サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~8/31

ギフトラッピング 初めてのご利用で100ポイントプレゼントキャンペーン ~8/12

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:大学生・院生
  • 発行年月:2003.5
  • 出版社: 森北出版
  • サイズ:22cm/266p
  • 利用対象:大学生・院生
  • ISBN:4-627-09521-X
  • 国内送料無料

紙の本

地球統計学

著者 Hans Wackernagel (原著),地球統計学研究委員会 (訳編),青木 謙治 (監訳)

自然界における様々な現象の空間的、時間的な関連性をモデル化して推定を行う統計学の一分野である「地球統計学」について解説したテキスト。「統計学から地球統計学へ」「地球統計学...

もっと見る

地球統計学

税込 4,180 38pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

自然界における様々な現象の空間的、時間的な関連性をモデル化して推定を行う統計学の一分野である「地球統計学」について解説したテキスト。「統計学から地球統計学へ」「地球統計学」「多変量統計学」などで構成。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

Hans Wackernagel

略歴
〈Wackernagel〉パリ鉱山大学地球統計学センター研究者。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

目次(1)

2003/06/06 21:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:森北出版 - この投稿者のレビュー一覧を見る

1.はじめに

〔A.統計学から地球統計学へ〕
2.平均・分散・共分散
2.1 平均(重心)
2.2 分布関数
2.3 期待値
2.4 分 散
2.5 共分散
3.線形回帰と単純型クリギング
3.1 標本共分散
3.2 線形回帰
3.3 分散・共分散行列
3.4 多変量線形回帰
3.5 単純型クリギング
4.平均値のクリギング推定
4.1 算術平均とその推定分散
4.2 空間的相関を考慮した平均値の推定
4.3 不偏性の仮定
4.4 推定誤差分散
4.5 最小推定分散
4.6 クリギング方程式
4.7 無相関の場合

〔B.地球統計学〕
5.領域変数と確率場
5.1 多変量時間/空間データ
5.2 領域変数
5.3 確率変数と領域値
5.4 確率場
5.5 確率分布
5.6 強定常性
5.7 1 次および2 次モーメントの定常性
6.バリオグラム雲
6.1 離間距離に対する非類似度
6.2 標本バリオグラム
6.3 理論バリオグラムによる標本バリオグラムのモデル化
7.バリオグラムと共分散関数
7.1 領域バリオグラム
7.2 理論バリオグラム
7.3 共分散関数
7.4 正定値符号関数
7.5 条件付負定値符号関数
7.6 共分散関数へのバリオグラムの適合
8.共分散関数の例
8.1 ナゲット効果型モデル
8.2 指数型共分散関数
8.3 球型モデル
8.4 球型共分散の語源
9.異方性
9.1 幾何学的異方性
9.2 楕円の回転と拡大
9.3 3 次元空間における異方性の決定方法
9.4 帯状異方性
9.5 空間の非線形変形
10.拡大分散と四散化分散
10.1 サポート
10.2 拡大分散
10.3 四散化分散
10.4 Krige の関係式
10.5 サポートの変化による効果
10.6 応用:音響データ
10.7 標本調査方法の比較
11.ばらつきの観測とプロット
11.1 鉱量・回収量・投資・利益
11.2 選別度
11.3 鉱量の関数としての回収量
11.4 環境モニタリングにおける時系列
12.通常型クリギング
12.1 通常型クリギング問題
12.2 増分の単純型クリギング推定
12.3 ブロック型クリギング
12.4 推定平均値を用いた単純型クリギング
12.5 残差のクリギング推定
12.6 交差検証
12.7 既知の観測誤差分散を用いたクリギング
13.クリギングの重み係数
13.1 幾何学的配置
13.2 幾何学的異方性
13.3 標本の相対位置
13.4 遮断効果
13.5 多因子型共分散関数
13.6 負のクリギング重み係数
14.クリギングを用いたマッピング
14.1 空間補間のためのクリギング
14.2 近 傍
15.領域確率場の線形モデル
15.1 空間的異常
15.2 複合型バリオグラムモデル
15.3 確率場の分解
15.4 2 次定常領域確率場
15.5 固有領域確率場
15.6 主に定常な成分からなる固有領域確率場
15.7 局所定常領域確率場
16.空間成分のクリギング推定
16.1 固有成分のクリギング
16.2 2 次定常成分のクリギング
16.3 フィルタリング
16.4 応用:ヒ素データの空間成分のクリギング推定
17.クリギングの平滑性
17.1 不規則配置データを用いたクリギング
17.2 バリオグラムモデルの選択に対する感度
17.3 応用:地形データのクリギング推定

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。