サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

象牙色の眠り(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.5
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/343p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-720310-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

象牙色の眠り (文春文庫)

著者 柴田 よしき (著)

象牙色の眠り (文春文庫)

596(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

象牙色の眠り

590 (税込)

象牙色の眠り

ポイント :5pt / 紙の本より6おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2012/10/24 13:43

投稿元:ブクログ

再読、のはずだが全く覚えてなかった。
京都の大邸宅で家政婦として働く主人公の視線で語られる事件。
雰囲気がありとても面白かった。

2008/10/08 01:06

投稿元:ブクログ

まどろむような京都の邸宅街で富豪の家族をおそった殺人事件。屋敷に住むのは美しい未亡人とその私生児、前妻の生んだ長男と長女。家政婦の瑞恵がみるかぎり、贅をつくした邸内には家族の絆も存在しないが、恐ろしい殺され方をするような現実的な人間もいない。歪んだ心理がうみだすサスペンスと意外な結末。 (BOOKデータベースより)
家政婦は見た。話に入り込むまでは時間がかかるけど、入り始めてからはおもしろかった。人の積み重ねたウソが次々にぼろを出す瞬間、というのはおもしろい・・・。ざっくり斬ってしまえば「金持ちって(ヤレヤレ)」という感じもするが、それだけではなくおもしろいのは作者の筆力だと思います。

2008/04/25 21:15

投稿元:ブクログ

淡々と起こる殺人。
ほんとうに、淡々と。日記の中に今日は何食べた・・・って書いてるのと同じような感じで起こる殺人。
読んでるときの自分の中の推理とか予想なんてあてにならないもんだね。
どんでん返しって訳じゃないけど、そうきたか。みたいな。

読みやすいと思う一冊でした。

2008/01/30 21:21

投稿元:ブクログ

京都の邸宅街で富豪の家族をおそった殺人事件。

あっという間に読めた本なんだけど
最後の方まで犯人が誰なのか・・・
読んでいくうちに、この人が犯人?って姿が少し見えてはきたけれど・・・
ラスト、こういう結末なのかぁと思いました。

2008/10/18 07:52

投稿元:ブクログ

割と早い時点で話が読めてしまったのが残念。
ねむり姫?の話は糸車に指刺したっていうのしか知らなかったので
知ってたらもうちょっと面白かったのかな?

2009/10/26 22:12

投稿元:ブクログ

夫が背負わされた借金を返すため、家政婦として働いている家は
『家』というには何だか繋がりが薄い所でした。

話の流れはすごいな…と。
まさかこうきてこうくるとは、という驚きがあります。
むしろ最後のあの結末が…半々なんですか、と
なぜか丁寧語で聞きたい気分にさせられました。

家と病院と自宅。
それだけしか出てこない状態で、すごいというか
どこからが現実でどこからが夢なのか。
あぁもうまたか! です。

まったく本筋と関係ない所で共感できたのは
人が多い所で働きたくない、という所です。
人混みは嫌いです。

2013/01/23 19:08

投稿元:ブクログ

 主人公の女性は、富裕な一家に新しく家政婦として勤めることになったが、そこで陰惨な殺人事件が起こり、否応無しに犯人探しに関心を寄せることになる。
 ミステリーだが、印象に残るのは、地に足がつかない主人一家を見つめる主人公の淡々とした語り口と、人間の愛憎劇と情念の深さによる静かな恐ろしさだ。

 ラストシーンが、とても好きだ。

2011/08/25 16:50

投稿元:ブクログ

犯人が最後までわからず、読み応えはあり。

ただ犯人が殺人までに至った経由が
いささか短絡的な気も。

でもそう言う事件を起こす動機って
他人からすれば「えっ?」と言う時も多々あるからなぁ。

2012/05/16 21:10

投稿元:ブクログ

最後まで犯人がわからなかったけれど、
動機が??
なので読後はあまりすっきりしなかった。
登場人物がたくさんいる割りに繋がりが浅く薄い。
展開は飽きずに一気に読めました。

2016/06/19 11:20

投稿元:ブクログ

かなりハマります。次が気になる
気になる
思わずハイスピードで読んでしまいました
( ̄^ ̄)ゞ

ちょっとばかり無理があるような感じはしつつも。面白いですね。

ラストもびっくり

様々な謎がちりばめられてます。是非おすすめです。

2015/01/01 12:49

投稿元:ブクログ

こ、こ、こえ~~~!!
なんだ、この静かな憎悪は~~!

人が次々に死んでいくから、犯人は一人じゃないと思った。
全部、私の推理どおりだったけども、なんかその犯人の心に潜む静かで激しい憎悪が怖すぎる。
中でも、祥が一番こわい。イッちゃってるね。

でも救いなのは、玉江とかおりがやっと親子として再出発できると言う結末かな~。

今年、初めて100冊完読!!
来年もいっぱい本を読もう!!