サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
コミック

紙の本

ななか6/17 12 (チャンピオンコミックス)

著者 八神 健

ななか6/17 12 (チャンピオンコミックス)

税込 429 3pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「少しちがうこと」

2003/07/14 05:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヨネ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 にがい終わり方です.ここには,べたな成長物語のようでいて「成長」なんて考えの平板さからズレるところがあります.「自分探し」でもありません.そういうのとは少しちがうこと.七華がいう

  「みんながのぞんでいるのはあの子であって私ではないわ 」

ってセリフが,その一端です.

 ご存知でない方に紹介すると,これはいわゆる多重人格(の通念)を仕掛けにつかった物語です.主人公の霧里七華があるとき6歳の人格とのスイッチがおこって,さてそれから…,という話.

「あの子」=「ななか(6歳)」の人格は,素直でみんなに好かれていて,「七華(17歳)」の人格とはまるで正反対だけれど,「七華」当人にしてみれば,「ななか」はかつてそうだった自分なのだし,またいま現在はじぶんと入れ替わっていて,みんなにとっての霧里七華は「ななか」だったりする.だから,「七華」にしてみれば,「ななか」は,かつてそうであったし・そうでありうるはずの人格という近しさをもっている.

 だけど,「七華」は,じぶんが絶対的に「ななか」じゃないってことを知ってる.そして,好きな稔二が気にしているのは「ななか」で,自分は稔二に選ばれない.クラスのみんなに受け入れられているのも「ななか」.その「ななか」が消えてしまうとき,だからみんなが求めている「ななか」を演じてもみるけれど,それもちがうってことになる.

 ここで七華がおかれている立場を前もって示していたのが,七華の義理の母親の立場です.七華の父親=自分の夫や七華が,いまでも前の妻・前の母親を忘れられずにいること,「母親」や「妻」としては同じだけど自分はその代わりになれないってことを,彼女は知っています.

  「私はそれを承知で霧里五十鈴になったのよ」

そのうえで,七華に「お母さん」と呼んでもらえるかどうかわかんないけれど,でも,みとめられるかどうかっていう立場にたつこと.「私はできればあなたたちの中にいるお母さんとも仲良くしていきたいの 」──これって,さいごに七華のおもむく立場と同じです.「ななか」が消えてゆくのがはっきりしたとき,稔二は

  「あいつ 〔=ななか〕はおまえに…おまえの中に帰るんだ 」

と言うけれど,そんなのはぜんぜんちがうって七華はわかってる.だから,そのすぐあとのコマで泣くんですよね.

 『ななか6/17』は,ハートフルな和みものっぽいかんじではじまったけれど,「ななか」という萌えキャラ(!)の解決のされ方がすごくビターです.この「少しちがうこと」に,このシリーズのよさがあります.


garden B

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/06/20 23:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。