サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

バルバラ異界 1(flowers コミックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 29件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2003/06/26
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: flowers コミックス
  • サイズ:18cm/189p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-167041-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

バルバラ異界 1 (flowers comics)

著者 萩尾 望都 (著)

【日本SF大賞(第27回)】【「TRC MARC」の商品解説】

バルバラ異界 1 (flowers comics)

545(税込)

バルバラ異界 1

432 (税込)

バルバラ異界 1

ポイント :4pt / 紙の本より113おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「バルバラ異界 1」が含まれるセット商品

バルバラ異界(flowersコミックス) 4巻セット(flowersフラワーコミックス)

バルバラ異界(flowersコミックス) 4巻セット

  • 萩尾望都
  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,18220pt
  • 発送可能日:購入できません

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー29件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (11件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

十条青羽のあのシーンは読むのが怖い。

2006/07/25 15:05

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ISH - この投稿者のレビュー一覧を見る

結婚して安らかな日常を得…日毎にその思いは強まって行く。
「死が迫りつつある祖母は、今安らかなのでしょうか。とても気になります」
…そして読んでしまったこれ。最終巻の十条青羽のあれ。二度と見たくないと思うほどに揺さぶられる。
そして思う。「それは、幸福な思いですか」。
彼女はどうか知らん。自分のことは自分に聞いてみる。
…幸福。親を思う親の思いを美しく感じていた。そして思われるその人を素晴らしく思っていた。
それは振り回される子供の心ではない。自分自身で思い決断したこと。幼い子供にだって自分一人で考えられることはある。
関わってはならぬという制限を振り切って感謝と案じる思いを伝えると…「私も孫達に対し同じことを思っていた」と…。
痛みを思う痛みが引き継がれているからでしょう。
けれど、それのどこが不幸なのか。闇。痛み。孤独。恐怖。病。
初めにそれなくして彼女はあの悲しいほどに幸せな夢を思い描けたでしょうか、と。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

想像の世界を表現できる素晴しさ

2003/06/28 15:08

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:綿雲ヒツジ - この投稿者のレビュー一覧を見る

待ちに待った萩尾 望都さんの新作です。前作は重いテーマの長編でしたが今作はファンタジーテイストではあるので比較的軽く読めるかと思いきや、謎が謎を呼ぶミステリーでもあります。
ポンポンポンっと軽快にストーリーが流れていくので一度読んだだけでは判らない。けど何度も繰り返し読みたくなる。萩尾さんの作品は何回読んでもあきる事なく、読者自身にも想像する力を与えてくれます。
そして劣ることのない作者の想像力は凄いです。なによりも凄いのは自分の像像したヴィジョンをしっかりと漫画にできる画力。登場人物の体のしなやかな動きはキャラクター達をひときわ生き生きと感じます。

ストーリーでは、少年少女達の永遠の楽園「バルバラ」は夢先案内人によってどう変化していくのかが気になります。期待を裏切らない作者ですから安心してこれからの怒涛の展開を楽しみにしてます。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ファンタジーだと思ってました

2017/02/16 14:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わらび - この投稿者のレビュー一覧を見る

さわりだけ読んで、ファンタジー世界の話かと思っていたら
SFミステリー的な話だったのでびっくり。
ファンタジックな話に、精神医学や心理学なんかが合わさって
独特な世界観と魅力が生まれています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

まさに異次元!

2017/01/31 19:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ルーシー - この投稿者のレビュー一覧を見る

萩尾望都先生は、中学生の頃ハマって憧れていた方です。
11人いる!が大好きでしたが、年齢とともに漫画からは距離を置くようになっていきました。
あれから40年。
きみまろさんじゃありませんが、随分と時がたって、再び萩尾先生の漫画に巡り合いました。
やっぱり好きです。この世界観。宇宙観。人生観。
のめり込んでしまいます。ヤバイ!
優しい。暖かい。厳しい。冷たい。緊張感。心を動かされます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/09/25 17:34

投稿元:ブクログ

「残酷~」ですこし離れてたけど、やはりこの先生はSFが似合う。着眼点が人とちがう。ストーリーもすんなり入る。ネームがやたらうまい。これ以降SF描かれていないのかしら。残念。

2003/06/26 13:21

投稿元:ブクログ

萩尾作品では、折りに触れて取り上げられている気がする「精神の感応」を、また新たな知識から、違った角度で描いた作品。
全4巻で完結してしまった時には驚いたけれども、時間がたって通して読み直してみると、全4巻で充分まとまっていたと思う。
でも、一読だけではかなり混乱する気がする。少々言葉で説明的な部分も多い気がするけれども、流石の手腕で心理深層描写がとても美しい。
日本には、多くの素晴らしいSFがあるんだぞ!!と、声を大にして言いたい時に思い出すのはまず萩尾望都。

2006/07/18 12:48

投稿元:ブクログ

親子関係を子供の側から描き続けた萩尾望都が、ついに親の視点からの親子関係を描いた作品。それぞれの親たち、そして未来への不気味な予感の中で、子を思うトキオの祈りが切ない。また、SFは常に未来への不気味な警告である、と感じさせてくれる作品でもある。

2007/08/09 20:16

投稿元:ブクログ

えーと、「残酷な神が支配する」から後、この「バルバラ異界」は、購入はしていたけれど、ずっと未読のままでした。
まあ、1番の理由は、萩尾望都は、読むのに体力と根性がいるからなのでした。
そのくせ、泥沼のように(?)一気に読ませようとするからねぇ。そして、一気に読みたいたぐいのお話だし。

ということで、夏で仕事も一段落した今の体力のある時期に、読んで置こうということで読み始めました。

えーと、凄い。

これは、あんまりにも陳腐な表現ですねぇ。

前作の「残酷な神が支配する」は、リアルな理解しやすい物語だったと思います。まあ、劇的なドラマの連続が、リアルといっていいのかどうかという問題はありますが。
エンターテイメントと人物の心の動きを両方バランス良くかいた物語でした。

それ以前の物語は、どっちかというとSF以外は、心理面にウェイトがおかれていたと思います*1。

それが、変化してきたのが、多分わたしは、「あぶない丘の家」あたりだった気がします。
この作品は、日本舞台で、エンターテイメントで、登場人物がどう見たって日本人に見えなくて、でも面白くて、いろんな意味で「凄い」作品でした。
萩尾望都のターニングポイントだったかも。
でも、ウケたかどうかはわからないので、

それから、一連のバレエシリーズがあったのかな。バレエシリーズあたりは、そのまま「残酷な神が支配する」の流れに続いている気がします。
短編なので、あれほどドラマチックではないけれど。

で、今回の「バルバラ異界」なのですが、近未来設定のSFです。そして、舞台は、日本です。
そうなんか、「あぶない丘の家」の流れを感じる。

というよりも、萩尾望都の今までの作品の総決算な感じがします。

全4巻。
どんな話になっていくんでしょう?

2007/02/18 12:44

投稿元:ブクログ

バルバラ世界の青羽がかわいい。こうなってほしいなっていう自分で作った世界にいる。それって幸せ…なはずだよね?萩尾望都ってなんでいつまでも絵がうまくて勉強家で自分の世界を統率し続けられるのか不思議。どうやるのかしらん。

2008/11/07 12:09

投稿元:ブクログ

もー様の世界は、いろんな点が存在してどんどんつながって頭のなかで紐解かれていくような、そういう感じをずっとずっと受け続ける世界です。

2007/05/25 07:20

投稿元:ブクログ

萩尾さんはきっと、私たちには入り込めないできないパラレルワールドを自在に行き来して、実際にその目で見てきている人だと思います。これを読んで、確信しました。

2007/07/08 17:29

投稿元:ブクログ

「残酷な神が支配する」全17巻、1993.4-2001.9でついていけなくなって、萩尾離れを起こして人が多数いるのではないだろうか。僕は最後まで付き合ったけど、うちのカミさんやカミさんのお友達は、テーマの気持ち悪さについていけず脱落してしまった。
「バルバラ異界」でどれぐらいの望都ファンが戻ってくるだろうか?

この本の主人公はいったい誰なのだろうか?眠り続ける十条青羽、他人の夢に入り込むことの出来る渡会時夫、渡会時夫の息子のキリヤ。物語の時代は、2052年。
瀬戸内海に浮かぶ幻の島バルバラ。右手の形をしている。この島は、キリヤがパソコンの中に作った架空の島だという。
2045年に何者かにより十条勝一、茶菜夫妻が殺害され、その娘青羽9歳は地下のピアノ室で意識不明の状態で見つかった。その事件以来今日まで7年間眠り続けているという。その青羽の眠りの原因を探るため、渡会時夫は、青羽の夢に入り込むことを依頼された。
脳内イメージングスキャナーという機械があって、パソコンに夢を取り込んでみることができるようになっているのだが、青羽の夢は、ノイズが多くてうまく取り込めないのだという。渡会時夫が青羽の夢に入り込むと、青羽は幻の島バルバラで、幼いまま暮らしている。パインとタカちゃんというお兄さんがいる?バルバラでは、養子をもらって育てるというのが一般的らしい。母親は、ダイヤさん。女優さんで、テレビのコマーシャルの出演とかしている。家には、ダイヤの姉さんのマーちゃんがいて子どもたちの面倒を見ている。
この世界では、普通の人は身軽で、空中に浮いてしまう。でも、青羽は浮かばない。浮かないのは死人だけというのだが・・・。
青羽の祖母の十条菜々実に話を聞くと、青羽は父と母を殺害し、心臓を取り出して食べてしまった。それで満足して眠り込んでいるのだという。
十条家は、十条製薬という会社を経営しており、若返りの薬の名前がバルバラシリーズだという。
渡会時夫は、学生結婚し、キリヤが生まれたのだが、妻の明美さんは、夢の中を覗かれるのはいやだといって、離婚してしまったという。ところが明美さんは、衰弱して死にそうになってしまう。前世治療によって判明した、前世の恋人ヨハネの励ましで、元気を取り戻す。キリヤは、「世界は僕を捨てた。世界は僕を愛していない。なのにそんな世界で僕は成長し学校に行き勉強し成人しやがて社会に出て働かねばならない」と悩んでいる。
キリヤの夢に青羽が現れ、父親に私の夢に入ってこないでといってくれ、又は、彼を殺してくれ、そしたら、あなたを捨てた世界をあなたお手に取り戻してあげる、という。

「残酷な神が支配する」を書くことによって、SFも一段とパワーアップしてしまったようだ。恐怖の予感がいっぱいちりばめられている。
(2004年6月17日・記)

2007/09/30 16:54

投稿元:ブクログ

幸せな夢に浸っている人を起こすことは、果たして援助的かどうか。起こすことは壊すことにもつながることに気付かされる。

2013/03/23 17:50

投稿元:ブクログ

「最初さらっと読んでしまったが、再読したら全然解釈が違っていた」と家族が言っていたので自分も再読。
2003年7月20日初版第1刷発行
2007年2月25日第5刷発行
6年前に買ったものだろうか。
家族が別途保管してくれていたので概ね良好な保存状態。

2014/03/01 23:41

投稿元:ブクログ

読みたいものは自分の本棚の中に眠っている…と言う、ずっと持ち続けている本にはなんらかの予兆が隠されているのかもしれない、数年後に読んだ時に心が揺さぶられるよ、と言う…萩尾望都先生は私にとっては私の様な趣味嗜好の人間は読んでなければ、と言う人でもあって、偉大すぎてその良さが解らないままに読んでいた時期が多いんだよ!SFも、萩尾作品だから一応読んでた、と言うくらいで、SFはよく解らないんだよなー、難しくて、とか思って読んでたんだよ。架空のモノはその事象の理屈が解らなければならない、と言う意識が働いて(面倒臭い)ってなるんだよ、人間ドラマの部分だけ読みたいのに、とか…即物的な頭だから(笑)読まねばならない」と言う気持ちが大きかったんだよね、当時。だから『メッシュ』とか『感謝知らずの男』とかが凄く解り易くて、その時の自分が解り易い方を面白いと感じてしまう短絡的な所があったんだよ。色んな面で、私は木原作品に鍛えられて、今まで自分は苦手だと思ってたとこの見方変わった。ファンタジーとか、もう10代の時の擦り込みで苦手だったんだよね、架空の世界のなんでもあり感がずるいと感じていたり、現実離れと現実逃避と考えたりしてたんだよなぁ。SFとファンタジーの区別さえついてなかったんだよね。
今、SF的なサスペンス要素も含まれる人間ドラマが読みたい、と思っていた矢先、自分の本棚の中にあるじゃないか、と引っ張り出して来て今更面白がって読んでいる。夢の中の世界と、その夢の中の自分を生きている眠り続ける少女、他人の夢の中に入り込める夢先案内人の男と、その男の離れ離れだった息子、その息子が現実逃避する自分の世界としてこしらえた島・バルバラ、それが夢見る少女の夢の中の世界の名前、と言う、ミステリ、サイコサスペンス、親子愛などが錯綜し、現実離れした世界も描かれているのに引きこまれる。

少女コミック ランキング

少女コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む