サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree第三弾 ポイント5倍キャンペーン(~11/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

墜ちていく僕たち
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:18cm/259p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-774634-1

紙の本

墜ちていく僕たち

著者 森 博嗣 (著)

買い置きのラーメンを食べたその日を境に、僕たちは突然、女の子になってしまったのです…。男が女に、女が男に、たんたんと墜ちていくファンタジック・ミステリー。2001年刊のノ...

もっと見る

墜ちていく僕たち

842(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

ほしい本に追加

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

買い置きのラーメンを食べたその日を境に、僕たちは突然、女の子になってしまったのです…。男が女に、女が男に、たんたんと墜ちていくファンタジック・ミステリー。2001年刊のノベルス版。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

森 博嗣

略歴
〈森博嗣〉1957年愛知県生まれ。現在、某国立大学の工学部助教授。著書に「すべてがFになる」「女王の百年密室」「工学部・水柿助教授の日常」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ファイブ・レイヤード・僕たち

2004/04/04 16:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:海の王子さま - この投稿者のレビュー一覧を見る

「堕ちていく僕たち」、「舞い上がる俺たち」、「どうしようもない私たち」、「どうしたの、君たち」、「そこはかとなく怪しい人たち」という5編からなる短編集。。。。だと思ったら、大間違い。きちんと、この順序で物語は展開していくのです。いえ、展開していくというよりかは、継承されていくと表現した方が正しいのかもしれません。だから、「5編からなる」というよりは「5層からなる」、そんな一冊です。

「僕たち」がどう「堕ちて」しまうのか、「俺たち」がどう「舞い上が」ってしまうのかは読んでのお楽しみとして。「堕ちていく〜」と「舞い上がる〜」は、「動詞+代名詞(一人称複数)」という形式なのに、それ以降は形容詞だったり疑問詞だったり。(きちんとした文法用語ではないですけれども。)ちょっとだけ、気になっています。そこいらへんの計算って、どうなっているんでしょう?>森先生

なんか、ぴよぴよのラーメンが食べたくなっちゃいますね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不条理なファンタジー

2004/01/16 08:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紫月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

現代を生きる若者が主人公の不思議な短編集です。

キイアイテムはラーメン。
なぜか『そこ』にある、少し不思議な味がするラーメン。
食べると、男は女に、女は男に変わってしまうのです。

『墜ちていく僕たち』は男子学生二人が女性に変貌する話。男から墜ち、女として生きることを楽しむ二人ですが、ある日、現実を見つめることになります。

『舞い上がる俺たち』
女性二人が男性に変貌。彼女たちも男性として生きることを楽しむが、やがて主人公は友人の心に無頓着だった自分に気づきます。

『どうしようもない私たち』
三十路の女性が主人公。職場の上司二人と交際中の彼女は、同窓生とも付き合い始めます。そして、二人でラーメンを食べた結果、とんどもない結末に。

『どうしたの、君たち』
これは『墜ちていく僕たち』の主人公を追いかける、カメラが趣味の男の子の話。追っている被写体の様子がおかしい。彼はどこへ行ってしまったのか、彼そっくりの人物は彼の妹なのか。悶々と悩む主人公。一話目を別の角度から描いています。

『そこはかとなく怪しい人たち』
女性作家が主人公です。この話はミステリっぽい仕立てが楽しい。

性転換を遂げた登場人物たちは、その後悲観することもなく、それぞれが人生を楽しむのですが、どことなく悲しく、切なく、それでいてどこか優しい物語です。
登場人物はみな、いまどきの若者らしく取り留めのないことを考え、自由にその日その日を生きているのですけど、やはりそれぞれが悩み事などを抱えています。
主人公のとても軽い語り口と突拍子もない設定に最初は戸惑いますが、読後はとても優しい、穏やかな気持ちになることができました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/04/24 19:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/21 20:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/16 08:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/09 18:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/09 00:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/21 16:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/30 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/23 22:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/14 18:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/31 00:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る