サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

クリスマス ポイントUPキャンペーン(~12/25)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「ヘミングウェイを読む英語力をつけたいならこの本!」ポイント5倍キャンペーン(~1/18)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 経済の通販
  5. 日本評論社の通販
  6. 経済論戦 いまここにある危機の虚像と実像の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

経済論戦 いまここにある危機の虚像と実像
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.5
  • 出版社: 日本評論社
  • サイズ:20cm/329p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-535-55349-1

紙の本

経済論戦 いまここにある危機の虚像と実像

著者 野口 旭 (著)

「エセ経済学」を完膚無きまでに叩きのめし、「経済ハルマゲドン本」を一刀両断する。「経済学を知らないエコノミストたち」を相手にした闘いの記録。1999年から2003年初頭ま...

もっと見る

経済論戦 いまここにある危機の虚像と実像

税込 2,090 19pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「エセ経済学」を完膚無きまでに叩きのめし、「経済ハルマゲドン本」を一刀両断する。「経済学を知らないエコノミストたち」を相手にした闘いの記録。1999年から2003年初頭までに寄稿した論考をまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

野口 旭

略歴
〈野口旭〉1958年生まれ。東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。現在、専修大学経済学部教授。著書に「経済対立は誰が起こすのか」「経済学を知らないエコノミストたち」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

野口旭評論集

2003/11/25 09:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:子母原心 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 正直に言って本書は前著『経済学を知らないエコノミストたち』と同じ路線だろうと思い、読んでいなかった。だか、それは間違いだった。前著は元々経済セミナー連載「クリティーク経済論壇」がベースであり、その一回目で野口は経済メディアを「極めて批判的に」取り上げていくと宣言していた。そして、本書は「まえがき」で「筆者がこの四年ほどの間に行ってきた、ドンキホーテ的な闘争の記録である」と述べているとおり、ますます戦闘的な色彩を帯びたものとなっている。

 彼の仕事は、現在では専ら経済ジャーナリズムでの発言という、啓蒙的な色彩を帯びたものとなっている。メディアで発言を始め出した頃は国際貿易での誤解を問いただすものだった。その辺の仕事が第3部「グローバリズムの神話と現実」でのエッセイにある。国際経済学は、野口が専門にしている領域だ。野口は、専ら日米間での経済摩擦に関する通俗的な誤解を解きほぐす活動をしていた。この辺は明らかに、ポール・クルーグマンの『良い経済学 悪い経済学』『経済政策を売り歩く人々』に影響を受けているだろう。

 アメリカ経済が好調さを増すにつれてメディアなどで日米での貿易摩擦に関する論調は退潮していったが、野口の関心も次第に日本国内での金融政策を中心としたマクロの経済政策論に向かっていったのだろう。その過程のなかで出会ったのが、猪瀬直樹が発刊したメールマガジン『日本国の研究』だ。第二部はそのメールマガジンに寄せた論考が収録されている。評者がその論考の中でも「最高傑作」と思うのは木村剛『キャピタル・フライトー円が日本を見棄てる』を酷評した「ハルマゲドン経済論の決定版ー」だ。木村の主張である「日本の現状の財政赤字と過剰流動性から、何かのきっかけで資本の海外逃避、円の下落、金利の高等、激しいインフレがおきる」という主張を、容赦なく一蹴している。

 野口の発言の基本姿勢は「経済学の考えに則る」というものである。この野口のスタンスを伺える論考が「円高阻止に不胎化介入は有効か」(未発表との事)である。これは「円高は日銀による金融緩和で阻止すべきだ」という浜田宏一エール大教授の主張と小宮隆太郎、日銀エコノミストの翁邦雄・白塚重典の批判という論争への「判定」である。ここで野口は両者の主張を吟味するために、国際経済学の教科書(石井安憲ほか著『入門・国際経済学』、クルーグマン・オズフェルド『国際経済』)を引用し、ロジカルに主張を吟味し、明快な評価を下していく。軍配は浜田に挙げている。

 ほかにも、竹中平蔵が経済財政政策担当大臣に就任した時期に発表した論考(第三章)は、戦後の経済学者の政策関与の歴史を振り返りつつ、当時の(今でもだが)「マスメディアでのすさまじいまでの毀誉褒貶」とは一線を画した「学者大臣」誕生の意味と、竹中自身の政策観に対する論考である。

 野口の現在の仕事に対する信条が現れているのが「経済政策をめぐる『専門知』と『世間知』」(P177−190)、第11章「アカデミズムから見た経済ジャーナリズムの問題」(P191−P220)である。経済論壇においては「根拠のない、思い込み的な、感情に任せただけの経済議論が、いかに多い」ことか。そして「経済学は決して無用の長物ではなく、われわれの社会にとって実際に役立つ」ことを人々に示す仕事が「経済学者たちによって最も軽視されている仕事だ」と断言する。野口はそうした状況を受けて、自らその仕事に特化することを選択していったのであろう。現在の野口は専らインフレ目標論などのリフレ派として名が知られている。昨今の不況が続く限り、彼も「インタゲを! リフレを!」とずっと同じ事を言い続けざるを得ない。こうした野口のドンキホーテ的な言論闘争に、光明が差し掛かる日は来るのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

出版社コメント

2003/05/14 12:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本評論社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

これが正論!!
「エセ経済学」を完膚なきまでに叩きのめし、返す刀で「経済ハルマゲドン本」を一刀両断に!
「世間知」にとらわれた「経済学を知らないエコノミストたち」を相手にした獅子奮迅の戦いの記録!

■目次
第1部 日本の経済政策〜金融政策、為替政策そして構造改革
日本経済の危機/デフレ不況を読み解く/ほか

第2部 政策批判とメディア批判
論戦・小泉政権下の経済政策/アカデミズムから見た経済ジャーナリズムの問題点/ほか

第3部 グローバリズムの神話と現実
虚妄のアメリカ陰謀節/幻想の<マネー敗戦>/ほか

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/06/21 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/12 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本経済 ランキング

日本経済のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。