サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ちょー薔薇色の人生(コバルト文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2003.5
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: コバルト文庫
  • サイズ:15cm/205p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-08-600256-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ちょー薔薇色の人生 (コバルト文庫)

著者 野梨原 花南 (著)

ちょー薔薇色の人生 (コバルト文庫)

453(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

ちょー薔薇色の人生

486 (税込)

ちょー薔薇色の人生

ポイント :4pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (14件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「粋」

2003/10/17 00:22

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:見城 月都 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 大人気・魔法ファンタジー・最終巻。
 ラストシーンが粋だった。
 主人公らはこの巻に至るまで、とんでもなく波乱にとんだ運命を生き、それを身をもって知っている。にもかかわらず、「ジオ(夫)と共にいる自分は幸福だ」と言い切る、ダイヤモンドの力強さと美しさ。
 最後に彼女は、子供達に読み聞かせていた本を、こう言って、閉じる。
「そして、王子様とお姫様は、いつまでも幸せに過ごしました。」
 幸せを自ら手で鷲掴み、これからもしそれをなくしてしまったとしても、また自分の手で掴んでやるわよ!ってな感じのダイヤモンドが言うからこそ、納得できる台詞。
 かすかな余韻を残し、静かに物語は終わる。このタイトルにふさわしい幕切れだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

癖はあるけれど、読んでみると面白い

2005/10/16 14:15

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:浅葱 翔 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本編・外伝を含めると20冊を超える『ちょーシリーズ』の最終巻で、
親世代に端を発したある事件もここにきてようやく終わりを迎えました。
 主要人物達は全て自分の望みに率直に行動しました。これだけ書くと随分身勝手な人物ばかりがいる様に聞こえそうですが、言い換えれば『自分の望みを叶える為の努力を惜しまない』人物ばかりでした。『世界を救う』という偉業を成し遂げた彼らですが、どちらかと言えば『家族・友人を助けるついでに、世界を救いました』という彼らでした。
 そんな変わっているけれど、素敵な登場人物達。この事件が終わった後も続くであろう彼らの生に幸せな未来があると思わせてくれる『何か』が読了後の余韻から感じられ、ほっ…と心が暖かくなりました。
<『ちょーシリーズ』全編を通して>
著者が『色彩』というものに対して非常に興味を持っている事が伺えます。景色・服装において、読者側の想像をかきたてるような大変美しく描写しています。
 ただ、それとは逆に台詞、本文ともに言葉遣いが綺麗とは言えません。気にならない僕にはどうとはないのですが、気になる人は読み進めていくうちにイライラしてくるそうです。
 まずは『ちょーシリーズ』第一巻ちょー美女と野獣を読んでみて、面白いと思えば全編通して読んでみて下さい。呪いが解けて獸から人間へと戻ったジオラルドに対して、ダイヤモンドが言い放った言葉に拒否反応が出た方は、そこで読むのを止めて下さい。そのノリが最終巻まで続きます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

魔王とジオが再会

2017/07/30 15:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「世界が君を歓迎している」魔族の英雄の異名を持つ少女・宝珠はぼろぼろの身体をした魔王と対面する。予想外の魔王の言動に当惑する宝珠だが…。魔法ファンタジー最終巻。ジオラルドと魔王が再会した時どうなるかと思ったけど、最後の最後で、ジオラルドと魔王が和解してよかった。二人には一生親友でいて欲しい。「そして、王子様とお姫様は、いつまでも幸せに過ごしました。」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/11 15:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/17 02:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/28 17:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/10 15:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/04 19:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/16 01:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/08 08:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/21 16:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/15 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/12 19:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/11 18:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/17 03:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る