サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. あのころの未来 星新一の預言

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

あのころの未来 星新一の預言
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/251p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-459801-1
  • 国内送料無料

紙の本

あのころの未来 星新一の預言

著者 最相 葉月 (著)

夢みたいな世界と悪夢のような現実はすべて彼の短篇に描かれていた。臓器移植、ネット社会、クローン人間…。星新一と考える、科学と人間の望ましい姿。『サンデー毎日』に連載した5...

もっと見る

あのころの未来 星新一の預言

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

夢みたいな世界と悪夢のような現実はすべて彼の短篇に描かれていた。臓器移植、ネット社会、クローン人間…。星新一と考える、科学と人間の望ましい姿。『サンデー毎日』に連載した50編をまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

最相 葉月

略歴
〈最相葉月〉1963年生まれ。神戸市出身。関西学院大学法学部法律学科卒業。会社勤務、編集者を経て、ライターとして活躍。著書に第4回小学館ノンフィクション大賞を受賞した「絶対音感」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

星新一という予言者がいた

2003/05/05 15:42

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:毛少子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 SF作家、星新一の1000作を超すショートショートは、主に1970年代に愛読された。1970年の大阪万博を頂点とする21世紀ブームは、私たちに明るい未来を見せていた。星新一の作品は、そんな、すばらしい未来を舞台にしながら、ちょっと皮肉な結末がいつも待っていた。
 時は経ち、私たちはすでに21世紀に生きている。だが、未来はたしかに皮肉なものだった。文明の発達は、人間を幸せにしたとは、とても思えない。そういう時代に、私たちは生きている。
 この本の著者は、星新一の短編が、いかに今の文明が抱える問題を、鋭くついていたかを、現実のものに当てはめて、見せてくれる。クローン技術、インターネット、ヴァーチャルリアリティー……。
 星新一は、時代遅れとされた時期があった。しかし、現実の21世紀を迎えた今、私たちは、もう一度、その作品が意味するところを考え直してみる必要があるのではないだろうか。少なくとも私は、この本を読んで、星新一を読み返したくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/27 20:41

投稿元:ブクログ

あのころ星新一が描いていた未来に今ぼくらはいるのだろうか。星新一の短編小説を題材にした科学エッセイ。

2012/02/10 15:32

投稿元:ブクログ

星新一の小説が何故好きだったのか、あんまり深く考えたことなかった。
でもこの本を読んでよくわかりました。
SFの短編集は短くて読みやすいからよく読んでいたのかと
思いかけていた。でもそれだけじゃなかった。

2009/02/01 00:19

投稿元:ブクログ

★エッセイ?★星新一を種にしたエッセイとでもいうべきだろうか。同じ著者の別の本と間違えた。伝記を期待して読んだためか食い足りない。途中で投げてしまった。

2009/02/11 16:24

投稿元:ブクログ

この本は3,4年前に買って途中まで読んでいたものです。改めて最初から読み直してみました。

星新一の本は中学の頃たくさん読みました。短くて読みやすかったからです。その名前が表紙にあり,この本を手に取りました。

考えてみると星新一の書いたショーとショートは昭和30年代後半から40年代に書かれていたんですよね。そう考えると普遍的な内容なんでしょうか。私が中学生ということは昭和50年代にそれを読んでも違和感なくすっと読めたんですから。
そんな星新一の物語を顧みながら最相葉月という人が「あのころの未来」の現在と検証しているといった内容の本です。
なんか星新一という人の先見性というか,いろんな意味でのすごさを感じます。

この本も分かりやすく,何で途中でほおって置いたのだろうか・・・?と今更不思議に思ってしまいました。今なら一気に読めるのに。というか,読んだし。

久しぶりに星新一の本が読みたくなりました。

2009/03/20 10:22

投稿元:ブクログ

かなり期待して読んだせいか、ちょっと期待はずれだったかもしれない。
著者の批判的な口調と、時代(2003年)をかなり意識した内容が少し現代とずれているせいかもしれない。
逆に、この本がやや古びた印象を与える一方で時折挿入される星新一のショートショートがまったく古びていない、ということに驚嘆する。
あ、それをわざと浮き立たせたかったのか!!

2010/05/22 20:12

投稿元:ブクログ

科学を星新一氏の著作から語る・・・一見、不可思議なこの試みは、必然から生まれたものであった。著者は本世の「あとがき」にて次のように語ってる。「言葉にしようがないもの、どんなに言葉をつくしてもこぼれてしまうもの、言葉よりずっと前からあって、いまも未来も言葉の外側であり続けるもの。星はそれをすくいあげようとしていた。星が一編一編の物語に注いだ視線を、現代の科学と幸福を考えるための手がかりにしたいと思ったのはそのときである。」著者の独自の視点は本書でも十二分に発揮され、非常に魅力的かつ奥深い一冊でした。私も以前に星新一氏の著作を多く読んだ時期があったのですが、本書で新たな視点を与えられたことで、もう一度読んでみたい・・・そんな気持ちになっています。

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む