サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 学校では教えてくれない大事なこと ポイント5倍キャンペーン(~11/8)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

返らぬ日
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.5
  • 出版社: ゆまに書房
  • サイズ:20cm/244p 図版6枚
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8433-0738-6

紙の本

返らぬ日 (吉屋信子少女小説選)

著者 吉屋 信子 (著)

日本橋の乾物問屋の妾腹の娘・弥生と上海生まれの早熟な少女・かつみ。やさしい桃色のためいきのような二人の友愛…。女学生をめぐる小説とエッセイを収録した、初期作品集。【「TR...

もっと見る

返らぬ日 (吉屋信子少女小説選)

1,836(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本橋の乾物問屋の妾腹の娘・弥生と上海生まれの早熟な少女・かつみ。やさしい桃色のためいきのような二人の友愛…。女学生をめぐる小説とエッセイを収録した、初期作品集。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

返らぬ日 9-110
七彩物語 111-146
裏切り者 147-176

著者紹介

吉屋 信子

略歴
〈吉屋信子〉1896〜1973年。新潟県生まれ。「鬼火」で第4回日本女流文学者賞受賞。著書に「花物語」「あの道この道」「徳川の夫人たち」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

二度と返らぬ青春

2011/02/07 08:23

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BH惺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 少女小説で有名な吉屋信子の隠れた名作(だと個人的に思っています!)。

 返らぬ日・七彩物語・裏切り者・日曜病(サンデーシック)・五月と桐の花・讃涙頌・同性を愛する幸い …の珠玉の7篇収録。

 白眉は表題作となっている「返らぬ日」ですね。
 上海育ちのエキゾチックな少女・かつみと、和服が似合う妾腹の美少女・彌生との悲恋物語。
 お互いに一目ボレしたかつみと彌生の出逢いはカソリックの学校。とある夕べの寄宿舎の露台(バルコニーのことね)で2人は互いの想いを打ち明け合う……という、定番のシチュエーションです。なんとなく花物語の「日陰の花」を思わせます。

 想いが通じ合い、幸せ絶頂のかつみと彌生。
 そしてストーリーは進み、またも定番の夏休み。かつみは軽井沢へ、彌生は鎌倉へと避暑のためそれぞれの別荘で過ごすため離ればなれになってしまう。しかし一時も離れ難い彌生はとうとうかつみのいる軽井沢へとやってくる。
 そして初めて過ごす2人きりの夜……この部分の描写がかなりぼかされていますけど、かなり踏み込んで少女同士の交流を描いてます。他にもポルトガル人のマダム・オルガに施してもらったおそろいのほくろの刺青(しかも口もと!)とか、阿片吸飲の願望とか……妖しくなまめかしいエピソードも用意されていて、吉屋信子の創りあげた雰囲気抜群の耽美な世界に酔わされます!

 が、後半は展開が急転直下。彌生に縁談がもちあがり、彼女はもちろん応ずるはずがない。意を決してかつみに上海への逃亡か心中を願うけれど、かつみには亡き実母から託された大切な願いがあった……。

 彌生と共に行くか、母の願いを全うするか。ジレンマに苦しむかつみの心情が流麗な文体で綴られる。彌生に向かって訥々と語る母の物語が読んでいて切ない。そして最後の決断を下したかつみの前に現れた彌生もまた、かつみ以上に苦しみ悩んで、彼女のために哀しい結末を選び取る。
 純粋な少女2人の互いを思い遣る、静謐でありながら激しい愛情に深く感動。吉屋信子の美文調がなんとも良い味です。

 その他は短篇揃い。七彩物語を始め、どれも気楽に、楽しく読める。最後の1篇「同性を愛する幸い」は吉屋信子の恋愛観が淡々と述べられていて貴重かも。
 二度と返らぬ青春の日……このような意味合いで付けられたタイトルも非常に巧いな~と思ってしまいました! そしてところどころに色を添える中原淳一の素敵なイラストもナイスで贅沢です。

BIBLIO HOLICより

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/17 05:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/06 14:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/01 18:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/28 04:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/11 21:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る