サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

学校を出よう!(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2003.6
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/336p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8402-2355-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

学校を出よう! (電撃文庫)

著者 谷川 流 (著)

学校を出よう! (電撃文庫)

637(税込)

学校を出よう! Escape from The School

637 (税込)

学校を出よう! Escape from The School

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「学校を出よう!」が含まれるセット商品

学校を出よう! (電撃文庫) 全6巻完結セット(電撃文庫)

学校を出よう! (電撃文庫) 全6巻完結セット

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.5

評価内訳

2005/02/22 15:53

投稿元:ブクログ

シリーズ全ての事件の起点となる事件で、ある意味序章的な内容です。
第8回角川スニーカー大賞『大賞』を受賞した谷川流先生の電撃文庫デビュー作です。
超能力者ばかりが押し込められた学園で生活している何の超能力も持たない少年の苦労話です。先に書いた通りシリーズ全体を通して見ると、序章的な印象を受けます。締めが微妙に後味悪かったりしますので、多少注意が必要かも。また後々の巻では改善されていますが、説明的なセリフが多用されているので少々読みづらい部分がありました。

2005/07/28 23:48

投稿元:ブクログ

涼宮ハルヒと同作者。作者買いしたのですが、これがなんとも、ハルヒより気に入っている作品。でもやっぱり学園もの。
簡単に言うと、超能力者を隔離している学園内で起こるイロイロ?いえ、一応外出しますけど。主人公やる気無し。いいですねぃ、こういう人。

2006/05/27 12:20

投稿元:ブクログ

きっかけは絵とタイトル。そう僕はこの作者がハルヒの作者と知らずに選んだのである。この作品自体はあまりおもしろくはないが・・・くっくっくっくっ。

2006/08/07 05:48

投稿元:ブクログ

あの涼宮ハルヒの憂鬱で知られる谷川流が、同時期に刊行した作品。
幼い頃に双子の妹の片割れを失った高崎佳由季は、その直後に妹の春奈に取り憑かれ、第三EMP学園という超能力者を持つ子供を収容するために作られた学園に入る事になる。
しかし、奇人変人ばかり相手にする毎日に嫌気の射した佳由季はこの学校を出ようと考えているのだが・・・。
正直なところ、1巻というところで顔見せのような感じになっているのでしょうが、
キャラの面々が濃い上に、なかなか個性がうまくたっていない状態なので、最初としてはなかなかとっつきにくい作品となっているように思えます。
故に星3つ。
しかし、この作品を語る上での基本情報が含まれているので、読んでおいてよろしいかと思います。
双子姉妹も可愛いし。

2006/08/31 02:42

投稿元:ブクログ

谷川さんは超能力好きだよね、、、ってことで、エスパーがいっぱい出てくる、ミステリーで、少し悲しい1巻目。

2008/09/21 22:43

投稿元:ブクログ

三巻まで読んでから改めて一巻に戻ると異常なぐらい急激に面白いと実感する不思議なライトノベルでした。初めて一巻を読んだ当初(当時は一巻のみ発売)はしぶしぶ読んでいた記憶があります。この激変は読破した人にはわかる感覚かもしれませんね。少なくとも、私自身は続刊というよりシリーズとして見て妹もそうですが、何より主人公の性格が熱血すぎず淡白で好きです。二巻で登場はないもの、三巻でまた参戦してくれるのがオイシイ好印象でした。主人公は変わりますが作品軸としては妖撃部がメインのようで共通の子がちらり登場すると嬉しいものです。

2009/11/22 22:04

投稿元:ブクログ

個人的にはハルヒよりも好きな作品。
でも、キョンの語りが嫌いという訳でもないので、ハルヒよりも好きなキャラクターが多い作品、という感じですね。
新刊出ないかな……。

2010/05/14 23:29

投稿元:ブクログ

『涼宮ハルヒ』シリーズが面白かったので1,2巻と続けて読んでみたのだが、イマイチだった。

舞台設定の奇抜さとキャラクターの愛らしさがなぁ……

2009/05/28 08:40

投稿元:ブクログ

『涼宮ハルヒ』シリーズの作者、谷川氏。
『涼宮シリーズと当時刊行』したそうです。

こちらのシリーズの方、『ハルヒ』の中の『古泉』主体。
モチロン、主人公はシスコン、ブラコンの兄・妹の学園モノですが。

多分『ハルヒ』のシリーズで『長門』&『古泉』に興味を持った方ならスンナリいけるんじゃないでしょうか?
想念体だの出てきますから。

2008/07/07 01:52

投稿元:ブクログ

もともとは2巻を読むために「とりあえず1巻だろjk…」と買ったものの放置していた本。買ってから1→2の続き物でないことを知ったのも、放置の一因である(設定等は引き継いでいるらしいと、さっき知った)。
実は、三色ボールペンで『空の境界<上・文庫版>』を読んでいる途中で、しかも「殺人考察(前)」と「痛覚残留」の休憩に読んでしまった。空の境界そのものは、分厚い上下巻で読了済みで、勢いで買ってしまった文庫版を三色で読むことにしたのだが、まだ途中。

【 端的な感想 】
・優弥≒小泉
・後半の盛り上がりがイマイチ。。。

いわゆるライトノベルを三色で読むことにそもそも無理があったのかもしれないが、「赤がほとんど無い」というか、むしろ「緑だらけ」。筆者・谷川流の独特の言い回しを漏れずにチェックするには良かったかもしれない。
例えば、友人の一人を形容する表現一つを取っても、

・邪悪な仏像のような〜
・マッドサイエンティストふうの黒魔術師
・白衣の魔術結社首領みたいな迷惑な奴
・僕の精神を汚染する悪影響の元
・せいぜい虫歯痛をこらえるような顔

…と、多彩な言い回しの数々は、読んでいて飽きない。しかし、設定に凝り過ぎてストーリーが重いというか、ちょっと後半は疲れた。
多くのレビュアーが「2巻から面白くなる」と評しているのを信じ、最後まで読んでみようとは思う。

2008/09/10 17:14

投稿元:ブクログ

6巻まで出てます。これは1巻です。
これも、読めば読む程深くなって、すごい楽しいです。
大好きなのですが、続巻が全然出ません・・・。
他のシリーズの方が売れてるからかな。

2009/11/11 12:25

投稿元:ブクログ

登場人物の台詞に限らず、地の文もくどい位に長広舌で辟易させられるのは否めない。これが谷川流の作風なんだろうけど。
幽霊になった妹をウザいと感じる自分はこの手の本を読んじゃいけないのかもしれない。

2012/05/18 00:00

投稿元:ブクログ

建物は崩壊、巨大な化物は出るし、クライマックスも超能力使いまくり、なのに描写とかモノローグのせいでなんか地味。主観キャラがカギなのに徹底的に無能。メインテーマがSF的なのにあまり突っ込まない。などなど大変ラノベらしく谷川さんらしい作品。「いかにも」なラノベの中では、スパイスとしてSFを使うのがかなり上手い作家だと思う。

2009/10/26 10:40

投稿元:ブクログ

谷川先生は「ハルヒで知った」という人が多いかと思いますが、自分はこちらの作品で。
まだ小説を読み始めたばかりのころにタイトルにひかれて買いました。大体読んだことのない作家やシリーズの購入動機なんてそんなものです。あと絵とか。

2010/04/29 23:17

投稿元:ブクログ

谷川さんのハルヒを読んでこの作品を読んでみることに。
読んだのが大分前であまり憶えてないのが残念だが、ハルヒより引き込まれたのは確かに覚えている。自分は典型的なSFファンなのかな。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む