サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

社長という人生
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.6
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-406204-9
  • 国内送料無料

紙の本

社長という人生

著者 杉山 隆男 (著)

借金地獄から年商二千億円へのダイソーの奇跡。神学校から登りつめ資生堂を率いる男の「社長=奉仕者」哲学。社長の数だけドラマがある。人物ノンフィクション6編。『週刊ポスト』掲...

もっと見る

社長という人生

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

借金地獄から年商二千億円へのダイソーの奇跡。神学校から登りつめ資生堂を率いる男の「社長=奉仕者」哲学。社長の数だけドラマがある。人物ノンフィクション6編。『週刊ポスト』掲載のインタビューをもとに書き下ろす。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

杉山 隆男

略歴
〈杉山隆男〉1952年東京生まれ。一橋大学社会学部卒業。読売新聞記者を経て著作活動に入る。86年「メディアの興亡」で大宅壮一ノンフィクション賞、96年「兵士に聞け」で新潮学芸賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2006/06/19 19:56

投稿元:ブクログ

複数の社長へのインタビューをまとめた本。ダイソーの矢野社長の話が面白かった。商売で勝ち続けるのは難しい。消費サイクルの回転が昔より早くなった現在なら尚更のこと。人はどんな未来を望むのだろうか。

2010/03/25 22:52

投稿元:ブクログ

富士重工業竹中、大創産業矢野、資生堂池田、タカラ佐藤、ソニー銀行石井、ワタミフードサービス渡邉の6名をとりあげ、著者がインタビューした内容をまとめたもの。普段着の様子が読み取れて面白い。青年社長を読んだ直後だったので、渡邉のインタビューが小説とは印象が異なることが面白かった。

2010/05/22 20:26

投稿元:ブクログ

一言で言えば「6人の社長へのインタビュー記事」なのですが、非常に興味深い一冊です。一言で社長といっても、当然ながら明確な共通点がある訳ではなく六人が六人それぞれの道を歩まれています。著者はあとがきで次のように表現しています。「自分を語りながら、見いだされた自分を語り、自分を見いだした他者の存在を語っていた。(中略)運を引き寄せる力とも言うが、自力と他力が不思議な符号で噛みあうところに、運というものが生まれていくものなのか。(中略)私の眼には、六人の社長が歩んできたそれぞれの道の向こうに、人の生を照らす何か深遠なひとすじの光が映る瞬間があった。」本書は六人の社長だけではなく、六人の社長を取材した著者自信を含めた七人の人の生を描いている一冊であると感じました。

経営者・起業 ランキング

経営者・起業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む