サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 『大人のための「絵」本』 ~10/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.5
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/242p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-430836-4
新書

紙の本

豊かさの条件 (岩波新書 新赤版)

著者 暉峻 淑子 (著)

豊かさの条件 (岩波新書 新赤版)

税込 924 8pt

豊かさの条件

税込 858 7pt

豊かさの条件

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.9MB 無制限
Android EPUB 6.9MB 無制限
Win EPUB 6.9MB 無制限
Mac EPUB 6.9MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

いつまでも真の豊かさを持てない日本

2003/06/24 08:46

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:良泉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「物質的豊かさより精神的豊かさ」とか、「あくせすせず自分らしく生きる」とかいった言葉が流行のように言われ出したのはいつの頃からか。大量消費社会の代表的レジャーであった大規模テーマパークがつぎつぎ破綻し、休みの日にはお弁当を持って近くの公園で子どもと遊ぶという「安・近・短」型の余暇を充実させる人たちが増えてきたのはいつの頃からか。最近ではこういった流れが「スローライフ」と呼ばれ、流行言葉にさえなっている。
しかし、まだまだ今の日本は、本当の意味での豊かさを持てないでいる、と説くのが著者である。
本書に示された多くの実例、高失業率・リストラ・長時間労働・ホームレス・働き盛り世代の自殺、どれもこれも「豊かさ」とはまったく縁遠い話、しかしこれがまさしく今の日本の現状なのだ。
そして中でも、特に嘆かわしいのは子供たちの世界に見られる閉塞感。いじめにあって死んでいく子供たちの残す言葉は、子供たちに本当の豊かさを与えてあげることのできない日本社会への厳しい挑戦状である。
今の日本社会はあいもかわらず効率と競争の原理を子供社会に押し付けようとする。手っ取り早く経済競争に勝ちぬく子の育成・できる子とできない子の選別・できないとみなされた子の切り捨て・強制的な愛国心の押し付け。子供たちの諦めと無気力、いじめの問題さえ、すべてが大人社会の押し付けに対する無言のアピールであることに気づくのはいつのことか。ほんの一つの例として、著者の経験したドイツの学校生活との比較が示されているが、それだけで日本の教育現場の荒廃はあきらかである。
この廃れきった日本社会を救う鍵はどこに隠されているのか。
著者がこの本で示すキーワードは「助け合い」である。支え合い・自助と互助の一体化こそが日本を救う。そして示される多くの実例。この本を読めば、草の根のところで多くの人たちが、小さな行動ではあるけれど、支え合い社会を実践していることがわかる。まだまだ捨てたもんじゃない、といった気にさせられる。特にNGOに参加しボランティアを実践する若者たちの行動を見ていると、勇気づけられるものが大きい。
教育基本法改正を唱え、より一層の一方的押し付け・管理教育を推し進めようとする一部の政治家に是非読んでもらいたい本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人が大切にされていない

2004/03/08 05:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:未来自由 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いま日々の暮らしの中にきこえてくるのは、音をたてて崩れいく日本社会の、地底から噴出してくる不気味な地鳴りの音である。

 「はじめに」の冒頭の言葉である。不気味な振動の中に巻き込まれていきそうな恐れを感じている、という。
 『豊かさとは何か』を執筆して14年、政治、経済、社会の病理は、ほとんど改善されないまま、強化するやり方で解決されようとしている、と「あとがき」で述べられている。

 この「はじめに」と「あとがき」だけでも、著者の現在の社会に対する危機感と怒りがあらわれている。『豊かさとは何か』の読者にはこれだけで著者の想いが伝わるのではないだろうか。

 著者は「労働とは何か」をあらためて問う。労働と社会、人間のあり方を今ほど皆が考えなければならない。私もそう考える。
 「社会が人間の労働によって成り立っていることは誰でも知っていることだ。どんな社会でも、私達が必要とするものは労働によって作られる」
 「私達は労働を通して収入を得るだけではない。自分の能力を発揮することで自己の存在感をたしかめ、社会や人々との関係をひろげ深めることができる。人間にとって労働のあり方ほど大切なものはない」

 しかし、現実はどうか?
 労働者の立場は不安定で、無権利。こんな「不安定な労働のあり方は、社会全体を不安定にする」まったく同感である。

 低賃金、リストラ、フリーター・パートの増大、そしてさらなる賃下げ。そして一方では非人間的な労働時間。
 科学・生産力の発展によって生産力が飛躍的に伸びているのに、働くものの生活は少しも楽にならない。ますます苦しくなるのが現状である。

 資本主義的生産関係のもとでは、働くものの労働も暮らしも少しも改善されない。
 「私はいつも思うのだ。なぜ日本人は連帯し、団結して権利のために闘わないのか、と」
 まったくそのとおりだ!

 本書は、こうした労働の問題から、教育の問題、社会の問題など、多岐にわたる社会の現実を示しながら、その解決策を提起する。

 一部理解できない部分もあるが、日本社会の問題点の指摘に共感する。
 著者は最後に言う。「世界の人々と共に生きようとする高い資質の知は、人間とっての真の資本である」と。
 
 人はなぜ学ぶのか。それは単に知識を得るためではない。すべての人々が幸せに生きるための知こそ、真の学問だ。私はそう考える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

豊かさ

2019/07/25 14:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

本当の意味での豊かさとは一体何なのか、経済的なことも重要だが、日本人の幸福度が低さは、考えものですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/11/16 01:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/19 17:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/16 06:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/10 12:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/21 20:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/18 11:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/25 01:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/26 18:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/13 19:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/24 15:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/07 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/19 21:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。