サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Red Hat Linux firewalls
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: SBクリエイティブ
  • サイズ:24cm/409p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7973-2269-1
  • 国内送料無料

紙の本

Red Hat Linux firewalls (redhat PRESS)

著者 Bill McCarty (著),ヴァインカーブ (監訳),中川 和夫 (訳)

Red Hat Linuxファイアウォールを使いコンピュータとネットワークを守る方法を説明。効果を発揮するために、その仕組みと機能、限界を知り、正しい設定方法を理解できる...

もっと見る

Red Hat Linux firewalls (redhat PRESS)

4,104(税込)

ポイント :38pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

Red Hat Linuxファイアウォールを使いコンピュータとネットワークを守る方法を説明。効果を発揮するために、その仕組みと機能、限界を知り、正しい設定方法を理解できるよう解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

Bill McCarty

略歴
〈McCarty〉The Claremont Graduate Universityで情報システム管理の博士号取得。Azusa pacific University情報科学准教授。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

出版社コメント

2003/04/28 11:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ソフトバンクパブリッシング - この投稿者のレビュー一覧を見る

ipchains/iptablesを究める一冊!
ファイアウォールが効果を発揮するには適切な設定と管理が欠かせない。ファイアウォール構築では、その仕組みと機能、そして限界を理解しなければならない。何よりも重要なのは、正しい設定方法を知ることで、本書は詳細な解説、サンプルコードを提供する。

◎本書が対象とする読者
本書はRed Hat Linuxシステムとネットワーク管理に関する一般的な知識を前提とする。
したがって、本書が対象としている読者は、ファイアウォールの導入を計画しているRed Hat Linuxシステム管理者やネットワーク管理者ということになる。しかし、Red Hat Linux以外のLinuxディストリビューションやLinux以外のUNIXライクなシステムを使っている場合も、本書を利用してファイアウォールを構築するのはそう難しくないだろう。
本書の主要なターゲットは何台ものサーバーを使って各種のネットワークサービスを提供しているシステムの管理者だが、本書で説明するツールやテクニックはパーソナルネットワークでも十分活用できる。

◎本書の構成
本書は3つのPartと用語集からなる。また、各種のリファレンスのためにいくつかのAppendixも用意されている。
Part1 ネットワークセキュリティを巡る背景
Part1では、ネットワークセキュリティが重要な理由を明らかにし、ネットワークを守るうえでファイアウォールがはたす役割を説明する。さらに、ファイアウォールの設計にとって重要なTCP/IPプロトコルファミリを詳しく説明する。

○Part2 ファイアウォールの設計と実装
Part2では、IPChainsファイアウォールとIPTablesファイアウォールの設計と実装を説明する。まずファイアウォールの基本アーキテクチャを明らかにし、ファイアウォールポリシー設計の各要素を示したうえで、IPChainsとIPTablesの詳細を説明する。

○Part3 ファイアウォールの運用
Part3はファイアウォールの運用と管理に焦点を合わせる。各章では、攻撃に対してホストを強化する方法、ファイアウォールのテストとトラブルシューティング、ファイアウォールの状態の監視方法を説明する。

○用語集
巻末にはファイアウォールに関連する用語集が用意されている。

○Appendixes
本書はいくつかの付録で締めくくられる。
付録として記載されているのは、役に立つWebサイト、よく使われるポート、プロトコル番号、ICMPメッセージなどのリスト、サンプルのファイアウォールコード、VPN(virtual private network)の概要である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/12/12 03:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

オペレーティングシステム ランキング

オペレーティングシステムのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む