サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.6
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:20cm/314p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-19-861694-9

紙の本

死なないで

著者 井上 剛 (著)

指を差すだけで人を殺せる能力を持った女性が遭遇する、耐え難い現実の連続。死とは? 生とは? 親子の絆とは? 第3回日本SF新人賞受賞作家が贈る、感涙のドラマティック・ファ...

もっと見る

死なないで

税込 2,090 19pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

指を差すだけで人を殺せる能力を持った女性が遭遇する、耐え難い現実の連続。死とは? 生とは? 親子の絆とは? 第3回日本SF新人賞受賞作家が贈る、感涙のドラマティック・ファンタジー。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

井上 剛

略歴
〈井上剛〉1964年生まれ。京都大学文学部卒業。会社勤務の傍ら小説執筆を続け、「マーブル騒動記」で日本SF新人賞を受賞しデビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価2.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

「感涙のドラマ」?結論から言えば、全く期待はずれでした。

2004/12/04 12:26

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る

 右手人差し指を向けて念じるだけで相手を殺すことが出来る大学生・江藤路子。彼女は両親を殺すことをずっと切望して生きてきた。しかし母がある日急病で倒れ、意識を失ってしまう。「お母さん、病気なんかで死なないで。あなたは私が殺すんだから」。路子は長年の望みを果たすことが出来るのか…。

 第3回日本SF新人賞を受賞した著者が2003年に書き下ろし作品とのこと。
 主人公・路子が「殺意を抱くほどの憎悪」をなぜ両親に対して抱いているのか、その「そもそも」が説得力ある形で提示されていないので大きな不満が残りました。

 確かに彼女のような10代が親に代表される世間に対して怒りを感じるのは珍しくありません。学校で教えてくれた道徳や人倫の物差しが当てはまらない社会に、大きな理不尽を感じてもがき苦しみ、やがて怒りを募らせる。若者とはそういう存在です。私自身もそうでした。それは成長への過程です。

 しかしこの小説には、路子も持っているであろうその若者特有の心のもやもやが、「両親への殺意」にまで発展していく道程が説得力をもって描かれていません。私は世間や両親よりもむしろ路子という若者の心に対して距離を感じてしまいました。

 最近の現実社会では、親が子に対してこれほどまでに過酷になりうるのかと思わせるような事件が頻々と起こっています。報道で見聞きするそうした事件と比較すれば、この物語に登場する路子の親は「ずっとまし」な部類です。彼らは決して褒められた親ではないかもしれませんが、この親を万死に値するとみなす路子のほうに「度を越した狂気」を感じたのです。

 路子が何に対して異常なまでの殺意を抱き、自らの能力に悩み、これからの人生を歩んでいこうと最後に決意するに至るのか、胃の腑にすとんと落ちるような組み立てがプロットにないため、時として苦痛を伴う読書に終わってしまったのが残念です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

著者コメント

2003/05/26 22:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:井上剛 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 誰にも知られることなく簡単に人の命を奪うことができる——そんな超能力を秘めた「魔法の指」を持っていたら、あなたはそれを使いますか? 使うとしたら、どんな時、誰に対してでしょうか。
 衝動的な殺人やネット心中など、生と死の境をともすれば簡単に踏み越えてしまいがちな現代社会。その中で生きてゆく人間のひとりとして、本編の主人公・路子とともに、しばし立ち止まって生きることと死ぬことの意義に思いを馳せていただければ幸いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/13 15:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/16 18:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。