サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「夜を読む本、夜に読む本」 ポイント5倍キャンペーン  ~3/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

フランスの博物館と図書館
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.6
  • 出版社: 玉川大学出版部
  • サイズ:21cm/198p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-472-40288-2
  • 国内送料無料

紙の本

フランスの博物館と図書館

著者 M.ブラン=モンマイユール (ほか著),松本 栄寿 (訳),小浜 清子 (訳)

図書館・博物館に共通するもの、異質なものを問い直し、一般への公開法と利用法、研究機関・生涯学習機関としての機能や、現代における知の冒険のあり方を探る。関係者必携。【「TR...

もっと見る

フランスの博物館と図書館

税込 3,520 32pt

紙の本をカートに入れる

ほしい本に追加

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

図書館・博物館に共通するもの、異質なものを問い直し、一般への公開法と利用法、研究機関・生涯学習機関としての機能や、現代における知の冒険のあり方を探る。関係者必携。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

記憶の場から迷宮へ ジャン・ロークセロワ 著 13-17
博物館と近代社会 ジャン=ルイ・デオット 著 18-21
バベルからバベルへ ジャン・ロークセロワ 著 22-24

著者紹介

M.ブラン=モンマイユール

略歴
〈ブラン=モンマイユール〉公共情報図書館勤務。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

内容紹介

2003/06/27 17:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:玉川大学出版部 - この投稿者のレビュー一覧を見る

フランス革命後、人々に解放された博物館と図書館。その最先端をいくのが総合芸術センターとして誕生したポンピドゥー・センターである。図書館・博物館に共通するもの、異質なものを問い直し、一般への公開法と利用法、研究機関・生涯学習機関としての機能はどうあるべきかを論じ、現代における知の冒険のありかたを探る。

目 次
 序文  アンヌ=マリー・ベルトラン

I章 博物館と図書館
 1a 記憶の場から迷宮へ  ジャン・ロークセロワ
     ルネサンス期の「書斎」/モンテーニュの「文庫」
 1b 博物館と近代社会   ジャン=ルイ・デオット
     公共性/革命家とルーヴル美術館
 2a バベルからバベルへ  ジャン・ロークセロワ
     バベルの図書館/図書館の構造
 2b 博物館という迷宮   ジャン=ルイ・デオット
     空想美術館/無限の図書館
 3a ブヴァールとペキュシェ  ジャン・ロークセロワ
     古文書/ブヴァールとペキュシェ
 3b 画家と美術館  ジャン=ルイ・デオット
     幻想の図書館
II章 文化政策
 1a 図書館と博物館の共通の歴史  フィリップ・ポワリエ
     博物館と図書館の誕生/国の不介入/博物館、図書館と地方都市
 1b 博物館と図書館の対立点  エマヌエル・ヴァロン
     任務/社会的ニーズ/五つの時代
III章 学校、博物館、図書館
 1a 共通点・相違点  アニー・ピサール
     児童図書館と博物館/図書館と美術学校/博物館と図書館
 1b 三施設固有の問題  ジャン・エブラール
     学校との関係/図書館、博物館の歴史/児童と図書館、博物館/巡回図書館/修学旅行/博物館と図書館の違い/図書館、博物館の見学
IV章 公共の空間
 1a 社会博物館  エミリア・ヴァイアン
     社会博物館/万国博覧会/テーマ博物館/博物館と図書館の共存
 1b 公共へのサービスと図書館  フランソワ・ド・シングリ
     人々に奉仕する図書館/参加の魅力/読書と討論/公共討論の場としての図書館/妥協策
V章 資料(コレクション)
 1a 歴史的解説、資料、最近の動き  ドニ・パリエ
     資料は図書館の中心か?/分析/最近の変化  
 1b 博物館資料の充実  ドミニク・プーロ
     啓蒙博物館/一九世紀の博物館/二〇世紀の博物館資料—批判の時代
VI章 利用者と消費者と市民
 1a 図書館と公衆との関係  アンヌ・キュピク
     図書館と公衆との関係/共和制の図書館
 1b 入館者を二つの視点から  イヴリン・ルアル
     歴史/博物館と公衆/現在の対応
VII章 秘密主義
 1a 近代化の過程  ヴィヴィアンヌ・キャバンヌ
     場所—図書館の形とイメージ/近寄りがたいもの/隠れた意味
 1b 収集、保存、展示  アンヌ・ラファン
     第一任務—収集/第二任務—保存/第三任務—展示
VIII章 国立ジョルジュ・ポンピドゥー芸術文化センター
 1a 図書館・博物館の共存  マルティヌ・ブラン=モンマイユール
 1b ポンピドゥー・センター構想  ジェルマン・ヴィアット
 2a 公共情報図書館の設備と活動  マルティヌ・ブラン=モンマイユール
 2b パリ国立近代美術館  ジェルマン・ヴィアット
 3a 公衆の反応  マルティヌ・ブラン=モンマイユール
 3b 産業創造センターとパリ国立近代美術館  ジェルマン・ヴィアット
 4a 文化的背景  マルティヌ・ブラン=モンマイユール 
 4b 美術コレクション  ジェルマン・ヴィアット
 5a 図書館の使命  マルティヌ・ブラン=モンマイユール

 原注 訳注
 訳者あとがき
 索引

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。