サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 技術・工学・農学
  4. ユーザビリティテスティング ユーザ中心のものづくりに向けて

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ユーザビリティテスティング ユーザ中心のものづくりに向けて
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.5
  • 出版社: 共立出版
  • サイズ:21cm/273p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-320-07154-9
  • 国内送料無料

紙の本

ユーザビリティテスティング ユーザ中心のものづくりに向けて

著者 黒須 正明 (編著)

ユーザビリティテストの位置づけや実施のやり方を体系的に説明、各種の製品分野での適用事例を紹介。ユーザに満足をもたらす新しい利用品質の構築手法を網羅的に説明した解説書。【「...

もっと見る

ユーザビリティテスティング ユーザ中心のものづくりに向けて

3,564(税込)

ポイント :33pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ユーザビリティテストの位置づけや実施のやり方を体系的に説明、各種の製品分野での適用事例を紹介。ユーザに満足をもたらす新しい利用品質の構築手法を網羅的に説明した解説書。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

黒須 正明

略歴
〈黒須正明〉1948年東京生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学。現在、文部科学省メディア教育開発センター教授。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

出版社コメント

2003/05/08 12:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:共立出版 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ユーザビリティとは、ユーザが自分のやりたいことをなしとげるための商品特性のことである。情報・家電メーカは使い勝手、取り扱いやすさ、快適さ、心地よさなどユーザにとって使いやすい製品の開発を目指すが、開発段階でユーザにテストをしてもらいそれを製品に反映するステップを踏んでいる。そのテストの手法や注意すべき点をいろいろな側面から詳細に記述したもので、情報・家電の製品を開発する設計者・担当部署にはなくてはならない本となるであろう。

■目次
第1部 ユーザビリティテストとは
1章 ユーザビリティの評価とは
2章 ユーザビリティテストの概要
3章 デザインとユーザビリティテスト
4章 生活者視点とユーザビリティテスト

第2部 ユーザビリティテストの実施
5章 テスト環境の整備
6章 テストの準備
7章 テストに関する留意事項
8章 テストの実施
9章 結果のまとめ方
10章 問題点抽出手法としてのNEM
11章 評価レポートの規格

第3部 ユーザビリティテストの実施事例
12章 情報機器のテスト
13章 家電分野のユーザビリティテスト
14章 公共機器のテスト
15章 ソフトウェア製品のテスト
16章 Webのユーザビリティ
17章 取扱説明書(マニュアル)のテスト
18章 大規模システムのテスト
19章 ユニバーサルデザインを狙いとしたテスト
20章 インターナショナルプロダクトのテスト

第4部 ユーザビリティテストの今後の展開
21章 製品戦略におけるユーザビリティ
22章 ユーザビリティテストと人材育成
23章 ユーザビリティテスト実施上の倫理的課題
24章 ユーザビリティテストの発展的利用

ユーザビリティテストを依頼できる組織一覧
用語解説

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

工業基礎学 ランキング

工業基礎学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む