サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

虹の谷の五月 上(集英社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.5
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/462p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-747572-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

虹の谷の五月 上 (集英社文庫)

著者 船戸 与一 (著)

【直木賞(123(2000上半期))】【「TRC MARC」の商品解説】

虹の谷の五月 上 (集英社文庫)

802(税込)

虹の谷の五月 上

702(税込)

虹の谷の五月 上

ポイント :6pt / 紙の本より100おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

虹の谷の五月 上

702(税込)

虹の谷の五月 上

ポイント :6pt / 紙の本より100おトク

販売終了

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2004/11/02 13:24

投稿元:ブクログ

フィリピン セブ島のジャピーノ(フィリピン人と日本人のハーフ)の子が主人公なのよねぇ。
miti、フィリピンへ行ったこと無いけれども、すーごく描写が丁寧なので、情景が目に
浮かんだですよ。貧乏と志と世間、それと情勢のせめぎ合い。うなってしまうねぇ。

2007/06/02 02:31

投稿元:ブクログ

セブ島に住むジャピーノ、トシオの成長物語。上下巻あって結構分厚いのだけど、スルスル読めます。セブ島の田舎を舞台に、フィリピンの内政事情、ゲリラ、清貧に暮らす人々に、日本の金に目がくらむ人間などが描かれています。

2009/09/24 21:00

投稿元:ブクログ

 みんなはおいらのことをジャピーノと呼ぶ。ほんとの名前はトシオ・マナハン。父親は日本人だけどどんな人間なのかは知らない。母はエイズで死んだ。今はセブ島のガルソボンガ地区でじいちゃんとふたり、闘鶏用の軍鶏を育てながら暮らしてる。いまだに山奥に潜んでいる反政府ゲリラたちの活動はやまないし、地区の大物たちは賄賂で動いてる。新しくやってきた牧師はどうも女より男に興味があるらしい。みんな楽な暮らしをしている訳じゃない。でもそれなりに、みんななんとかうまくやって来ていた。あの日までは…。

 その日、地区のみんなから白い目で見られたまま、日本人の老画家の妻となって日本に渡ったシルビアがガルソボンガ地区に何年かぶりに戻ってきた。メルセデスとか言うぴかぴかの車に、大きな犬を乗せ、いろんな電化製品をいっしょに持って、おべんちゃらを言い回る取り巻きたちから"クイーン"と呼ばれながら。そしてそのクイーンは、おいらに虹の谷への案内を言いつける。おいらだけが行く道を知っている虹の谷、そこにはかつての反政府ゲリラたちの英雄だったホセがひっそりと隠れ住んでいる。だけどもクイーンはなんでそんなところに行きたがるって言うんだろう。ふだんならそんなこと言われたって、おいら言うことを聞いたりしない。でも大事に育てていた軍鶏が誰かの手で殺されてしまった今、おいらもじいちゃんも金が必要なんだ。仕方なしにクイーンを虹の谷に案内することにしたおいら。それがすべての始まりだった…。

血が出てこなければ宮崎作品にもなるようなストーリーでした。

2009/05/29 10:22

投稿元:ブクログ

フィリピンの田舎町が舞台の物語。
所々にフィリピン人の特徴を上手く捉えている感がありますが、全般的にフィリピンが舞台である必然性があまりないような・・。ちなみに現在フィリピン在住です。

2010/01/31 04:49

投稿元:ブクログ

トシオ・マナハン、13歳。フィリピン、セブ島のガルソボンガ地区に祖父と住む。元新人民軍のゲリラ、ホセが住み着く「虹の谷」への道は、トシオしか知らない。クイーンを虹の谷に案内したことから、トシオはゲリラたちの内紛に巻き込まれていく。
とてもよんでてリアルな感じがよかったです。
最後までよみきれるさくひんなのでぜひよんでみてください。

2011/07/16 08:39

投稿元:ブクログ

船戸与一作品にしては若い子が主人公の珍しいもの。他にも船戸作品の主人公になり得るような魅力的な登場人物が出てきます。滅びの美学だけじゃない美しさがあるのでおすすめです。綺麗なフィリピンの風景が浮かぶようでした。

2012/08/28 21:21

投稿元:ブクログ

フィリピンのセブ島に生まれた日本人とフィリピン人のハーフの少年の成長物語。単純な子供が成長する過程にも、フィリピンという国のフィルターがかかると一味違う。暗い歴史の民族闘争の影がちらつくし、貧困もそうだ。とてもよく取材がされているので、小説の世界の中でいろいろなものを知ることができる。

2013/05/06 11:14

投稿元:ブクログ

123回 2000年(平成12)上直木賞受賞作。社会派小説。セブ島で祖父と2人で暮らすフィリピン人と日本人のハーフ(通称ジャピーナ)の少年が主人公。闘鶏での賞金かせぎ、不正選挙、テロなどを経験して大人の世界へ足を踏み入れていく。フィリピンが舞台なので、日本ではありえない世界観がおもしろい。おすすめ。読み進めるうちに主人公の行動が不道理に思える場面がある。一人称長編作品の欠点かな。

2011/09/11 15:16

投稿元:ブクログ

主人公の少年がうっかり過ぎていらっとくる場面の多々あるものの、わりとぐいぐい読ませる感じ。
ずいぶん昔の時代だとは思うものの、現地ではこういったことが起きていたのだと思うと、現在のありがたみが多少わかるかも。

2016/07/12 21:37

投稿元:ブクログ

セブ島ガルソボンガ地区に祖父と暮らし闘鶏用の軍鶏を育てる13歳のジャッピーノ(日本人とフィリピン人のハーフ)=トシオ・マナハンが成長していく2年間の話
ガルソボンガ地区にある虹の谷では、雨季に丸い虹が見られるという。
虹の谷の洞窟に住み、新人民軍を追われた後もたった1人で闘い続けるゲリラ/ホセ・マンガハスとの関わりの中で暗殺、誘拐に巻き込まれてゆく。