サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 次世代のビジネスリーダーに読んでほしいバイブル(仮) ポイント5倍キャンペーン(~6/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

おれは非情勤(集英社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 186件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.5
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/267p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-747575-1
文庫

紙の本

おれは非情勤 (集英社文庫)

著者 東野 圭吾 (著)

おれは非情勤 (集英社文庫)

税込 518 4pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

2006集英社文庫図書館セット 100巻セット

  • 税込価格:54,092500pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー186件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

こどもたちのそばに健全なおとなが必要です。

2009/09/27 09:01

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

おれは非情勤 東野圭吾 集英社文庫

 読み始めてしばらく経つまで気づけなかったのですが、この作品は小学生向けに書かれた推理小説です。「学習」という雑誌に連載されていたことが、巻末付近のページを見て判明しました。わたしが小学生の頃、「学習」とか「科学」という雑誌が毎月発行されていて、学校で申し込んで受け取っていました。なつかしいです。
 いくつかの小作品を集めた内容になっています。作者は世の中を斜めに見て「非常勤」を「非情勤」としたようですが、登場する小学校の男性先生はちっとも非情ではありません。
「第一章6×3」主人公男性先生のぶっきらぼうさがいい。素材は「いじめ」です。内容は人間味あふれる自信に満ちた作品でした。謎解きは手品のようでした。
「第二章1/64」67ページにあるお金の解釈がいい。
「第三章10×5+5+1」章が増すにつれて、登場する学校の名称がいちずつ増えていきます。作者は頭のいい人です。また、算数を鍵として国語で解決する手法は、作者が理系の作家さんだからと推察しました。物語については、一人前の人間をつくりあげるためには犠牲者が必要と受け取りました。
「第四章ウラコン」ウラコンとは陰湿なゲームです。むなしい。こどものそばに健全な大人が必要です。
「第五章ムトタト」推理の種明かしにほーっと感嘆しました。テレビのクイズ番組みたいです。テーマは、誠実であることです。
「第六章カミノミズ」嘘つきが犯人です。だから嘘つきをさがせば、犯人にたどりつくのです。
次の「放火魔をさがせ」は特に感想はありません。
「幽霊からの電話」泣けてきます。同著者の名作「秘密」に通じるものを感じました。作者にはたくさんの作品がありますが、一貫するテーマは「真面目に生きる」というものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「非情」と言うけど結構ホットな非常勤講師のハードボイルドな日常

2004/01/02 23:34

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:星落秋風五丈原 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリ作家をめざす「おれ」は、小学校の非常勤講師。
下町の学校に赴任して2日目に、体育館で女性教諭の死体が発見された。
傍らには謎のダイイングメッセージが。
彼が行く先々の学校で起こる怪事件を解決する連作ミステリ。
他竜太少年が謎を解く短篇「放火魔をさがせ」「幽霊からの電話」2篇を収録。

この前何十年かぶりに、横溝正史氏の小説を読み、「随分と言い回しが
古臭いなぁ。」と思った。使われている比喩も、意味はわかるけど、ぴんとこない。
私が子供の頃には、江戸川乱歩の少年探偵団シリーズや、学習雑誌の連載ものを 読んでいた。だけど、今の子供達が読んだら、面白さはさておいても、多分表現が古臭くて、取っつきにくいのではなかろうか。
子供の時って、読むのは、まず外見から。どんなに
大人が「面白いよ」と言っても、何だか難しそうな表現のあるものは敬遠する。
その点この小説なら、トリックも含めて子供にすごくわかりやすいし、タイトルも 興味を持つよう工夫されている。
逆に、大人の目から見たら、ちゃっちいトリックかもしれないけど、
まあこれは仕方ない。二兎は追えないから。

学研の「5年の学習」「6年の学習」に連載されたそうだ。
「今どきの小学生は 東野さんの小説が読めるのか。何て羨ましい!」
と私は思うのだけれど、
連載中は「不倫とか浮気が出てくるのがけしからん。」とPTAからお叱りが
出たそうだ。でも、それはおかしい。
小学生の頃、私は松本清張や海外ミステリーにどっぷりはまってた。けれど、読んだからって 現実に幻滅したり、犯罪計画に役立てようなんて思わなかった。 何か事が起こると、映画や小説が槍玉に挙げられるけど、こういうのって、内容が問題ではない。
要は、大人がきっちりと、子供に現実と空想の切り分けや善悪の判断が
教えられているかどうかだ。
とはいえ 自分と同世代の今の親達には、
正義やら社会のルールを自分ではわかっていそうでも、
他人に教える能力は、公共の場での親達のマナーを見ていても、あんまり期待できなさそうだ。でも、そういう事なら、この本にお任せ。

「人間ってのはさ、好き嫌いがあって当然なんだ。だけどたしかなことは、人を好きになって得をすることはたくさんあるけれど、嫌いになって得することはめったにないってことさ。だったらわざわざ嫌いな人間を探す必要もない。」
愛想がよくないけど、善悪の判断はちゃんとつく「俺」の言葉です。
非情に徹していながらも、なかなかいい事を言ってますでしょ?
そうそう、物語には、ある規則性に基づいたお遊びが入っている。
そういえば、こういうのって子供の時見つけるの楽しかったなぁ。
後で友達同士で話す時、
「ねえねえ、あれって実はさ、一話目でああだったんだけど、二話目では
こうなってたでしょ。わかった?」
と一番に見つけた子は得意げに言ってたっけ。
自分の子供の頃を、いろいろと思い出した。

子供が今読んだ限りじゃあ、彼の生徒に対する姿勢や決め台詞が、何に似てるか、わからないだろう。けれど、大人になってウェスタンものの映画や名無しの探偵シリーズを見た時に、
「あっ! なるほど、これが元かぁ。」
と子供の頃を思い出してくれるといいな。 そこから世界が広がってくれれば、言う事なし。

多分大人だと、東京発名古屋行きの新幹線の中で十分読めるボリューム。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/14 01:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/21 16:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/17 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/21 13:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/01/23 11:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/13 01:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/15 00:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/15 14:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/30 15:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/26 19:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/05 22:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/02 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/15 23:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

集英社文庫 ランキング

集英社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。