サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 社会学
  5. 東京大学出版会
  6. ヨーロッパ文明批判序説 植民地・共和国・オリエンタリズム

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ヨーロッパ文明批判序説 植民地・共和国・オリエンタリズム
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: 東京大学出版会
  • サイズ:22cm/426,47p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:4-13-010092-0
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

ヨーロッパ文明批判序説 植民地・共和国・オリエンタリズム

著者 工藤 庸子 (著)

光輝くキリスト教文明と、暗闇としてのイスラーム世界? いまなお揺るぎないヨーロッパのアイデンティティの淵源とは? ミシュレ、ユゴー、ルナン…近代の多様な言説の分析を通して...

もっと見る

ヨーロッパ文明批判序説 植民地・共和国・オリエンタリズム

7,560(税込)

ポイント :70pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

光輝くキリスト教文明と、暗闇としてのイスラーム世界? いまなお揺るぎないヨーロッパのアイデンティティの淵源とは? ミシュレ、ユゴー、ルナン…近代の多様な言説の分析を通して、「ヨーロッパ」・「近代」に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

工藤 庸子

略歴
〈工藤庸子〉1944年浦和生まれ。東京大学文学部卒業。現在、東京大学大学院総合文化研究科教授(地域文化研究)。著書に「フランス恋愛小説論」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

出版社からのオススメ

2003/05/31 03:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こや - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヨーロッパのアイデンティティの淵源を問う!
〈主要目次〉
第I部 島と植民地
 1 1870年代の地球儀とポリネシア幻想
 2 「絶海の孤島」から「愛の楽園」まで
 3 黒人奴隷と植民地
 4 フランス共和国の奴隷制廃止派(アボリシオニスト)たち
第II部 言説としての共和国
 1 国境の修辞学——ミシュレの方へ
 2 「ナショナル・ヒストリー」から「国民文学」へ
    ——ヴィクトル・ユゴーを求めて
 3 共和国の辞典——ピエール・ラルースをめぐって
第III部 キリスト教と文明の意識
 1 知の領域としてのオリエント
 2 セム対アーリア
 3 記述されたイスラーム世界
 4 非宗教性(ライシテ)の時代のキリスト教

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ヨーロッパ史 ランキング

ヨーロッパ史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む