不十分であり、ダイカスト部にバリが一部残っていた。このため、ばねの力が殺がれキーが戻らなかったのである。

事故の遠因として、当時の工程変更があるという。合理化策の一環として作業時間の短縮を目指し、仕上げ工程を手やすり作業から、サンドペーパー作業に変更していた。このときの作業者に対する教育と、作業後の確認動作に対する指示が不十分だったことが、今回の不具合につながったと。

原因を追及する過程が実証的である。また間接要因として、工程変更を挙げたことにも説得力がある。終わりに、沢俊行 山梨大学 工学部助教授 (機械システム工学)の言葉をあげておこう。事故の多くが、危険因子の重畳あるいは知識不足によって起きているとのこと。そして、「事故の教訓化」として、情報公開のメリットに言及している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。