サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 隠すマスコミ、騙されるマスコミ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

隠すマスコミ、騙されるマスコミ(文春新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.5
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春新書
  • サイズ:18cm/230p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-660318-3
  • 国内送料無料
新書

紙の本

隠すマスコミ、騙されるマスコミ (文春新書)

著者 小林 雅一 (著)

隠すマスコミ、騙されるマスコミ (文春新書)

756(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

瞳の中の迷宮ふたたび

2004/06/01 16:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:後藤和智 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日頃マスコミに接していると、日々マスコミによって流されている情報が真実のすべてではないことを忘れそうになる。また、マスコミの報道には、記者や組織の主観によるバイアスが入ることがある。誤報が流されることもある。さらには、映像技術の進歩によって、映像が加工・捏造されてしまうことも否定できない。しかしそれでも、我々はマスコミと付き合っていかねばならない。
 本書は、著者がアメリカに滞在している間にジャーナリズムの世界で起こったことの報告であるが、アメリカのみならず日本のマスメディア、いやマスメディアそのものに通じる弱点を見通している、刺激的な論考である。
 第1章はアメリカに実際にいるという「騙し屋」の話。彼は1968年から、大手のマスメディアに「誤報」を流し続け、マスメディアを騙してはまた別の「誤報」を流す、という。彼の所業は、マスメディアによって裏付けられた情報に対しては信じ込んでしまう、という人間心理を浮き彫りにする。第2章の「ジンジャー」という機械に関する報道は、報道としての信頼性よりも娯楽性が先行してしまった実例として紹介されている。第4章の、アメリカで起こった同時多発テロに関する報道は、メディアがいっせいにある方向に傾いた報道や、マスメディアによる「憶測」の連発がパニックを増大させたケースなどが紹介されている。
 これらの事例を、アメリカで起こった事例としてアメリカ人を嘲笑するのはたやすい。だが、これらのようなマスメディアの動向は、本当に日本では起こり得ないのだろうか。それほど日本は成熟しているのだろうか。
 そうではない、と私は思う。私が興味関心を持っている若者報道の例を挙げると、例えば「ひきこもり」に関する社会のイメージは、実務家の文章を読んでみる限りでは(例えば、斎藤環『ひきこもり文化論』紀伊國屋書店)、誤解や憶測に満ちている。「少年犯罪」や「インターネット」に関しても然りだ(もう少し突っ込んで言えば、若者報道一般に関しても然りかも知れぬ)。「外国人犯罪者」や「北朝鮮」に関わるものもまた、いたずらにイメージばかりが選考して、肝心のことが伝えられていないような気がする。
 そもそもこの社会になぜメディア論が必要なのか。それは、マスメディア環境の中で生きている我々が、自らの弱点を認識するためではないかと思われる。しかし、その役割を果たしてくれるメディア論はごく少数であり、その多くは、党派性や著者自身の主観によって肝心の部分が損なわれている。
 だが、本書は、事実を克明に追い続けることによって、メディアの本質に迫ろうとしている。それゆえ、本書は、広く社会一般に読まれるべきではないか。
 蛇足だが、本書のあとがきは、メディア関係者にはぜひとも読んでほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/07/16 00:55

投稿元:ブクログ

全体的に堅い印象は否めない…。でも国内に限らずにあめりかなどのマスコミの実態なども多くの具体的事例とともに述べられているので、中身の濃い一冊。

2006/08/11 22:41

投稿元:ブクログ

題名が一時流行った「○○する××、▽▽する□□」というパターンですが内容はいたって真面目です。メディアに現れる情報と現れない情報、そのカラクリを書いた本。

2006/11/06 22:04

投稿元:ブクログ

私は基本的に、マスコミに対して批判的なのですが、これを読み、あまりの惨状に、思わず応援したくなりました。マスコミとは言え、我々と同じ人間であることには変わりないのですね。

2007/06/30 06:11

投稿元:ブクログ

日本の記者クラブ制度がいかに日本の情報発信力、ひいては国際社会での日本の存在感を損ねているか、という指摘は重要。一方で英米メディアが以前信じられていたほど信頼のおけるものではなく(特に9.11以降)、足で稼ぐ記事(英語でもleg workって、そのまんま)が万能ではない証明もあり、どうすればいいか一概には言えず、難しいものだとも思わさせる。

2007/06/13 15:38

投稿元:ブクログ

過熱するマスコミ報道に踊らされないために
新聞・テレビで伝えられるニュースは事実そのものではない──あたりまえ
だと思っていても、その実態は想像をはるかに超えている

2009/04/18 00:23

投稿元:ブクログ

いくら日本が世界に対しとても良いことをしても評価されないのは、そもそもの原因は記者クラブがあるからかもしれない。
がっちりと大臣の後ろに記者がくっついて、他の者を寄せ付けない。
ゆえに外国人記者は排除され、日本の特派員になっても碌な情報を集めることが出来ない。
まさにマスコミは日本の癌だ。
6年経ってもその状況が変わっていないのは恐ろしいことです。

2011/04/13 22:12

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
日々、国内外の出来事を伝えるテレビや新聞のニュース、巨大な証券市場を動かす経済通信電、何百万の観客を動員するハリウッド映画―現代社会は、マスメディアが構築したイメージの城である。
マスコミの流す情報が、事実と一致しないことはわかっていても、競争社会を勝ち抜くために、また豊かな生活のためには、マスコミ情報を利用せざるをえない。
では、その信憑性をどのように確認すればよいのか。
イラク戦争報道からCGアイドルまで、豊富な事例をもとに、メディアのカラクリを明らかにする。

[ 目次 ]
第1章 マスコミ騙し屋
第2章 ジンジャー報道―エンターテイメントとしてのニュース
第3章 女優シモーヌは誰なのか?
第4章 同時多発テロ事件が試した「報道の限界」
第5章 クローン技術と呼ばないで
第6章 総括―新しい時代のジャーナリズム
最終章 国際報道の実態―外国メディアが作る日本のイメー

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2015/06/06 22:06

投稿元:ブクログ

1章から5章までは興味本位を煽るようなくだらないエピソードが続き、これで終わるのだろうと繰っていたら6章統括と最終章国際報道の実態に至ると俄然ラディカルな取材とシリアスな問題提起を伴ってやおら内容が分厚くなる。記者クラブをめぐるレポートは中立ゆえに信頼できる。タイトルから期待したメディアリテラシーについての言及はこの二つの章で十分に補われた。

2013/10/29 13:34

投稿元:ブクログ

マスコミ報道の脆弱性と限界について、考えた。
メディアへの情報提供をアートとして作る例が出てくる。良く出来た作品であれば、真に受けられ、報道される。誤報であることは、問題にされない。忘れ去られるものとして、誤っていても謝罪することはない。意図して情報操作には制裁がある。そしてニュースには、エンターテイメント性が求められる。美女やキャラクター(人形)がもてはやされる。ニュースとは都市伝説である。確認できないものほど良質である。所属する、シマ・ムラにより、扱いは変わり、正しい、正しくない、よりも娯楽であることが重要だ。さらにCGによる、俳優、映像技術。リアリティとは、生身体ではなく、イメージを指す。
テロ、戦争報道では、報道の限界として示される。重要な情報は遮蔽され、国民は誘導される。9.11、大気汚染は経済影響が大きいので隠される。国際報道、自国の批判には、限界がある。
日本では、記者クラブが存在、外国人記者には閉鎖的である。そのため、政治的報道に、外国メディアは取材参加できない。よって、(海外での)日本報道は、週刊誌化する。夜討ち、朝駆け、情報源との人間関係は、持ちつ持たれつ。足で取材する情報には限界がある。
また、一般人でも真相に迫れる時代となった。サイバースペースに蓄えられるのは人類の歴史である。真実に迫る、淘汰され、蓄積される。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む