サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

反ナショナリズム 帝国の妄想と国家の暴力に抗して
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.5
  • 出版社: 教育史料出版会
  • サイズ:21cm/286p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87652-430-0

紙の本

反ナショナリズム 帝国の妄想と国家の暴力に抗して

著者 姜 尚中 (著)

「アメリカ帝国」の世界的膨張が刺激するナショナリズムへの欲望とは? そして、「帝国」に対するアンチ・テーゼとして浮上しているもうひとつのオルタナティブとは? 気鋭の政治学...

もっと見る

反ナショナリズム 帝国の妄想と国家の暴力に抗して

2,052(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「アメリカ帝国」の世界的膨張が刺激するナショナリズムへの欲望とは? そして、「帝国」に対するアンチ・テーゼとして浮上しているもうひとつのオルタナティブとは? 気鋭の政治学者による珠玉の評論集。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

姜 尚中

略歴
〈姜尚中〉1950年生まれ。東京大学教授。著書に「オリエンタリズムの彼方へ」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ようやく出ましたね

2003/05/10 01:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はんぺら - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近、よく本を出している姜先生。
しかし、共著や編著は多いものの、意外に単著は少なかった。
そんな状況のなかで、爆弾のように降ってきたのがこの本だった。

新聞や雑誌は、読み捨てられてしまうし、書籍にしても、出会わなければ読めない文章が多い。
姜先生は売れっ子らしく、さまざまな媒体に出演し、ものを書いている。が、露出する媒体があまりにも多く、それらを網羅してチェックすることは困難だった。

この本は、いまでは読めないような記事や評論から、最新の書籍からの転載まで、姜先生のエッセンスがばっちりつまっている本だ。
ナショナリズムというテーマにしぼって、評論が選ばれているのもよい。
なににも増して、姜先生の反ナショナリズムへの強い意志が感じられる装丁がすばらしい。

難解な文章が多いのがポイントだが、それは辞書を引きながらよめばなんとかなる。
病んだ社会に生きる私たちに、その病んだ原因を教えてくれるような本。
それが本書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/07/26 22:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/06 07:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ナショナリズム ランキング

ナショナリズムのランキングをご紹介します一覧を見る