サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

12/3~ <honto限定!電子おまけ>「ぼぎわんが、来る」映画化記念キャンペーン(~1/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 漫画・コミックの通販
  4. 女性向けコミックの通販
  5. 祥伝社の通販
  6. 致死量ドーリス (フィールコミックスGOLD)の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

致死量ドーリス (フィールコミックスGOLD)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 64件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.5
  • 出版社: 祥伝社
  • サイズ:21cm/119p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-396-76177-5
コミック

紙の本

致死量ドーリス (フィールコミックスGOLD)

著者 楠本 まき (著)

致死量ドーリス (フィールコミックスGOLD)

1,008(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー64件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

DieTodlicheDolis

2004/03/15 00:19

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すなねずみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

(なんだかお間抜けな説明から……?)

>(by 中澤昌士)

 美学専攻の大学院生・蜜(23)、自称「孤高の天才ギタリスト」の岸クン(25)、蜜に「ドリース」というイレモノをpresentした画家・中澤昌士。永遠にドリースではいられないことに気付いて中澤のもとを離れ……岸クンと出会った蜜。……と書いてきて、こんな説明、ないほうが、いいんだろうな、と思う。これを読むためには。まったく世界は違うけれど、たまたま最近読んだ松本大洋さんの<ナンバー吾(ファイブ)>にしても、「わかんねーよ」と思いながら読んでくのが、気持ちよくなってくるんだもの。この感覚は、じじいなのだろうか、とも思うけれど。

 すごくいい。耽美的とか哲学的とか、そんな形容詞はいらないと思う。この世界って……と何かと較べようとするのは僕の悪い癖だが……昔角川文庫に入ってた赤江瀑さんの『海峡 この水の無明の真秀ろば』とか、あるいは風琴工房っていう(今をときめく?)小劇団の芝居とか、なんだか、そういう感じ。つまり「耽美的」なのかもしれないけれど、どこか新しい「物語的な跳躍」を感じさせるもの(個人的に)……ということかな。
 1991年に出版された赤坂憲雄さんの『排除の現象学』のなかに、少女マンガについて触れている箇所があって、たとえばこんなことが書いてある。

>

            ***

(実は楠本さんのマンガを読んだのはこれがたぶん初めてですが、これは、この人の描いたものをもっとたくさん読みたいな、と思わせてくれるだけのマンガです。)

            ***

最後に蜜と岸クンの、(出会いの頃の)こんな会話を。

「ねえ それより 私のこと話して」
「私のこと? オレのことじゃなくて?」
「あなたのこと聞いてどうするのよ」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/19 11:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/20 01:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/17 16:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/09 12:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/05 05:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/17 15:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/03 23:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/23 18:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/03 00:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/04 19:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/01 01:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/26 22:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/13 01:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/13 18:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

女性コミック ランキング

女性コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。